BUYMAのアクセス数が戻って思ったこと。(第475回)

※2015/12/13の記事です。

こんにちは、エスノです。

今日は、Buyer’s Drive主宰者である
BUYMAの名人イチローさんの運営する
BUYMAコミュニティ「インサイト!」の
パネルディスカッションと懇親会に
参加するため博多に向かっています。

ということで、例によって、
このメルマガは福岡空港に向かう
飛行機の中で書いております。

機上だとネットに繋がらないので、
逆にメルマガ書くには最適なんですよね。

強制的に書くことに集中させられます^^;

ところでようやくBUYMAの
アクセスカウントが元に戻りましたね。

聞いたところによると、なんでも
先々週末のブラックフライデーの際に、
改めてCMを何度も流したために、
それによるアクセス急増の負荷を
軽減するために、アクセスカウントを
一時的に機能しないようにしたそうです。

というわけで、ここ最近と比べて、
一昨日くらいからアクセスがいきなり
倍くらいに増えていると思いますが、
それがちゃんとした数値なのでご安心ください笑

さて、これを聞いて皆さんは何を思うでしょうか。

私は、

やっぱりBUYMA事務局は
我々パーソナルショッパーのことを
何ひとつ分かっていないんだなあ

と改めて思いました。

出品したあと、ちゃんと
アクセスが来ているかどうか
というのは、商品の出品状況を
見直す優先順位を付ける際に、
とても重要なポイントです。

また、自分が出品したあと、
ちゃんとアクセスが来ているか、
つまりお客さんに見てもらえているか
というのを、参考にしたライバルと
比較することで、改善する箇所が
分かったりもするわけです。

というか、別にBUYMAに限らず、
オンラインでのビジネスであれば、
アクセスを日々気にすることは、
ごくごく当たり前のことです。

それを、1日、2日ならともかく、
約2週間そのままにしていたわけですから、
やはり販売者の心理を理解しているとは
到底言い難いと思います。

そして、ここから見えてくるのは、

事務局に何かを伝えるときは、
「相手は何も知らない」
という前提で話したほうがいい

という残念な結論です。

たとえば事務局から出品商品について、
買い付け先の情報の提示を要求されたとします

このイベントは実際に、
抜き打ちで起きるわけですが
このとき買い付け予定のショップが、
アメリカの有名なデパートや
Farfetchのような、我々にとっては
メジャーな存在だったとしても、
その名前だけ伝えるというのは
あんまりよくないということです。

簡単でいいので、まともなショップだ
というのが分かる補足を付け加えるべき
というのが、私が今回の件から感じたことです。

もちろん実際のところは、
上記のような情報くらいは流石に
分かってはいるとは思います。

ただ、もっと複雑なやり取りの場面で、
「この程度のことは理解しているだろう」
という姿勢で話をしようとすると、
びっくりするような肩透かしを
食らう可能性はあると思います。

と、ちょっと事務局にとって
いじわるな書き方をしてしまいましたが、
そもそも立場も業務内容も
我々と彼らとでは違いすぎますから、
ある意味ではこれは自然な現象です。

そういう観点で考えれば、

相手に理解を期待しすぎるのではなく、
自分から間違いなく理解してもらえるように
ちゃんと対応する

というのが大事なわけですね。

なんか当たり前のことばかり
書いてしまいましたが、ご参考まで。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

パーソナルショッパーの名前は売上に影響するのか。(第455回2015年9月22日)

こんにちは、エスノです。

今日は個別コンサルで、
大阪に来ております。

まず京都で途中下車して、
今月からスタートの方とお会いして、
そのあと大阪で今月までの方とお会いしてきました。

今月でコンサル終了のTさんは、
現時点で月利約37万円で、
すでに先月の成果に並んでいます。

しかし今月は序盤の調子がよかったため
目標を50万円に置いていて、現時点では
達成できるかギリギリのラインです。

あと1週間でどこまで出来るか、
ぜひ頑張っていただきたいところです^^

さて、最近のメルマガで、

・2月、8月は本当に売れにくいのか

・実績がないと高額商品は売れないのか

という話を取り上げました。

これらは、

自分の売上が伸びないのを正当化するための
逃げ道になりやすいもの

の代表例として挙げたのでした。

実際これらは、
一見正しいように見えます。

しかし、2月、8月に売上が伸び悩むのは、
「BUYMA全体」などの市場規模での話で、
本当にBUYMAでTOPの売上を占める
一握りの人たち以外には、基本的には
当てはまらないわけです。

また実績がなくても高額商品が売れるのは
私や、あるいは私の元コンサル生たちが、
実際に証明しています。

出品した商品に「売れる理由」があれば、
お客さんの判断材料のひとつにすぎない
「評価」というものは、仮に0でも問題ない
ということです。

こんな感じで、実は根拠がないけど、
本当っぽい法則というのには
気を付けていただきたいと思います。

なぜなら先程も言いましたが、
こういうのは割とすぐ思いつくこと、
取り組みやすいことだったりするので、
売れない自分への「逃げ道」になって
しまいやすいのです。

結局、売れないのは、

・人気商品ではない

・価格が高すぎる

・お客さんに見てもらえない

というような、非常にシンプルな
原因によることがほとんどです。

ただ、シンプルなのですが、
これらの壁はすぐに超えられるかというと、
意外と険しかったりするのが厄介です。

特に過去何度も取り上げている、

・ライバルの価格が安すぎる

・ライバルに対抗できる買い付け先を見つけられない

という「価格で太刀打ち出来ない」
という壁に阻まれてしまう方は多いです。

ただ、そこを突破しようと試行錯誤しないと
いつまでも先には進めないわけですね。

というのが長い前振りで、
今回も「本当っぽい根拠のない話」を
ひとつ取り上げてみたいと思います。

なにかというと、

パーソナルショッパーの名前が変だと
売れない、もしくは売れにくい

というものです。

いや、実際厳密にテストすれば、
多少影響があるのかもしれません。

誰だって「鬼瓦権造」みたいな名前よりは、
もっとオシャレでセンスの良さそうな名前の
パーソナルショッパーから買いたいと思うでしょう。

ただ、いくら名前がオシャレでも
出品している商品が微妙で、
価格も高かったら売れるわけがありません。

あるいは、同じ商品を出していても、
評価、実績は同じくらいという条件で、
鬼瓦権造のほうが10%以上価格が安いなら、
鬼瓦権造から売れる可能性が高いはずです。

つまり結局のところ名前というのは、
判断材料のいち要素に過ぎず、
それ以外の条件で十分補える
ということです。

たとえば、以下のような、なかなか
振り切った名前のショッパーさんも、
ちゃんと商品は売れ続けています。

http://www.buyma.com/buyer/1415371.html

http://www.buyma.com/buyer/1371475.html

それは出品商品ごとに
ちゃんと売れる理由があるからです。

勘違いしていただきたくないのですが、
「変な名前でもいい」というのが
言いたいことではありません。

なんかオシャレっぽい名前のほうが
たぶん、おそらく、多少はいい影響があります。

ただ名前がもし多少変だったとしても、
それは大勢にはほぼ影響がない、
そんなところではなく、もっと
根本的なところから目を背けないように
地道に頑張りましょうというのが
今回お伝えしたいことです。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

イタリアから帰ってきました。(第451回2015年9月12日)

こんにちは、エスノです。

昨日イタリアから帰ってきました。

火曜日のメルマガでも書きましたが、
本来乗るべき飛行機に乗り遅れてしまった結果、
当日夜発の別の航空会社の便で向かったのですが、
飛行機代は上がるわ、乗り継ぎ回数が増えるわ、
帰りの便の時間も早まるわで、泣きっ面に蜂とは
まさにこのことという感じでした^^;

結局、人生初のイタリアだったのに、
現地滞在時間はわずか40時間弱、
むしろ移動時間のほうが長かったという
もはや笑い話にしていただかないと、
なんともやるせない旅となった次第でございます笑

ただ、普通では絶対に行けない場所に
案内していただけて、これだけの弾丸でも
行った価値は十分ありました。

主催者のイチローさんに、どこまで
書いていいのかは確認していないので
詳細はとりあえず現時点では差し控えます。

個人的に感じたことは、
私がこれまでお伝えしてきた活動スタイル、
その上で実践すべき内容というのは、
理に適っているというか、我ながら、
かなり適切なものだというのを再確認できたので、
そういう意味で収穫が大きかったですね。

あとご飯が美味しかったです笑

さて本題です。

ちょっと次の画像を見てください。

celine_caution

この画像は少し前の、
CELINEのブランドページの
「最近売れたアイテム」を
キャプチャしたものです。

これを見るとすぐに気付くことがあると思います。

それは、「左側4つがすべて同じ商品」
ということです。

左から2番目だけちょっと色違いに見えますが、
それでも同じ商品が3つあります。

「最近売れたアイテム」に表示されるのは、
だいたい直近1日以内に注文が入った商品で
基本的に毎日更新されるものです。

(仮受注も含みます。)

つまりセリーヌのように
販売数が多いブランドであれば、
この4つのうちのいくつかが、数日前に売れて、
掲載されっ放しになっているわけではなく、
極めて短い期間のうちに4つ(あるいは3つ)も
受注が入ったということが分かるわけです。

これだけ見ると、
「これはものすごい人気商品なのでは?」
と思うかもしれません。

ただここで早とちりしては、
思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

実はこれらの商品ページの
「お問い合わせ」の欄をチェックすると、
なんと同じ方が在庫確認の問合せをしていたのです。

しかも、中には、在庫確認の返信がないものや、
すでに出品停止になっているものもありました。

これは要するに、

「同じお客さんが在庫確認をしないまま注文して
キャンセルというのを3回(あるいは4回)繰り返した」

という可能性がかなり高いわけです。

つまり何が言いたいかというと、
表面だけ見て人気を判断しようとすると、
こういうときにハズレを掴まされる可能性が
出てきてしまうということです。

他にも同じようなパターンで、
ハイブランドの人気順上位によく見られるのが、

「アクセス数やほしいもの登録数はすごく多いけど
実際に売れた数は極めて少ない」

というパターンです。

アクセス数は1000件以上、
ほしいもの登録数も数百件あれば、
ぱっと見はもの凄く売れていそうに見えます。

しかし、販売履歴などをちゃんと確認すると、
実際にはあまり売れていない「見せ掛けの人気商品」
というのは、特にハイブランドでよく見かけます。

特に、在庫を持とうとするときには
見せ掛けの人気に惑わされないようにしないと、
大きな損失につながりかねませんので、
ぜひ気を付けてくださいね。

P.S.

14日(月)よりBUYMAの個別コンサルを
久々に新規で募集します。

最近お問い合わせが多いのですが、
興味のある方はしばしお待ちくださいませ。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから