理想の条件にどれだけ近付けるか。 (第214回2014年6月12日)

こんにちは、エスノです。

ちょっと3日ほど、
メルマガをサボってしまいました。

個別コンサルに応募してくださった方と
事前面談したり、BUYMAの予備校の後半線の
カリキュラムを詰めたり、一応なにかしら
してはいるのですが、メルマガをサボると
何もしてない感じがしますね笑

さて、先日コンサル受講生の
Tさんが20万円以上の商品を売りました。

Tさんは、販売件数も一桁で、
バイヤーとしての実績はまだまだ
という段階です。

しかし、それでも
これだけ高額の商品が売れて、
利益も2万以上出すことが出来ました。

以前メルマガで紹介したのですが、
別のコンサル受講生Tさんも、
初受注のときに売れたアイテムというのが
同じく20万円以上する商品でした。

この2つの受注に共通していることは、

・人気ブランドだった

・ライバルがいなかった

・価格が国内より安かった

ということです。

実にシンプルなのですが、
このような「売れる要素」が
しっかり抑えられていたわけですね。

もちろんこれ自体は、
半分はマグレで売れたようなところがあり、
2個、3個と立て続けに売れる可能性は
そこまで高くはありません。

理想としては、

・人気があり、
・ライバルの少ない商品を
・出来るだけ安い価格で
・信用できるバイヤーが売る

という状況にどれだけ近付けるか
というのが重要です。

今回の件は、
そのすべてを満たしているわけではないですが
この売れるポイントさえ抑えられれば
ある程度高額の商品でもちゃんと売れる
ということは間違いないわけです。

高額商品に苦手意識がある人は多いですが、
重要なのは表面的な販売価格の高い安いではないので、
ぜひ本質を見極めることを忘れないでくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

個別コンサル再募集とクーポンの話。(第212回2014年6月7日)

こんにちは、エスノです。

先日お伝えしましたが、
本日から10日(火)24時まで、
個別コンサルの募集を再開します。

今回の募集人数は2名です。

上限に達し次第、募集期限を繰り上げますので、
興味のある方はお早めにご確認ください。

■個別コンサルティング詳細

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。
次回募集は未定ですが、枠が空き次第メルマガにてお知らせします。

私が効率よく成果を出すために
心掛けていることも書いてありますので、
参考にしていただければと思います。

さて、現在BUYMAでは、
レディースアイテム限定ではありますが、
けっこう高額のクーポンが発行されています。

30,000円以上は2,000円OFF、
50,000円以上は3,000円OFF、
100,000円以上は5,000円OFF
という設定なので、上手く使えば
受注を加速させることが出来るでしょう。

基本的には、

・バイヤーからのお知らせに上記を記載する

・バイヤーポストを使ってファンに連絡する

というのがすぐに出来るアクションですね。

ここでぜひチャレンジして欲しいのが、
「高額商品を売るきっかけ」として、
このクーポンを利用するということです。

高額商品を出品することに
腰が引けてしまっているバイヤーさんは、
私の読者さんに限らずけっこういます。

しかし、そこを避けてしまっては
自分の選択肢を狭めてしまうわけです。

当然ですが、高額商品であっても、
人気商品であればちゃんと売れます。

高いからという理由で避ける必要は
どこにもないわけです。

ただ、低価格の商品を売ることに慣れていると、
思った以上に心理的なブロックが働いて、
なかなかそこにチャレンジしていけません。

そこで、このクーポンをきっかけに
ぜひ高価格の商品にもチャレンジしてほしいと思います。

今回のクーポンの期間は15日までなので、
多少締め切りまで余裕があるのも嬉しいところです。

今から出品しても、クーポン有効期限内に
売れる可能性は十分あります。

低価格商品を売ることがダメなのではなく、
低価格商品も高額商品も同じように扱えない
ということがよくないのです。

今まで低価格商品につい偏りがちだった場合、
少し目先を変えて頑張ってみてください。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

「先入観」が利益を奪う。(第208回2014年6月1日)

こんにちは、エスノです。

本日24時で、私のBUYMA通信講座、
「BUYMAの予備校」の募集を締め切ります。

予想以上にお申込が殺到したので、
ご質問のメールをいただくペースが落ち着き次第、
また改めて募集したいと思いますが、
現時点での再募集時期は未定です。

私は、悩める多くのバイヤーにとって、
絶対に必要なものだと思ってこの講座を立ち上げました。

今の自分を変えたいと心の底から思っている方には、
必ずその力になれるものをお届けしますので、
ぜひ参加していただければと思います。

■「BUYMAの予備校」申込詳細

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。
次回もメルマガでのみ募集しますが時期は未定です。

さて私は、どうすればもっと多くの人が
BUYMAですんなり稼げるようになるかと
いつもずっと考えています。

その際に、私自身と、そしてこれまで
それなりに近い距離で教えてきた方たちが
稼げるようになった道のりを思い返すわけです。

その結果思い当たることを、
あるときはすごく具体的に、またあるときは、
もう少し抽象度の高い表現でお伝えしています。

その多くの人が伸び悩む要因となっていることに
予備校の募集ページでも書いたのですが、

「ノウハウだけでは不十分である」

ということがあります。

もしかしたら誤解されているかもしれないのですが
これは「ノウハウはなくてもいい」もしくは
「それほど重要ではない」という意味ではありません。

「ノウハウだけでは不十分である」の真意は、

「ノウハウなんて持っていて当たり前」

ということです。

問題なのは「ノウハウをどう活かすか」
ということなのですが、それの妨げになっている
とても大きな要因の一つが「思い込み」や「先入観」です。

例えば、BUYMAを始めてすぐ、
あるブランドの人気商品をリサーチしていて、
ライバルに価格で勝てる買い付けが
何時間調べてもまったく見つけられなかった
という苦い経験をしたとします。

こういう経験をすると、
人は同じような苦しみを味わいたくないので、
似たような行動をなるべく避けるようになります。

実は、私で言えばこれは
Tory Burchというブランドです。

約3年前、私はバイヤーを始めてすぐ、
Tory Burchのバッグや財布を
とにかく何も考えず50個出品しました。

しかし、待てど暮らせど、
注文はおろかお問い合わせの1件も来ませんでした。

これは私の脳裏に嫌な記憶として
じっとりと貼り付いてしまっています。

おかげで、正直なところ、
今でもTory Burchは苦手意識が強いです。

そしてこの現象の怖いところは、
このTory Burchに似たようなブランドにも
知らぬ間に嫌な気持ちが伝染してしまうところです。

具体的に言えば、Tory Burchと属性の近い、
アメリカが発祥地で、出品数が多く、
また出品者に現地のバイヤーが多いブランド、
COACHやKate Spade、あるいはマイケル・コースや
マークバイマークジェイコブスなども、
Tory Burchの余波で苦手意識があります。

自分の中でこういうブランドは
「稼ぎにくいブランドだ」という先入観を
自分自ら作り出してしまうことで、
せっかくの稼ぐチャンスを減らしてしまう。

これは本当にもったいない。

しかし、こういう先入観を自分で取り除くことは
なかなかに骨の折れる作業です。

極端なことを言えば、自分の嫌いな食べ物を
ただ食べられるようになるだけではダメで、
「美味しいと感じながら」食べられるようにする
というような感覚に近い気がします。

そのためには、自分はその食べ物のどこが嫌いかを考え、
どうしたらその悪い部分を抑えることができるか考えるでしょうし、
また、どこかに少しでも良い部分がないかと探して、
少しでもその良さをもっと引き出すにはどうすればいいか
ということも考えるでしょう。

もちろん食事であれば、
他の美味しく感じられるものを食べればいいのですが、
BUYMAにおいては、その「他に美味しく感じられるもの」
というのが、大きく利益に貢献してくれるものでない場合、
どうにかしてこの先入観を取り払わなければ、
明るい未来は絶対に開けません。

多くのバイヤーがよく陥りがちな
「他に美味しく感じられるもの」の例として、
ASOSなどの低価格で人気があり、かつ
買い付け先が決まりきっているブランドがあります。

こういうブランドは、出品さえしまくれば
よほど変な商品説明を書くでもしない限り、
販売数はそこそこいくようになりますので、
「美味しいような気が」してしまいます。

やはり「売れる」ということは
利益が小さくても嬉しいものですから、
そこから中々抜け出せなくなるのです。

読んでいてドキッとする方もいるかもしれませんが
これは本当にたくさんの方に当てはまる傾向です。

そこから抜け出すには、
さっきのように、苦手な部分を分析し、
さらに良い部分を探し出すためにじっくり観察するという
ちょっと苦しい経験を乗り越えなければいけません。

これは本当に精神的には苦しいのですが、
乗り越えられると大きなリターンが得られます。

先々月からコンサルを受けてくださっている方が
昨日まさにそれを体現してくれました。

変な先入観を持たずにリサーチを続けた結果、
私も知らない、競合の少ない人気ブランドを
探し当てたのです。

こういうのがひとつあるだけでも
利益にはかなり貢献してくれますので、
もし苦手意識やその元となる先入観に心当たりがあれば
それを解消することを意識してほしいと思います。

もちろん、私も、多くの方が
先入観を持ちがちな部分は把握していますので
そこを解決できるような内容をこれからも書いていくつもりです。

なお、全然別の切り口で行動した結果、
たまたま突破口が開けるケースがあります。

しいたけが嫌いだった私は、
あるとき食べた鍋料理に入っていたしいたけが
びっくりするくらい美味しくて、それいらい
しいたけが好物の一つになりました笑

BUYMAで言えば、、
例えばタレントの愛用品をリサーチしていて、
見つかったのがたまたま苦手なブランドで、
それが上手く売れた結果、それまでの苦手意識が
一気に払拭されるような、そういう体験ですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから