BUYMAで一番売上に繋がる作業とは?(第487回)

※2016/2/12の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日は引っ越しでした。

と言っても、同一県市区内での
極めて近距離の引っ越しだったので
住み慣れない街に移り住むストレス
みたいなのは一切ないんですが、
やっぱり居を移すのはそれなりに大変ですね。

そんなどうでもいい小話はともかく、
為替がちょっとすごいことになってます。

ドルが一時期111円台と、
2月頭からもう10円近く動いています。

そして同じくらい激しいのがポンドです。

こちらも2月頭の175円から、
現在は161円台まで下がっています。

輸入ビジネスであるBUYMAにとって
買い付け費用が下がる、円高は
基本的に歓迎すべき現象です。

とは言え、黙っているだけだと、
素早く価格を下げてお客さんを掴んだ
ライバルに水をあけられてしまいかねません。

いつも通りライバルの様子を
ちゃんとチェックして、その変化には
適切に対応していきましょう。

さて、先日は、個別コンサルの募集を、
予定より大幅に早く締め切ってしまい
申し訳ございませんでした。

前倒しはいつものことなのですが、
ここまで勢い良く申し込んでいただくのは、
初めてのことでちょっと慌ててしまいました。

実は締め切りのあとも3名の方から、
問い合わせをいただいて、ちょっと
どうしたもんかなと思いつつ、
「個別コンサル」というサービスの
弱い部分を改めて認識した次第です。

その弱い部分というのは、

「一度に受けられる人数が少なすぎること」

です。

こればかりは私のリソースの問題で、
もうどうにもなりません。

もちろん
今までも分かっていたことなんですが、
今回堰を切ったように多くの方から
応募していただいたことで、
はっきり自覚した感じです。

なので、そのへんについて
ちょっといろいろ考えた結果、
近々もう少し違う形式で、
今の個別コンサルほどではないにせよ、
なるべく近い距離、多い頻度で、
いろいろお伝えできる機会を設けようと思います。

今月中には詳細をお伝えするので、
興味ある方はちょっとお待ちくださいませ。

で、ここまでが相変わらず長い前置きです。

本題は「一番大事なことを
間違えないようにしよう」という話です。

突然ですが質問です。

BUYMAの作業の中で、
最も売上に繋がる作業は何でしょうか?








考えましたか?

まあそんな難しい話ではなくて、
「出品」することです。

どんなに人気の商品を知っていても、
どんなに有力なショップを知っていても、
出品しなければ売れません。

当たり前過ぎますね。

ただ、何も考えずに出品するだけでは
まったく意味がない、というのは、
これまで何度も書いている通りです。

売れる可能性が高い商品(=人気商品)を、
ライバルに何かしら勝てる要素を持たせつつ、
お客さんにちゃんと見てもらえるように、
出品することが大事です。

言われてみれば当たり前。

しかしながら、意外とこの当たり前を
うっかり忘れてしまうことがあります。

例えば、強力なライバルの
「買い付け先を探すこと」に躍起になって、
結果的に出品ができない、とか。

例えば、ライバルと比較して、
一応利益が取れる買い付け先は
すでに見つけているのに、
もっと安い買い付け先を探しすぎてしまう、とか。

こういうのはいずれも、
「買い付けの力を伸ばす」という意味では、
重要な作業であることは間違いありません。

そして、「買い付けの力を伸ばす」ことが
ショッパーとしての優位性を高めるのも
間違いありません。

でも、そればっかりやってしまい、
出品しないと、売上には繋がらないわけです。

極端なことを言えば、そんな
強いライバルとぶつかる商品は避けて、
もっと分かりやすい、farfetchとか、
matchesfashionとかから売れている商品を
すぐ探して見つけて出品したほうが、
売上には繋がるわけです。

こういう感じで、目的に対する「手段」が
目的そのものになってしまうという
落とし穴はBUYMAに限らず、
結構そこら中にあります。

会社で給料上げるためには、
「成長」する必要があると思って
ビジネス書をめっちゃ読んで資格取って、
頑張ってる人ってちらほらいると思うんですが、
だいたいそれで給料は上がりません。

(資格取得で保証される給与は別ですが)

なぜなら、会社での給料の上げ方というのは、
だいたい会社ごとに独自のルールがあるからです。

営業成績がいい、上司に気に入られる、
ここぞというプレゼンで結果を出せる、etc…。

その会社ごとの昇給のルールに沿って、
成果を出していかなければいけないんですが、
その成果を出すために必要なはずの
「勉強」そのものが目的化していると、
いつまでたっても給料は上がらないわけです。

そうして「なんで自分は給料上がらないんだろう」
と言いながら、「上司に気に入られる」という
「その会社での成果」を出した人を横目に、
同じような内容のビジネス書を読み続けたりします。

最後のほうは余談ですが、
「目的」と「手段」を間違えないように
気を付けていただければと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAで月利100万を達成する人に共通すること。(第485回)

※2016/2/2の記事です。

こんにちは、エスノです。

早いもので今年ももう
1ヶ月終わってしまいました…。

これを12回繰り返すと来年です。

そう考えると恐ろしいですねえ。

さて、月の変わり目ということで、
コンサル生から成果の報告をいただいています。

なんと、先日メルマガで紹介した、
元コンサル生の青木さんに続いて、
月利100万円達成者がもう一人現れました!

以前から何度かメルマガでも
紹介しているTさんという方です。

しかし月利100万円超えって、
ホントに凄いですね…。

しかもこのTさんも、青木さん同様、
ほとんどすべての作業を一人でやっています。

(会社はすでに辞めていて専業ではありますが。)

以前も書きましたが、二人とも
BUYMAのプレイヤーとしては
完全に私を超えてます笑

今日はそういった成果を
いくつかご紹介しつつ、彼らが
頭一つ抜きん出た成果を出せた
その秘訣について考察してみます。

まずは、昨年5月末から、
3ヶ月間受講された元コンサル生のEさん。

コンサル期間中に初めて月利30万を超え、
コンサル終了後の9月に
二人目のお子さんをご出産。

その出産日が、BUYMAの
クーポンの有効期限の日だったために、
出産当日も問い合わせ対応をして、
さらに出産数時間後には、もう
病室で活動を再開していたという
なかなかの逸話の持ち主です^^;

母は強いと言いますが、
その言葉をまさに体現されてます笑

そして、乳飲み子を抱えたそんな中、
12月は月利で30万円、1月は、
過去最高の45万円を達成したとのこと。

特に1月の取引件数は17件と、
かなり利益単価が高くなっていて、
効率よく成果を出せたようです。

あるいは現役コンサル生のYさんも、
昨年夏にBUYMAを始めて、先月は、
過去最高の月利40万円を突破しました。

まだまだ雑な部分も多いのですが、
毎月右肩上がりに成果を伸ばしていて、
現時点ですでに11月から申し込まれた
3ヶ月分のコンサル費用以上の利益を
生み出しています。

では、こういった事例に加えて、
先日の青木さんや先ほど挙げたTさんなど、
突出した成果を出す方にはどんな傾向があるのか?

まず分かりやすいひとつめの要素として、

「在庫販売を上手く取り入れていること」

が挙げられます。

さすがに、1件あたり数万円という
高利益の取引を、無在庫ばかりで
“継続的に狙って”生み出すのは難しいです。

商品の需要と供給をしっかり把握して、
最適な価格を探りながら、なるべく
高く売っていくことが重要です。

(ちなみに1回の取引で5万円以上
みたいな大物になってくると、今度は
逆に無在庫の割合も増えてきます。

先日も元コンサル生のRさんが、
1件で9万円の利益を出していましたが、
これは無在庫販売でした。)

そしてもうひとつの共通項として、

「それぞれ何らかの『強み』を持っていること」

というのが挙げられます。

たとえば、先ほどのEさんの場合は、
海外在住という「環境」と「得意なブランドがあること」、
「馴染みの買い付け先」という強みがあります。

Yさんの場合は、とにかく、
自分が得意なブランドに対して
どんどん深掘りしていっています。

今はもう少しだけ視野を拡げるのが
今後を見据えた課題ではあるのですが、
現在の成果を支えているのはまずそれです。

Tさんは、複数のブランドにおいて
定番商品をよく把握していて、
それらを上手に出品しています。

出品数も私のコンサル生にしては
比較的多い方です。

(それでも数百件というレベルですが)

そして、青木さんは、
自分の得意な買い付け先については、
他の追随を許さないほど精通しています。

またライバルのチェックについても
余念がありません。

マークされるライバルが可哀想なくらいです笑

ただ価格競争されるくらいならまだマシですが、
青木さんはライバルの買い付け先を徹底的に
調べ上げた上で、自分が一番高い利益を
取れるように、在庫を買い占めたりするので、
正直手に負えないと思います。

こういった「独自の強み」というのは、
今回の4名に限らず、成果が出せるときには、
必ずそこに存在しているものです。

結局BUYMAという一つの場所で
多くの人が商売をしている以上は、
何らかの要素で差別化できないと、
他より抜きん出た成果というのは
生まれようがありません。

じゃあ、どうやって「独自の強み」を
生み出して差別化していくのか。

実は結構単純で、「掛け算」がその答えです。

たとえば、Eさんは、

「海外在住×得意ブランド×馴染みのショップ」

Yさんは、

「得意なブランド×そのブランドの買い付け力」

Tさんは、

「売れ筋商品の知識・経験×出品数」

青木さんは、

「在庫販売のスキル×馴染みのショップ」

みたいな感じです。

けっこうざっくり書いているので、
ご本人たちからは
「そんな簡単にまとめるな!」
と言われそうですが笑

ただ、発想としては、
こんな感じで「強みの掛け算」で、
自分が独擅場になれる土俵が作れます。

もちろん、基本的なスキル、
たとえば、価格の設定をするにしても、
ライバルの状況をちゃんとチェックするとか
そういうのはみんなちゃんと出来ていて、
その上での話です。

それが出来ていないと、たとえば、
安い買い付け先を知っていたり、
出品作業を手伝うパートナーがいたり、
というような、「独自の強み」に
なり得る要素も、最大限効果を発揮できません。

今ではそれぞれ、
独自の強みをもって活動していますが、
最初からそうだった方は一人もいません。

すべて地道な積み重ねの中で
「あれは上手くいった」「これはダメだった」
という実践と検証の繰り返しから
各々が自ら掴み取ってきたものです。

もし今現在、物理的な制約が
それほど大きくないのに、
30万円前後で利益が伸び悩んでいる方は
今回の内容を、ちょっと意識してみると
良いのではないかと思います。

現時点で月利30万円には
届かないという方の場合は、
まずは基本的な部分を身に付けて
それをきっちり継続していくのが大事ですね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

その価格は「実際に売れた価格」なのか。(第483回)

※2016/1/30の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日日銀から追加の金融緩和策として、
マイナス金利の導入が発表されました。

それを受けて為替市場は、
各通貨ともに一気に円安に
大きく動きました。

その後少し戻していますが、
いずれにせよ先週の円高の底の時点で、
現地買い付けできたのはラッキーだった
としか言い様がありません^^;

特にユーロ/円、ポンド/円は
上にも下にも動きやすい環境が
ずっと続いていますから、
出品価格のチェックは
こまめにしたいところですね。

さて、先日のメルマガで、

「人気順が上位だからと言って、
売れる可能性が高いとは絶対に言えない」

ということをお伝えしました。

人気順で上位にいる商品は、
ぱっと見ると、アクセス数や
ほしいもの登録数が多く、
「売れる可能性」も高いように
見えてしまいます。

ただ、そこで一歩突っ込んで
販売履歴までちゃんと調べてみると、
意外と実際には売れていない
ということもけっこうあります。

特に人気のブランドだと、
その傾向がより強いので、
特に在庫を持つときなどは
注意しないといけません。

そして今回は、
前回に付随する話です。

今、人気順で上位にいる商品が、
その出品者の販売履歴にも表示されていて、
間違いなく実際に売れたことがある
と分かったとします。

そして、自分がその出品者の表示価格より
安く買い付けが出来るショップを見つけたとします。

しかし、実は、ここでもひとつ
気を付けるべきことがあります。

それは、

「人気順で上位の商品の『現在の価格』が、
『実際に売れた価格』かどうかは分からない」

ということです。

ライバルの現在の出品価格に
勝てる価格で出品できたとしても、
それが売れる金額かどうかは分かりません。

なぜなら、価格は、
出品者が常に変更することができるからです。

たとえば、元々買い付けをしていた
価格の安いショップの在庫が売り切れ、
仕方なく価格の高い別のショップから
出品し続けていたりすることがあります。

具体的に言えば、当初
5万円の買い付けで6万円で販売していて、
それが在庫切れになったために、ほかの
6万円で買い付けできるショップから、
7万円で出品し続けているような状況です。

売れる可能性はかなり下がりますが、
それでも出品を取り下げるよりはマシ
ということですね。

あるいは、私もよくやるのですが、
特に在庫を複数持っている商品などは、
その商品が売れたあと、
価格を上げてしまうことが多いです。

なぜそんなことをするかというと、
売れれば人気順が上がるので、
基本的にはアクセスは集めやすくなります。

そうなれば、お客さんに対して、
価格を一番の訴求要素にせずとも
「手元に在庫あり」ということで、
多少高く買ってもらえる可能性が高まるので、
当初より価格を上げて少し利益を上乗せしようと
目論んでいるわけです。

これが、

「人気順で上位の商品の『現在の価格』が、
『実際に売れた価格』かどうかは分からない」

という言葉の背景にある現象です。

これも特に気を付けなければいけないのは、
やはり在庫を持つときです。

要するに、人気順で上位の商品の
「現在の価格」だけ見て在庫を持つかどうかを判断する
ということは、前回の内容との合わせ技で
かなりリスクが高いと言えます。

じゃあどうすればいいかいうと、
これは結局、ライバルを日々よく観察して、
出来るだけタイムリーに「いくらで売れたか」を
把握するようにするしかありません。

商品が売れたかどうかというのは、
各ブランドの「最近売れたアイテム」に
出現するか、その商品の人気順が
一気に上るか、あるいは、販売個数が
1つ減ったかなどで分かります。

ただいずれにしても、
そもそもいくらで出品していたのか、
人気順でどのあたりに位置していたのか、
あるいは、販売個数を、そもそも
何個に設定していたのか、などが
把握できていないと比較しようがありません。

そういう数値なり状況なりを把握するには、
「日々観察する」しかないわけですね。

あるいは、実験的に、
自分で出品してみて検証する
というのも有効です。

なにせ、自分が出品していれば、
いくらで出品していて、アクセスは
どのくらいの期間でいくらくらい集まって、
ブランド内ではどんな人気順なのか、
というのが全部確実に調べられますので。

「自分は在庫を持たないから関係ない」
と思う方もいるかもしれませんが、
実際に在庫を持つかどうかにかかわらず
着眼点としては重要なポイントなので、
ぜひ意識してみて欲しいと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから