過去のシーズンのアイテムの買い付け方法(第94回2014年1月23日)

こんにちは、エスノです。

昨日の夜、
一度買い付け完了の連絡が来た品物が、
実は在庫がなかったのでキャンセルします
という連絡が来ました。

それも別々のショップから1件ずつ、
合計2件もです笑

たまに起きることではあるのですが、
一度に2件起きたのは初めてで、
さすがにちょっと笑ってしまいました^^;

まあ長くバイヤーをやっていると
いろんなことが起こりますよね。

肝心なのは、こういう経験をもとに
このあとどう行動していくかということです。

まず、すぐお客さんに連絡して
新しい買い付け先を全力で探すのは当然です。

さらに、どうしたら同じような
事故に遭いにくくなるかまで考えれば
完璧な対応といえます。

オンラインで買い付けるため、
このような「実は在庫切れ」を
100%防ぐことは出来ないのですが、
その可能性を少しでも下げるにはどうするか
ということは考える価値のあることです。

さて、最近ちょっとずつ
お問い合わせが増えています。

メルマガ発行者としては
本当に嬉しい限りです。

私が一方的に有益な発信をする
というスタイルでもいいと思うのですが、
それだけだと情報の価値を活かしきれない
のではないかと考えています。

人間が一番自身の価値を高められる、
言い換えれば「成長できる」のは、
なにかに「当事者として関わったとき」
だと思います。

このメルマガの情報も、読んで
「ふーん、なるほどなー」で終わらせるより、
その内容を受けて、自分はどう考えるか、
自分の場合ならどう行動しているかなど、
当事者として接した方が、その情報の価値は
自身にとって圧倒的に高まると思います。

私が目指しているのは、
私が発信した内容に対してメールが来て、
その返信を受けてさらに発信をしていく、
そんな感じのスタイルです。

もちろん強制はしないですし、
そもそも強制しようもないわけですが、
よかったらそういうやり取りの流れを
いっしょに作っていけたらいいなと思っています。

では、今日の本題です。

今回もいただいたメールからなのですが、
どんな内容なのかというと、

「過去のシーズンのアイテムの買い付け先の探し方」

を教えて欲しいという内容でした。

結論としては、極めてシンプルで、
以下の買い付け先くらいしか
可能性はありません。

・アウトレットを扱っているオンラインショップ

・eBayなどの個人セラー

要するに、
ほとんどのオンラインショップが、
最新シーズンのアイテムしか扱っていない
ということですね。

大きな流行の波があるファッションの世界では
普通は新しいものの方が好まれます。

古いシーズンのものを
いつまでも作り続けるブランドも、
販売し続けるショップも基本的にはないのです。

そのなかで、
たまにものすごく人気が出て、
昨年のシーズンのものだけどどうしても欲しい
と多くの人が思うアイテムも登場しますが、
そういう品は毎年作られる定番アイテムになっていきます。

そんなわけで、繰り返しですが、
過去のシーズンのアイテムを探すというのは、
だいたい絶望的な作業だと思ってもらって大丈夫です。

ですが、せっかくなので、
多少可能性のある買い付け先について
もうちょっと詳しく触れましょう。

・アウトレットを扱っているオンラインショップ

こちらは、次のショップが
そこそこ有名ではないでしょうか

http://www.theoutnet.com/

多くのバイヤーが愛用している、
NET-A-PORTERの系列のサイトで、
アウトレットアイテムのみを扱っています。

アウトレットなので、人気ブランドでも
年がら年中セール最終時期のような
かなりの安価で購入できます。

ただ、安価なため在庫の回転が早いので、
受注していざ買い付けようと思ったら
もう在庫が完売していたという可能性は、
他のショップよりも高いでしょう。

・eBayなどの個人セラー

こちらはBUYMAの規約違反の買い付け先なので、
参考程度に考えてくださいね。

私としては、
買い付けがかなり難しいジャンルなので、
そういう案件に力を割くよりは、
新しいシーズンのアイテムの人気商品を
どんどん売っていく方が効率がいいと考えています。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAで国内価格よりも高く売る。(第89回2014年1月15日)

こんにちは、エスノです。

なんだか送信時間が安定しないので、
これからはこのくらいの時間に送るように
努力していきたいと思います。

ちょっと遅い時間ですが、
寝る前の頭の体操代わりにぜひ^^

さて今日、久々に本屋の
ビジネス書コーナーに行ってみました。

漫画大好きマンな私ですが、
一応たまには真面目な本も読みます笑

ただ最近は、iPadで、電子書籍で
購入してしまうことがほとんどだったので、
本屋のビジネス書コーナーは久々だったのです。

自分で物販をやっているせいか、
起業とか副業とか、あるいは
マーケティングとかセールスとか
そういうのを自然と見てしまうのですが、
今日はちょっとした変化を感じました。

私が会社を辞めた2年半前からしばらくは、
どちらかというと「副業」的な内容の本が
書棚の割合の多くを占めていた気がします。

しかし今日見た限りだと「副業」ではなく
「起業」系の本の割合がかなり増えていました。

昨年の、株式市場への
新規公開銘柄の増加を引き合いに出すまでもなく、
こういったことからも世相の変化は見て取れますね。

まあそこそこの大きさとは言え、
近所の本屋をひとつ見ただけなので、
全部が全部そういう傾向になっているか
というと確かに怪しいです。

ただ、こういう感じで、
何かを見たときに、自分の中の
ほかの知識と結び付けて考える
というのはユニークな発想には
欠かせない姿勢だと思います。

今回で言えば、

「副業」が減って「起業」が増えている?

確かに規模は違えど株式市場もそういう流れだなあ

?????

ということですね。

もちろん、この仮説を検証し、
さらに面白いアイディアに磨き上げるには、
もうちょっとタフで複雑なプロセスを
丁寧に踏んでいく必要がありますが、
思考をどんどん繋げて止めないというのは
あらゆることにおいてとても重要なことです。

今日は私のバイヤー史上、
最高単価となるバッグが売れました。

その額なんと約33万円笑

実は、なんとこれ、
国内価格より高いのです。

そしてまだ国内でも購入可能です…。

残念ながら国内買い付けだと
利益はほぼ出ないのですが…^^;

なんでそんなバッグが売れたか
ちょっと検証してみたのですが、
たぶんそのブランドの国内の
オンラインショップの存在を知らなかった
という結論に達しました笑

「BUYMAなら国内価格より安いだろう」
という思い込みの勝利ではないでしょうか。

せっかくなのでちゃんと海外で買い付けて、
利益をより多くいただくつもりです。

ちなみに、
国内価格よりも高く売れるというケースは、
実はけっこうよくあることです。

もちろん、普通に
店舗やオンラインで買える物は
基本的には売れません。

その点で、この例は
ちょっとイレギュラーですね。

ですが、国内で完売のアイテムだったり、
あるいはオンラインがないブランドで、
店舗にまで買いに行けないという方は、
国内価格より高くても買ってしまいます。

要するに、供給が不足している状況です。

こういう状況になりやすいのではと、
最近アンテナを立ててチェックしているのが、
実はメンズのアイテムだったりします。

特に、レディースがメインで
最近メンズに力を入れ始めたブランドは、
まだまだ国内の在庫の数が多くありません。

なので、
人気商品はあっという間に完売し、
国内価格より高くてもいいから欲しい
というユーザーがけっこういるのです。

男性のユーザー構成比は、
おそらく3割くらいのものだと思いますが、
それでも人数自体が増えてきているので、
狙いとしては面白い市場になってきていると思います。

おまけに、一部のブランドを除き、
まだまだメンズに強烈な強みを持つバイヤーは
それほど多くない印象です。

レディースで成果が出ている方は、
ちょっと目先を変えてみるのもいいかもしれませんね。

ただ、まだほとんど実績がなければ
大人しくレディースから始めるのが無難だとは思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

商品リサーチと仕入れ方のまとめ(【第10回】2013年6月14日)

こんばんは、エスノです。

今日は、これまでの内容を
簡単にまとめようと思います。

まず、何を出品しようかとなった場合には、
「人気商品」を以下の方法でリサーチするのがお勧めです。

■人気商品リサーチ方法

・BUYMAの「人気指標」リサーチ
・BUYMAの「販売履歴」リサーチ

・モデル・タレントの愛用品リサーチ
・ファッション誌リサーチ

ただ、ここまでは、よっぽどパソコン音痴でない限り、
ぶっちゃけ誰でも出来ます。

単に、BUYMA内、もしくはモデルさんのブログとかを
ネットサーフィンしていればいいわけです。

肝心なのは、
それが「買い付けられるのか」ということと、
その「買い付け価格」を出来るだけ抑えるということです。

これは「買い付け先」を多く持っているか、
ということに尽きるわけです。

ざっと、その買い付け先の候補を以下に羅列します。

■買い付け先の候補

・海外のオンラインショップ
・海外の店舗

最初のうちから書いているように、基本中の基本は、
海外のオンラインショップからの買い付けです。

しかし、昨日書いたように、
日本に直接商品を送ってくれないショップもあるので、
そういうところから買い付けるには、
海外で商品の「転送」あるいは「購入代行」をしてくれる、
業者さん、もしくは個人の方を利用する必要があります。

また、ブランド品を販売しているのは
オンラインだけではなく、当然店舗(ブティック)でも売っています。

DSC00124
DSC00129

上は去年パリに遊びに行ったときに見て回った、
バレンシアガとシャネルのブティックです。

実は、ブティック店頭で販売している商品は、
オンラインで買うことは出来ません。

多くのブランドは、各ブティック販売用の在庫と、
オンライン販売用の在庫を切り離して管理しているので、
ブテッィクにあるものをオンライン経由で販売している
というわけではないのです。
(もちろん、両方の在庫をまとめて管理しているブランドやショップもありますが。)

あるいは、ブテッィクでは販売しているものの、
オンラインでは販売していないというアイテムもあります。

このような
「海外現地の人しか受け取れないもの、手に入れられないもの」
を買い付けるために、「転送」「購入代行」という手法は必須です。

これによって、仕入れられるアイテムの可能性が、
ものすごく拡がることは言うまでもないでしょう。

人気商品をBUYMA内やモデルさんの愛用品などからリサーチし、
その目的のアイテムを、ありとあらゆる買い付け先から、
出来るだけ安く買い付けられるショップを探す

言ってしまえばこれだけのことです。

ただ、BUYMAには、
競合となりうる他のバイヤーさんたちがいます。

彼らとの競争を如何に勝ち抜くか、
という点を考えることなしに、
BUYMAで満足のいく利益を出すのは難しいでしょう。

このあたりも、ちゃんとあとで詳しく触れますね^^

ちなみに、買い付け先の候補としては、
以下もありです。

・日本のオンラインショップ
・日本の店舗

ただし、一部のオンラインショップからの出品は、
BUYMAのルールでしてはいけないことになっています。

以下に転載します。

=====================================================

商品の買い付けに関する重要なお知らせ(12/3 更新)
http://buyersinfo.buyma.com/?p=9076

いつもBUYMAをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。
BUYMA事務局です。

日頃よりBUYMAをご愛顧いただいているバイヤーの皆様に
商品の買い付けに関する重要なお知らせをさせていただきます。

BUYMAでは、平成24年12月5日以降、以下に記載する商品の新規出品を禁止させていただきます。
また、現時点で下記に該当する商品を出品されておりますバイヤー様がいらっしゃる場合には、
平成24年12月10日12時までに、出品を停止して頂きますようお願いいたします。

1. BUYMAは、サービスコンセプトに沿った運用を強化しております。
日本国内のオンラインショッピングモール、オークションサイト、ネット卸売サイト、
ドロップシッピングサービスなど、国内ECサイトから買い付けた商品を出品することは、
本来のBUYMAのコンセプトに合致しないため、今後はお控えいただきますようお願いいたします。

例)楽天市場、楽天オークション、Yahooショッピング、Yahooオークション、ビッターズ、ネッシー、もしもドロップシッピング等

バイヤーの皆さまにはお手数おかけ致しますが、上記の点を何卒ご理解・ご了承頂ますようお願いいたします。

2. ㈱ケネックス(〒 005-0003 札幌市南区澄川3条2丁目5-7)の関係者、
および株式会社Mカンパニー(〒063-0031 北海道札幌市西区)の関係者と思われるバイヤーから
出品された商品の中に、弊社の鑑定サービスの結果、本物保証の対象外という結果が出た商品が見つかりました。

BUYMAでは、過去に鑑定サービスにて本物保証対象外となった商品の購入先から買い付けされた商品が確認された場合、
それまでのお取引を含む全てのお取引が無効となってしまいますため、
上記に関係する店舗もしくはインターネットサイトで買い付けされた商品につきましては、
BUYMAに出品されないようお願いいたします。

3. LUISAVIAROMA.COMより買い付けた商品(SALEカテゴリにあるMONCLERジャケット)の中に、
弊社の鑑定サービスの結果、鑑定不可という結果が出た商品がございました。
そのため、LUISAVIAROMA.COMのSALEカテゴリにあるMONCLERのジャケットにつきましては、
BUYMAに出品されないようお願いします。

4. その他、以下ブランドと同様に、ブランド公式サイトから非公認とされているサイトで
買い付けた商品につきましても、BUYMAに出品されないようお願いいたします。

※UGGが注意喚起しているサイト

http://www.uggaustralia.jp/pc/others/counterfeit.cgi

上記 1 ~ 4 に該当する商品を出品されていることを確認いたしました場合には、
該当商品の出品の取りやめ、及び出品資格の停止をさせていただく場合がございます。
また、上記に限らずお取引いただきました商品が、BUYMA鑑定サービスにおいて本物補償の対象外と判定されました
場合には、全てのお取引を無効とさせて頂く場合がございますので、
何卒ご理解の上、商品の出品には十分ご留意頂きますようお願い申し上げます。

BUYMAにおけるサイトの安心と安全の維持向上のため、バイヤーの皆様のご協力を何卒宜しくお願い致します。

BUYMA事務局
=====================================================

基本的には、国内の正規店であれば、
買い付けてもOKというわけです。

でもそれじゃあバイヤーからなんて買わないだろう
と思うかもしれませんが、意外とそんなこともありません。

たとえば、セールの時期とかだと半額になったりしますし、
アウトレットにいくと、定価の数十%引きになっていたりするので、
そこで買い付けるというのもなくはない方法です。

ただ、オンラインで買い付けるより、
かなり手間が掛かりますので、やるかどうかは
自分が使える時間にもよると思いますが。

という感じで、今日も長くなりましたが、
ここまでで、BUYMAの基礎のほとんどは書けた気がします。

補足すべきこと、不足してることは、
これからまあ追々追加していきますね^^;

ではではー。

エスノ