BUYMAで国内価格よりも高く売る。(第89回2014年1月15日)

こんにちは、エスノです。

なんだか送信時間が安定しないので、
これからはこのくらいの時間に送るように
努力していきたいと思います。

ちょっと遅い時間ですが、
寝る前の頭の体操代わりにぜひ^^

さて今日、久々に本屋の
ビジネス書コーナーに行ってみました。

漫画大好きマンな私ですが、
一応たまには真面目な本も読みます笑

ただ最近は、iPadで、電子書籍で
購入してしまうことがほとんどだったので、
本屋のビジネス書コーナーは久々だったのです。

自分で物販をやっているせいか、
起業とか副業とか、あるいは
マーケティングとかセールスとか
そういうのを自然と見てしまうのですが、
今日はちょっとした変化を感じました。

私が会社を辞めた2年半前からしばらくは、
どちらかというと「副業」的な内容の本が
書棚の割合の多くを占めていた気がします。

しかし今日見た限りだと「副業」ではなく
「起業」系の本の割合がかなり増えていました。

昨年の、株式市場への
新規公開銘柄の増加を引き合いに出すまでもなく、
こういったことからも世相の変化は見て取れますね。

まあそこそこの大きさとは言え、
近所の本屋をひとつ見ただけなので、
全部が全部そういう傾向になっているか
というと確かに怪しいです。

ただ、こういう感じで、
何かを見たときに、自分の中の
ほかの知識と結び付けて考える
というのはユニークな発想には
欠かせない姿勢だと思います。

今回で言えば、

「副業」が減って「起業」が増えている?

確かに規模は違えど株式市場もそういう流れだなあ

?????

ということですね。

もちろん、この仮説を検証し、
さらに面白いアイディアに磨き上げるには、
もうちょっとタフで複雑なプロセスを
丁寧に踏んでいく必要がありますが、
思考をどんどん繋げて止めないというのは
あらゆることにおいてとても重要なことです。

今日は私のバイヤー史上、
最高単価となるバッグが売れました。

その額なんと約33万円笑

実は、なんとこれ、
国内価格より高いのです。

そしてまだ国内でも購入可能です…。

残念ながら国内買い付けだと
利益はほぼ出ないのですが…^^;

なんでそんなバッグが売れたか
ちょっと検証してみたのですが、
たぶんそのブランドの国内の
オンラインショップの存在を知らなかった
という結論に達しました笑

「BUYMAなら国内価格より安いだろう」
という思い込みの勝利ではないでしょうか。

せっかくなのでちゃんと海外で買い付けて、
利益をより多くいただくつもりです。

ちなみに、
国内価格よりも高く売れるというケースは、
実はけっこうよくあることです。

もちろん、普通に
店舗やオンラインで買える物は
基本的には売れません。

その点で、この例は
ちょっとイレギュラーですね。

ですが、国内で完売のアイテムだったり、
あるいはオンラインがないブランドで、
店舗にまで買いに行けないという方は、
国内価格より高くても買ってしまいます。

要するに、供給が不足している状況です。

こういう状況になりやすいのではと、
最近アンテナを立ててチェックしているのが、
実はメンズのアイテムだったりします。

特に、レディースがメインで
最近メンズに力を入れ始めたブランドは、
まだまだ国内の在庫の数が多くありません。

なので、
人気商品はあっという間に完売し、
国内価格より高くてもいいから欲しい
というユーザーがけっこういるのです。

男性のユーザー構成比は、
おそらく3割くらいのものだと思いますが、
それでも人数自体が増えてきているので、
狙いとしては面白い市場になってきていると思います。

おまけに、一部のブランドを除き、
まだまだメンズに強烈な強みを持つバイヤーは
それほど多くない印象です。

レディースで成果が出ている方は、
ちょっと目先を変えてみるのもいいかもしれませんね。

ただ、まだほとんど実績がなければ
大人しくレディースから始めるのが無難だとは思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

商品リサーチと仕入れ方のまとめ(【第10回】2013年6月14日)

こんばんは、エスノです。

今日は、これまでの内容を
簡単にまとめようと思います。

まず、何を出品しようかとなった場合には、
「人気商品」を以下の方法でリサーチするのがお勧めです。

■人気商品リサーチ方法

・BUYMAの「人気指標」リサーチ
・BUYMAの「販売履歴」リサーチ

・モデル・タレントの愛用品リサーチ
・ファッション誌リサーチ

ただ、ここまでは、よっぽどパソコン音痴でない限り、
ぶっちゃけ誰でも出来ます。

単に、BUYMA内、もしくはモデルさんのブログとかを
ネットサーフィンしていればいいわけです。

肝心なのは、
それが「買い付けられるのか」ということと、
その「買い付け価格」を出来るだけ抑えるということです。

これは「買い付け先」を多く持っているか、
ということに尽きるわけです。

ざっと、その買い付け先の候補を以下に羅列します。

■買い付け先の候補

・海外のオンラインショップ
・海外の店舗

最初のうちから書いているように、基本中の基本は、
海外のオンラインショップからの買い付けです。

しかし、昨日書いたように、
日本に直接商品を送ってくれないショップもあるので、
そういうところから買い付けるには、
海外で商品の「転送」あるいは「購入代行」をしてくれる、
業者さん、もしくは個人の方を利用する必要があります。

また、ブランド品を販売しているのは
オンラインだけではなく、当然店舗(ブティック)でも売っています。

DSC00124
DSC00129

上は去年パリに遊びに行ったときに見て回った、
バレンシアガとシャネルのブティックです。

実は、ブティック店頭で販売している商品は、
オンラインで買うことは出来ません。

多くのブランドは、各ブティック販売用の在庫と、
オンライン販売用の在庫を切り離して管理しているので、
ブテッィクにあるものをオンライン経由で販売している
というわけではないのです。
(もちろん、両方の在庫をまとめて管理しているブランドやショップもありますが。)

あるいは、ブテッィクでは販売しているものの、
オンラインでは販売していないというアイテムもあります。

このような
「海外現地の人しか受け取れないもの、手に入れられないもの」
を買い付けるために、「転送」「購入代行」という手法は必須です。

これによって、仕入れられるアイテムの可能性が、
ものすごく拡がることは言うまでもないでしょう。

人気商品をBUYMA内やモデルさんの愛用品などからリサーチし、
その目的のアイテムを、ありとあらゆる買い付け先から、
出来るだけ安く買い付けられるショップを探す

言ってしまえばこれだけのことです。

ただ、BUYMAには、
競合となりうる他のバイヤーさんたちがいます。

彼らとの競争を如何に勝ち抜くか、
という点を考えることなしに、
BUYMAで満足のいく利益を出すのは難しいでしょう。

このあたりも、ちゃんとあとで詳しく触れますね^^

ちなみに、買い付け先の候補としては、
以下もありです。

・日本のオンラインショップ
・日本の店舗

ただし、一部のオンラインショップからの出品は、
BUYMAのルールでしてはいけないことになっています。

以下に転載します。

=====================================================

商品の買い付けに関する重要なお知らせ(12/3 更新)
http://buyersinfo.buyma.com/?p=9076

いつもBUYMAをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。
BUYMA事務局です。

日頃よりBUYMAをご愛顧いただいているバイヤーの皆様に
商品の買い付けに関する重要なお知らせをさせていただきます。

BUYMAでは、平成24年12月5日以降、以下に記載する商品の新規出品を禁止させていただきます。
また、現時点で下記に該当する商品を出品されておりますバイヤー様がいらっしゃる場合には、
平成24年12月10日12時までに、出品を停止して頂きますようお願いいたします。

1. BUYMAは、サービスコンセプトに沿った運用を強化しております。
日本国内のオンラインショッピングモール、オークションサイト、ネット卸売サイト、
ドロップシッピングサービスなど、国内ECサイトから買い付けた商品を出品することは、
本来のBUYMAのコンセプトに合致しないため、今後はお控えいただきますようお願いいたします。

例)楽天市場、楽天オークション、Yahooショッピング、Yahooオークション、ビッターズ、ネッシー、もしもドロップシッピング等

バイヤーの皆さまにはお手数おかけ致しますが、上記の点を何卒ご理解・ご了承頂ますようお願いいたします。

2. ㈱ケネックス(〒 005-0003 札幌市南区澄川3条2丁目5-7)の関係者、
および株式会社Mカンパニー(〒063-0031 北海道札幌市西区)の関係者と思われるバイヤーから
出品された商品の中に、弊社の鑑定サービスの結果、本物保証の対象外という結果が出た商品が見つかりました。

BUYMAでは、過去に鑑定サービスにて本物保証対象外となった商品の購入先から買い付けされた商品が確認された場合、
それまでのお取引を含む全てのお取引が無効となってしまいますため、
上記に関係する店舗もしくはインターネットサイトで買い付けされた商品につきましては、
BUYMAに出品されないようお願いいたします。

3. LUISAVIAROMA.COMより買い付けた商品(SALEカテゴリにあるMONCLERジャケット)の中に、
弊社の鑑定サービスの結果、鑑定不可という結果が出た商品がございました。
そのため、LUISAVIAROMA.COMのSALEカテゴリにあるMONCLERのジャケットにつきましては、
BUYMAに出品されないようお願いします。

4. その他、以下ブランドと同様に、ブランド公式サイトから非公認とされているサイトで
買い付けた商品につきましても、BUYMAに出品されないようお願いいたします。

※UGGが注意喚起しているサイト

http://www.uggaustralia.jp/pc/others/counterfeit.cgi

上記 1 ~ 4 に該当する商品を出品されていることを確認いたしました場合には、
該当商品の出品の取りやめ、及び出品資格の停止をさせていただく場合がございます。
また、上記に限らずお取引いただきました商品が、BUYMA鑑定サービスにおいて本物補償の対象外と判定されました
場合には、全てのお取引を無効とさせて頂く場合がございますので、
何卒ご理解の上、商品の出品には十分ご留意頂きますようお願い申し上げます。

BUYMAにおけるサイトの安心と安全の維持向上のため、バイヤーの皆様のご協力を何卒宜しくお願い致します。

BUYMA事務局
=====================================================

基本的には、国内の正規店であれば、
買い付けてもOKというわけです。

でもそれじゃあバイヤーからなんて買わないだろう
と思うかもしれませんが、意外とそんなこともありません。

たとえば、セールの時期とかだと半額になったりしますし、
アウトレットにいくと、定価の数十%引きになっていたりするので、
そこで買い付けるというのもなくはない方法です。

ただ、オンラインで買い付けるより、
かなり手間が掛かりますので、やるかどうかは
自分が使える時間にもよると思いますが。

という感じで、今日も長くなりましたが、
ここまでで、BUYMAの基礎のほとんどは書けた気がします。

補足すべきこと、不足してることは、
これからまあ追々追加していきますね^^;

ではではー。

エスノ

【第7回】 BUYMAで出品する商品の選び方・3(2013年6月10日)

こんばんは、エスノです。

昨日おとといで、出品するべき商品のリサーチ法の基本を
ざっくりお伝えしました。

ひとつは、「すでにBUYMAで人気の商品」の探し方。

これには、アクセス・ほしいもの登録のような、
「人気の指標」になる数値を参考にする方法と、
さまざまなバイヤーの「販売履歴」をチェックして、
実際に売れた商品を確認する方法の、主に2通りがあります。

もちろん、実際にやってみると、慣れないうちは、
これだけではちょっと上手くいかないということもあるかもしれません。
(勘のよい人はなんとなく上手くやってしまうのですが。)

たとえば、「人気の指標」を参考にリサーチするにしても、
BUYMAには莫大な数のアイテムが出品されているので、
どういった切り口から手をつけ始めればいいか分からない、
というところでつまづくことがあります。

もし仮に、まずなにか特定のブランドで絞って、
そのなかからアクセスとほしいもの登録の多い、
「人気商品」を探すと仮定しましょう。

そのときに、選んだブランドによっては競合のバイヤーが多すぎて、
人気はあるものの利益の出るアイテムがなかなか見つけられない、
ということはよくあります。

特にBUYMAを始めたくらいのときに手を出したくないのは、
アメリカブランドでは、コーチやケイトスペード、
あるいはアバクロやホリスターあたりです。

このへんのブランドは、すでにかなり強いバイヤーがいて、
初心者のうちに勝負しようと思ってもなかなか勝てないため、
あまりお勧めは出来ません。

また、少し突っ込んだ話になるのですが、
これらのブランドは、特に国外への転売対策が厳しいブランドで、
ちょっと仕入れるのが難しかったりします。

おって詳しく話しますが、
そのへんのこともあるので、あまりお勧めしません。

また、ヨーロッパのブランドでは、
シャネル、セリーヌ、エルメス、ヴィトンあたりも、
最初はお勧めできないブランドです。

その理由として、まず、
これらのいずれも、基本的にオンラインショップで
販売しているところがほぼないことが挙げられます。

エルメスとヴィトンは、まだ自社のオンラインで購入できますが、
シャネルとセリーヌにいたっては、ブランド側が徹底管理しているようで、
どこのデパートでもセレクトショップでも、オンラインで購入するのは、
ほとんど不可能です。

また、いずれも価格帯がかなり高いアイテムが多いので、
バイヤーを始めた頃だと信用が低く、購入してもらいにくい、
という欠点もあります。

他にも、ブランドランキングが上位の人気ブランドで、
手を出さない方がいいものは、ゴヤールとかがありますね。

これも、オンラインで仕入れにくいからなのですが、
少なくともバイヤーを始めた頃は、このあたりのブランドには
個人的には手を出さない方がいいと思っています。

ちなみに、ブランドランキング、というのは、
BUYMAの画面の右上に常に表示されているボタンを押すと、
確認することが出来ます。

brandrank3

もしくは、各ブランドページの、
↓を見ても確認することができます。

brandrank2

ブランドランキングのページには、20位までしか表示されないので、
それ以下のランキングを知りたい場合には、
この画像の赤丸の箇所を確認するというわけですね。

話を戻すと、じゃあ、
こういったブランドは避けるのは分かった、
その上で、どのへんのブランドが攻めやすいのかが
気になるところだと思います。

結論から言えば、それは特にありません。

なんじゃそりゃ、結局そういう肝心な部分は隠すのか、
と思われるかもしれませんが、そういうわけではないんです。

結局、ブランドの数というのは、BUYMAに登録されているだけで、
現時点で数千という単位です。

これだけブランド数、アイテム数があれば、
どこを当たっても、儲かる商品というのは見つかる可能性があるんです。

もちろん、これまでお伝えしたこと、
そしてこれからお伝えすることを前提に探してもらう必要はあるんですが、
今ここで「これがいいよ!」なんて伝えることは、
逆に可能性を狭めることに繋がりかねないわけです。

ただ、それだけじゃ何の取っ掛かりがなくて、
取っ付きづらいと思われてしまうのも承知してますので、
これから書いていく中で、仕入れがしやすいブランドとか、
初心者にはお勧めです、みたいなことは書いていきます。

それすら書かないほどケチじゃないですが、
その僕の一言に引き摺られすぎないように、
このことは頭に入れておいて欲しいと思います。

「人気の指標」を参考にリサーチする話が
かなり長くなってしまいましたが、
「販売履歴」を参考にリサーチする方法についても、
少しポイントを押さえておきます。

この方法でリサーチして、利益の出る商品が見つかったら、
そのバイヤーさんのことは、しばらくマークしていきましょう。

一度儲かる商品が見つかったのなら、
これからも同じように儲かる商品を販売する可能性が高いです。

こんな風に、出品の参考になるバイヤーさんをたくさん見つけていくと、
どんどん効率よく出品できるようになっていきます。

さて、もうひとつのリサーチ方法、
「モデル・タレント愛用品リサーチ」についても、
少し補足して書いておきます。

昨日も書いたとおり、このリサーチで見つかるアイテムは、
飛ぶように売れることもありえる、とても強力な方法です。

しかし、ひとつ問題なのは、
すでにそのことは他のバイヤーもよく知っているので、
競争が激しくなりやすいということです。

そのための対策は、主に3つあります。

・すばやく出品する
・バイヤーにはあまり知られていない人気モデル・タレントを探す
・自分しか仕入れられない仕入先を持っておく

「すばやく出品する」というのは、そのままで、
ブログなどで紹介されたら誰よりも早く出品するということです。

誰よりも早く出品すれば、誰よりも速く売れて、
その結果、同じ商品を出品している他のバイヤーの誰よりも、
商品の「人気」が高まる可能性が上がります。

そうすれば、お客さんの目にも留まりやすくなり、
また売れて、さらに人気も上がって、という好循環が生まれます。

実は、BUYMAの中で、「梨花 愛用」などと検索を掛ければ、
それほど労せず、モデル・タレント愛用品は見つかります。

ただ、基本的にはその時点で
「時すでに遅し」だと思った方がよいです。

他のバイヤーはとっくに販売していて、
仕入先から在庫がなくなっているというのは珍しいことではないので、
あとから出品しても無駄になってしまうことも多いんです。

そのため、ちゃんとブログをチェックし、
誰よりも先に出品する努力をするのをお勧めします。

二番目の、
「バイヤーにはあまり知られていない人気モデル・タレントを探す」
というのもひとつの手です。

BUYMAユーザーには人気でも、バイヤーにはまだ知られていない、
モデルさん、タレントさんというのはもちろん存在するので、
そういった競合の少ないところを攻めるのはよい方法ですね。

最後の、
「自分しか仕入れられない仕入先を持っておく」
というのが、実は一番重要な戦術です。

当たり前ですが、
自分だけしか仕入れられないのであれば、
お客さんはそこから購入するほかないわけですから、
はっきり言って無敵です。

そして、これこそが、BUYMAの戦略全体で考えても、
一番重要なポイントだったりします。

要するに、

「仕入れを制するものは、BUYMAを制す」

と言っても過言ではありません。

このブログでは、特にこの「仕入れ」について、
これから力を入れて紹介していきます。

ということで今日はここまでです。

今日も3000字書いてますねー笑

ではではー。

エスノ