shopstyleの限界?(【第25回】2013年6月29日)

こんにちは、エスノです。

今日は、最近ちょっと気になってることと
それを受けてどうすべきかということを
書き留めておきたいと思います。

気になっていることとは何かというと、
以前の記事でも紹介した「shopstyle」についてです。

そのときの記事はこちらをご覧ください。

http://steermylife.com/187.html

すでにバイヤーの間では、買い付け先を調べるサイトとして、
かなりメジャーな存在のshopstyleですが、
最近利用していてどうも精度が落ちている気がしています。

精度が落ちているというとちょっと語弊があって、
検索結果に「漏れ」が以前より増えている感覚です。

実は以前から、多少その傾向はあったのですが、
最近は特にそう感じます。

原因はちょっとはっきりしませんし、
僕の感覚が正しいかも正直分かりません。

ただもしその傾向が強まっているならば、
対策としては以下のようなことをする必要があります。

その対策とは実に単純で、
shopstyleだけで検索して終わるのではなく、
買い付け先のショップを、
ひとつひとつちゃんと調べるということです。

もちろん、これは圧倒的に効率がよくないので、
かなり人気の高いアイテムの買い付け先を探すときなど、
特定の条件のときに限定すべきではあります。

しかしながら、手間がかかるということは、
逆に考えれば実行している人が少ないということでもあります。

僕がBUYMAを始めた頃は、
shopstyleというものが知られていなかったために、
それを利用してリサーチすることが、
他のバイヤーさんとの差別化要因になっていました。

現在はshopstyleがかなり一般的になっているため、
また新しい手法で戦っていく人が、
これから頭ひとつ抜け出していくのではなかと
個人的にはそう考えています。

それは、たぶん今回のように、

・他のバイヤーがやっていない手間をかけること

かもしれませんし、あるいは、
他にもいくつかアイディアとしては考えられます。

いずれにせよ、諸行無常とはよく言ったもので、
「未来永劫、こうやっていれば安心」というオイシイ戦術は、
残念ながら古今東西のどこを探しても有り得ません。

ありとあらゆるものが移ろい行く浮世ですから、
その変化にいち早く適応した人が生き残っていくということは、
ダーウィンに言われずとも直観的に理解すべきことでしょう。

最後は話を広げすぎましたが、
shopstyleもまったく使えなくなっているわけではありませんので、
それだけに頼るという発想だけは捨てて、
これまで通り上手く利用していきましょう。

ではではー。

エスノ

買い付け価格の計算間違い例(【第24回】2013年6月28日)

こんにちは、エスノです。

なんか最近問い合わせも多いしよく売れるなと思ったら、
ボーナスが出るタイミングだったんですねw

月末の給料日以降は、やっぱり毎月売れ行きがいいわけですが、
ボーナスが出るときは輪をかけてという感じですね。

前職が年俸制の会社だったために賞与というものがなかったので、
ボーナスに対する意識はめっちゃ低いです^^;

うっかりうっかり。

さて、今日は、買い付け価格を間違いやすい例ということで
ひとつ紹介しようと思います。

間違いやすいというか、もっと安く買い付けできるのに、
という話だと思ってもらえれば分かりやすいです。

今回の話は、主にアメリカのデパートに多いパターンです。

アメリカのデパートといえば、

・NORDSTROM
・SAKS FIFTH AVENUE
・NEIMAN MARCUS

などなど、充実した品揃えのオンラインショップが
けっこうたくさんありますね。

そして、これらのほとんどは、
「商品の日本への直送」をやってくれます。

ここまで見ればなんともありがたい話なのですが、
そうは問屋が卸しません。

一見便利に見える「日本への直送」ですが、
この方法で輸入しようとすると、国際送料と関税のいずれか、
もしくは両方を、かなり割高な金額で支払うことになったりします。

特に、SAKS FIFTH AVENUEのように、
商品購入時に関税も支払うタイプのショップは、
この関税の金額をかなり多めに請求してきます。

これを回避するために必要なのが、
「転送・購入代行サービス」です。

日本に直送せず、一度アメリカ国内の
代行業者を経由して日本に送ることで、
国際送料も関税も、実費のみを支払えば済みます。

先ほどのデパートから日本に直送するパターンよりも、
特に関税の面でかなり費用が浮くでしょう。

もちろん、代行業者を経由するのもデメリットはあります。

・お客さんに商品を届けるまでに時間がかかる。
・米国内の現地消費税を支払う必要が出てくる。

前者は、一度経由する場所が出てくるので、
仕方がないことですね。

後者は、オレゴン州とデラウェア州以外にある業者だと、
その州の州税(消費税)が掛かってくるので注意が必要です。

もちろん、商品の単価が安く利幅の大きい商品なら、
日本に直送する場合と代行業者さんを経由する場合とで、
関税額もそれほど大きな差にはならないので、
あえてスピードを優先して直送を選ぶのもありだと思います。

要するに一番考えてほしいのは、

ひとつひとつの取引において、どのルートが最適なのか

ということです。

利益を優先する場面もあれば、
到着までの早さを優先することもあるはずですので、
どれがベストなのかというのを常に考えましょう。

ではではー。

エスノ

関税が掛かりにくい配送ってあるの?(【第15回】2013年6月19日)

こんにちは、エスノです。

今日はまだ夕飯どきより前に書き始めております。

この時期は近所のフレッシュネスバーガーが、
お店の扉全部開放してて気持ちよいので素敵です。

家にずっと引きこもってると精神衛生上よろしくないので、
なんだかんだ毎日どっかに出かけてパソコン叩いてます。

さて、昨日関税の細かいことについて書きました。

今日は、僕も輸入ビジネスを始めた頃にとても気になった、
「関税が掛かりにくい配送」について書き留めようかと。

まず、そもそもの関税が掛かる流れです。

関税は、海外から日本に荷物が到着したあと、
税関を通るときに掛けられます。

ここで、通関の作業をする人たちが荷物を個別に見て、
いくらの関税を課すのかを判断しています。

さて、この流れを踏まえたうえで、

「関税が掛かりにくい配送」

なんてものが存在するのかというと、
基本的には「ない」と考えて問題ありません。

ネットで検索すると、
「USPSなどの郵便事業者で送ってもらうと掛かりにくい」とか、
いろいろ出てくると思いますが、基本的に関税は掛かります。

関税がとても掛かりにくくなるのは、昨日も書いたような、

「CIFが日本円に換算したときに1万円程度」

だった場合くらいです。

そのときですら、税関の判断する人によっては、
関税が掛けられたりすることもあるくらいです。

(このへんはけっこう判断する人によるので、適当な感じ。)

感覚としては、「CIFが日本円に換算したときに1万円程度」ならば、
確かにUSPSなどの郵便事業者のほうが、DHLやFedExのような、
民間の配送業者よりは、関税が掛かりにくいような気がします。

ただそれも、DHLとかだと5%の確率で掛かるものが、
USPSだと3%くらいというレベルの話なので、
それほどインパクトがあるものでもないです。

というわけで、はじめのうちは、
関税が掛かりにくい方法をうんうん模索するよりは、
関税も含めて考えても利益が出る商品を探せるスキルを
高める方が重要度は高いです。

裏技的なものに初めから頼っても、
間違いなく瞬間風速的な成果しか出せないので、
まずは基本的な能力を高めることを意識するのがいいですね。

ではでは!

エスノ