エスノはなぜ転送を使わないのか。(第236回2014年7月18日)

こんにちは、エスノです。

今週はメルマガサボり気味ですが、
日曜からバタバタしていたせいか、
ガス欠になってました笑

さて先日こんなメールをいただきました。

======================================

ヨーロッパブランドの輸入代行会社で
オススメの会社はありますでしょうか?

エスノさんは代行会社を使うのではなく、
現地バイヤーを雇っていらっしゃるとのことでしたが、
私はまだbuymaを初めたばかりなので、
今のうちは代行会社を使いたいと思っています。

======================================

ヨーロッパの代行業者は
手数料がかなり高いことも多く、
私はこれまで1度しか使ったことがありません。

その業者さんは以下です。

http://ukbrandshop.com/

イギリスの業者さんなのですが、
手数料も安くて対応も早かったです。

さて、ひとつ誤解があるのですが、
私は現地で買い付けを手伝ってくれる方を
これまで雇ったことはありません^^;

お願いすれば手伝ってくれる友人はいますし、
一回も使ったことがないわけではないのですが、
そもそも私の主な買い付け先は、
日本に直送してくれるショップなので、
お願いすること自体ほとんどありません。

なんでもっと使わないかというと、
これは単純で手間と時間(と費用)が
余計に掛かるからです。

当たり前ですが、
現地で受け取ってそれから日本に配送となると、
その分余計に時間が掛かります。

さらに、それに伴って
進捗管理、お客さんへの報告などの手間も、
指数関数的に増加していきます。

もちろん転送のための手数料も
掛かることは言うまでもないでしょう。

もしかすると、
そんなに手間と時間を惜しまなくても…
と思うかもしれませんが、私はそう考えていません。

実際に活動しているとよく分かると思うんですが、
これらに対応するのは、手間も時間も
思ったよりずっとかかるし、なにより
精神的な消耗度合いがとても大きいです。

結局「効率よく利益を出す」ということは、

「売上に直結することにどれだけ時間を割けるか」

に掛かってきます。

配送の進捗管理やお客さんへの報告、
あるいはそれらに伴って発生する
さまざまなトラブルの対処というのは、
その行為だけ見れば売上には一切繋がりません。

もちろん、それらをなぜするのかといえば
商品を届けたあとに「満足」の評価をもらって、
今後のお客さんへの信用を手に入れるためなので、
そういう意味では売上につながる行為です。

ただ、それらに掛かる手間は、
削減できるものならしたほうがよいことに
誰も異論は唱えないでしょう。

そうやって生み出した時間と心の余裕を、
リサーチや出品作業に当てたほうが
効率的に利益を出せるのは間違いありません。

そういった理由から、私は
買い付け予定だったショップに在庫がなく、
かなり大きな利益が見込めそうなときくらいしか、
現地での買い付けを利用しないというわけです。

というか、またそもそもの話なのですが、
ヨーロッパから買い付ける場合は、
日本に直送してくれるショップから買ったほうが
安く買い付けが出来るんですよね。

なぜなら約20%分の現地消費税が抜けるから。

もちろん、シャネルなどのように
現地でしか買えないアイテムの買い付けなどを
どうしてもしたいんだ!という場合は、
現地買い付けをせざるをえないわけですが、
それをしなくても十分稼ぐことは出来ます。

結局何が言いたかったかというと、
私のように面倒くさがりの方は、
日本直送買い付けをメインにすることを
オススメしますよという話でした。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

amazon.comからの買い付けはOKか?(第215回2014年6月13日)

こんにちは、エスノです。

今日は月が綺麗に見えると
ちょっとしたニュースになっています。

もう上り切ってしまっていますが、
今日は上り始めるあたりのときに
月が赤くなるという現象も見られたそうです。

さて、満月といえば、
日本では昔から、その模様が
「うさぎの餅つき」に見えるとされています。

しかしながら、当然これは
世界共通の認識ではないわけです。

ヨーロッパでは、
蟹だったり女性の横顔だったり、
アラビアではライオンだったり、
日本と比較的近い中国でも、
ヒキガエルに見えるとされていたり。

世界各国、その土地からの月の見え方、
そしてその地域の文化などによって、
同じ月を見るにしても、それがどう認識されるか
というのは全く違ってきます。

もうちょっと一般化すると、
月の模様という「情報」を受け取るときに
人はそれをありのまま認識することは出来ず、
その人が身を置いている文化などに影響された
「フィルター」によって加工された状態でしか
認識することが出来ないわけです。

その「フィルター」は、例えば
「先入観」や「思い込み」とも
呼ばれたりすることもあるでしょう。

さて、先日立て続けに
同じような質問をいただきました。

要約すると、アメリカのamazon、
つまりamazon.comからの買い付けはOKか?
という質問です。

結論から言えば、OKです。

以下の規約が参考になりますね。

■バイヤー活動における禁止事項
http://qa.buyma.com/sell/4003.html

要するに、マーケットプレイス出品者はダメだが、
amazon.comが販売者の商品ならOKということです。

この規約を、今回のような
「amazonに関する質問があった」
という前提なく読んだ場合、人によって、
どこを重要だと認識するかは大きく異なります。

ある人は、まさに同じ悩みを持っていて、
amazonのマーケットプレイスはダメなんだ
ということを重視するでしょう。

別のある人は、自分が
ノーブランド品で有名ブランドのロゴを
模倣したアイテムを扱っていたため、
「他人の権利を侵害する商品」について
特に注目するかもしれません。

しかし言わずもがな、
ここに書いてあることは、
いずれも等しく重要な内容です。

自分はあまり気にしていなかったことでも、
うっかり違反すればアカウント停止になりかねない
大きなリスクを秘めているものばかりです。

もちろん、すべての情報を
触れた側から全部同じような密度で
インプットしようとするのは、
無理矢理やろうとしても効率が悪いですし、
そもそも人間の認識の構造上無理だと思います。

ただ、自分の認識には、常になんらかの
「偏り」があるということが分かっていれば、
何度か同じものに触れるたびに、その
バランスの悪さを少しずつ是正していくことが可能です。

先ほどの規約も、2回目に見たときには、
マーケットプレイスはダメということ以外の事項に
「重要感」を持って目が行くようになります。

さしあたって、ぜひこの規約と、
以下の禁止されている買い付け先は
上記のようなことを意識して、
ぜひもう一度目を通してみてくださいね。

■禁止されている買い付け先
http://qa.buyma.com/sell/4007.html

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

shopstyleでの検索で意識すべきこと+α(第211回2014年6月5日)

こんにちは、エスノです。

買い付け先を探すときには
やはりshopstyleを使うことが多いですが、
その際に意識しなければいけないことがあります。

それは、

最後は目視でチェックをすることを怠ってはいけない

ということです。

たとえ同じ商品であっても、
ショップごとに異なる商品名を
付けられていることはよくあります。

仮に、PRADAのCANAPAという
定番のトートバッグを検索したとします。

Aというショップでは、
PRADA CANAPA TOTE BAGという商品名で、
Bというショップでは、CANAPAが省略され、
PRADA CANVAS TOTEと、素材であるCANVASが
商品名に含まれているとしましょう。

そのときに、「PRADA CANAPA TOTE」と
キーワード検索をすると、Aというショップは見つかりますが、
Bというショップは検索に引っ掛からないわけです。

もちろん、この例は、ひとつだけでも
買い付け先が見つかったのでまだマシな方です。

もし、Aというショップは存在せず、
Bというショップしかなかった場合は、
先ほどのキーワードでは買い付け先が見つけられません。

そこで諦めてしまうと、
存在しているBというショップは、
その人にとってはなかったものと同じことです。

キーワードで検索しても見つけられなかったときは、

・別のキーワードで検索する

→最初の検索とは別の特徴的な単語

先程の例で言えば、CANAPAがダメなら、
CANVASというワードに入れ替えて検索すれば
買い付け先を見つけることが出来ます。

もし、いくつかのキーワードでも出てこなければ、

・カテゴリで絞って目視でチェック

ということを嫌がってはいけません。

今回の例で言えば、「PRADA」と検索し、
カテゴリを「BAG」で絞って、そこに出てきた
数百というアイテムをひとつひとつ、
目で見てチェックするというわけです。

数百を目視でチェックとなると、
慣れないうちは大変そうな気がしますが、
継続してやればすぐに慣れます。

基本的な発想としては、

「目視で全部チェックするというのが一番よい方法だけど、
常にそれは出来ないから、まずキーワード検索でやってみて、
そこで出てきたらラッキー」

という感じなので、これまで目視でチェックするのを
なんとなく避けてしまっていた場合は、ぜひやってみてくださいね。

P.S.

こんな感じでさらっとBUYMAの話だけしましたが、
6日(金)か7日(土)にお送りするメルマガで、
個別コンサルの再募集を行う予定です。

前回募集後にも、興味があるという
問い合わせをいただいていますので、
一応お知らせしておきます。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから