逃げるのは役に立つし、恥じゃない。(第538回)

※2016/11/10の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日は関東では、今年最初の
木枯らしが吹き荒れる凄い天候でしたね。

BUYMAで売れた商品を
集荷に来た佐川のお兄さんに渡すとき、
玄関のドアがちょっと開けただけで、
強風で一気に全開になってしまいました。

寒さも一気に増して体調を崩す人が、
私のコンサル生でも多発しています。

安定した成果は、安定した
活動体制から生まれますので、
健康第一で頑張りましょう。

そんな大荒れの日本の天気を知ってか知らずか、
アメリカの大統領選では、大方の予想に反し、
ドナルド・トランプが当選してしまいました。

我々にとって、為替や株式の
市場動向は気になるところですが、
それ以上に、もっと大きな世界の枠組み、
構造が変わる、ひとつの節目でしょう。

普通に生きている中で、
「もの凄く変わった!」という実感は
なかなか得難いと思いますが、
そういう潮流を機敏に感じて捉え、
適切に前向きに対応していきたいですね。

ところで、今回の結果が、
事前の予想と大きく乖離した理由は、
結局のところ、メディアの報道が、
「ヒラリー推しだった」ことにあります。

アメリカの主要なメディアは、
基本的にヒラリーを応援していて、
それを元にニュースを作った
日本のメディアも、基本的には
ヒラリー寄りの報道をしていたわけです。

そして我々は、それらメディアに、
“なんとなく”ヒラリー優勢と思い込まされていました。

結論としては、「思い込み」は怖い
という、いつものやつなんですが、
自分でソースを確認していない情報から
何かを判断しようとするのは、
やはり気を付けなければいけません。

さて突然ですが、今クール、
TBS系で火曜22時から放送している
「逃げるは恥だが役に立つ」
というドラマをご存知でしょうか。

「契約結婚」という視点から、現代社会の
仕事に対する考え方、あるいは恋愛観・結婚観の
多様性を取り上げつつ、主演である星野源の
地味なオシャレ加減と、新垣結衣の相変わらずの
抜群の可愛さ、そして、星野源が歌う主題歌にあわせ、
エンディングでキャストがコミカルなダンスを披露するのが
SNSで話題になり、TBS系の火曜ドラマ枠では、
過去最高の視聴率を毎週更新している人気番組です。

私も、このドラマの第1話冒頭を
たまたま観てしまって以来、面白くて、
毎週欠かさず観ているひとりです。

ドラマを欠かさず観るのなんて本当に久しぶりで、
なぜなら、そもそも私はドラマ、アニメ、映画という
ものが結構苦手だからです。

漫画は好きで、読まない日はないくらい読むのですが、
(比喩ではなくて本当に読まない日はないです)
自分のペースで読み進められる漫画と違い、
ドラマ、アニメ、映画は、完全に向こうに主導権があり、
自分のペースでは物語の流れをコントロールできません。

ただ、物語の流れを、
視聴者がコントロール出来ないからこそ
また観たいを思わせることも出来るんだな
ということは、先日「君の名は。」を観て
最近気付いたことなのですが、いずれにせよ
そういう理由でドラマとかは苦手なのです。

そんな私がハマるくらいなので、
その面白さは推して知るべしなのですが、
このドラマのタイトルを見たときに、
「このタイミングでこのタイトルか…」
と思ったのは、その当時、世間を、
あるニュースが賑わせたからでした。

電通の女性新入社員の
過労自殺のニュースのことです。

(正確には、自殺したのは昨年末で、
今年になって今一度話題になったのは
先日労災認定されたからですが。)

ご存じの方も多いと思うので詳細は割愛しますが、
この事件を知ったときに「なぜ逃げなかったのか」
と思った方は少なくないと思います。

いろいろ理由はあると思うのですが、
結局のところ、一番根っこにあるのは

「逃げるのは恥だという“常識”」

だったのではないかと思います。

新卒で入社した会社、それも
人が羨み、両親も喜ぶような、
日本を代表する大企業を、いくら
仕事が大変で上司が厳しいからと言って、
1年目で辞めるなんてありえない。

大変なのはみんな一緒なんだから、
自分だけ投げ出すなんてありえない。

そういう常識に縛られすぎて、
いつしか周りが見えなくなるほど憔悴し、
そして悲劇は起こったのだと思います。

アインシュタインが、

「常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションである。」

と言ったように、常識とは一種の
「思い込み」に違いありません。

「逃げることは恥」だと頭から思い込まずに、
その常識を一度フラットな目線で捉え直して、
本当に今の自分に必要なことなのか考えるのは
とても重要なことです。

もちろん、逃げることが、
いつも活路を開くことになるかと言えば、
そんなことはありません。

極端な例ですが、BUYMAで
それなりの成果を出したいと思っている人が、
リサーチや出品を1日1件続けることからも
逃げていては、その目的が達成できないのは
火を見るより明らかです。

大事なのは、常識という思い込みを
一度疑ってみるということですね。

その結果、本当に必要なら続行すればいいし、
冷静になってみたら必要なかった、というのであれば、
すっぱり切り替えてしまえばいいわけです。

ところで、このニュースで、
自殺した女性の月の残業時間が
約100時間だったという話を聞いたときに、
私はまず一番最初に、

「本当はいったい何時間残業していたんだろう」

と思いました。

このあと少し考えて、あることに気付き、
もの凄く怖くなったのですが
それはなぜだか分かりますか?

「本当は何時間残業していたんだろう」

と何の違和感もなく思ったということは、

「人間は残業を100時間程度したくらいでは自殺しない」

という考えがその背景にあるということです。

私が会社員として働いていた頃は、
月の残業時間が、最大でおそらく
200時間は優に超えていました。

始発終電、土日出勤を繰り返すと
もれなくそうなれてしまいます。

私は、自分の体験を元にした、

「人間は残業を100時間程度したくらいでは自殺しない」

という「思い込み」に完全に囚われていました。

だから、発表された残業時間を、
頭から信じていませんでした。

これに気付いたときには、
本当に背筋が凍りつく思いでした。

これだけ気を付けていても、無自覚に
「思い込み」や「偏見」を持ってしまう。

恐ろしいことです。

もはや話がとっ散らかりすぎて、
どこに着地させればいいのか
自分でも見失いかけていますので、
今週の「逃げ恥」で、新垣結衣演じる
主人公森山みくりの伯母を演じる
石田ゆり子がドラマの中で持っていた
バッグを紹介して、筆を置きたいと思います。

■みくりの伯母のバッグ

買い付け先を探して出品してみてもいいですし、
すでに出品中の方は、ドラマやキャストの名前を、
商品ページに追加するといいですね^^

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

ヨーロッパ買い付けツアーのまとめ(第533回)

※2016/10/16の記事です。

こんにちは、エスノです。

先週末にヨーロッパ買い付けから帰ってきて、
時差ボケによる睡眠不足と急な寒さで
あっと言う間に風邪を引きました…。

さて、メルマガの配信が滞った言い訳を
いつものように冒頭に書いてみましたが、
買い付けツアーについては、珍しく、
その様子を写真付きでブログに書いてみました。

完全にただの紀行文(しかもザックリ)ですが、
興味のある方はご一読くださいませ。

http://steermylife.com/1513.html

今日はこれだけです^^;

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

成果を出しているライバルから学べていますか?(第510回)

※2016/6/25の記事です。

こんにちは、エスノです。

歴史的な結果になりましたね。

事前には残留優勢と伝えられていた
イギリスのEU離脱を問う国民投票は、
まさかの離脱多数で決着しました。

これを受けて、為替相場は大混乱。

本日未明頃には1ポンド160円にも
届こうかという感じだったのに、
離脱優勢が伝えられると一気に円高に。

一時は1ポンド133円台と
前代未聞の大暴落を記録しました。

今はまた少し反発して140円台に戻していますが、
ドルもユーロも同じように大きく動いていて、
しばらくはどの通貨も不安定な状況が続きそうです。

当然為替介入もありえますし、
他のEU加盟国に、EU離脱の
機運が高まってもおかしくありません。

これで100%離脱が確定した
というわけではないのですが、
この結果がもたらす世界経済への影響は
相当な大きさになると思います。

身近な話をすれば、
基本的には円高に動いたので、
輸入を手掛ける我々としては、
いきなり大きな経済的な損失を被る
ということはないとは思います。

とりあえず在庫を持つときには
慎重に判断したほうがいいですね。

さて、昨日のメルマガで
facebookやinstagramなどのSNSで、
オンラインには掲載れていない商品を
チェックしていますよ、という話を書いたところ、
元コンサル生のTさんから、

==============================

ちなみに本日のメルマガの内容はかなりタイムリーでした。

昨日もインスタグラムの写真から商品の取り扱いを知って、
問い合わせしたら在庫ありで5万円の利益でました(^^)

多くのバイヤーがショップのインスタとかチェックしはじめたらまた大変な事になりますね?。

今のうちにこの方法で利益を上げておきます。

==============================

というメッセージをいただきました。

Tさんは昨年の2~4月に
個別コンサルを受講してくださった方で、
今年の1月に月利66万、2月には78万、
そして先月は月利で約94万円を達成したそうです。

さすがにこのくらい利益を出している人は、
やはりどこかで人と違う工夫をしてるものですね。

Tさんの特徴としては、
これまでメルマガで紹介してきた
月利100万円超えの青木さんや(別の)Tさんとは異なり、
ほとんど在庫販売を行っていないというのがあります。

このことから、
大きな利益を出すための販売スタイルは、
けしてひとつではないということが分かると思います。

さてさて、ここでちょっと改めて
じっくり考えていただきたいのですが、
このお三方に限らず、BUYMAで
利益を出している出品者というのは、
実際にBUYMAの中を眺めていれば
たくさん存在しています。

いわば、大きな利益を生み出すために
必要な知識、スキルを持った人たちが
そこらへんに溢れています。

もっと言ってしまえば、
「利益を出すためのヒント」が
BUYMAの中にはちゃんとある
ということです。

したがって、極端なことを言えば、
BUYMAの中だけを見ていれば、
利益を出すために必要な情報を
十分得ることが出来るわけです。

実際のところ、
私は誰かから何かを教わることなく、
自分で調べて考えて実践して、
それをひたすら繰り返してきましたから、
私自身がその証人です。

そして、上で挙げたお三方も、
BUYMAの中でライバルがどんな風に
利益を生み出しているのかということを
これまで地道に分析してきています。

しかし、多くの方は、この
BUYMAの中に存在するヒントを

・分析して導き出すこと

・導き出されたヒントを自分に応用すること

のいずれか、あるいは両方が
上手く出来ていません。

だから、みんな同じように
BUYMAの画面を見ているはずなのに
月利で100万円稼ぐ人がいる一方で、
月に1万円の利益を生み出すのにも
苦しんでいる人がいるわけです。

なお、誤解のないように言いますが、
本当にBUYMAの画面だけ見ているわけではなく、
そこから得られたヒントを元に、googleをはじめ、
さまざまなサイトを見てはいます。

ただ、利益のために必要な要素を見つけるには
BUYMAの中にいるライバルをちゃんと分析する
という入口があれば、実は十分だということです。

ちょっと話が逸れましたが、この

・対象を分析する力

・分析して得られた結果を自分に活かす力

というのが、大きな成果を出すためには
とても重要です。

ちなみに、ライバルを分析するに当たって、
よく役に立ったと言われるのが

「現地定価から理想の買い付け価格を算出する」

という方法です。

■参考:どのくらい頑張って買い付け先を探すべきなのか。

http://steermylife.com/1182.html

先ほどのTさんもコンサルのフィードバックで
役に立ったと書いてくださったのですが、
これによって、ライバルが
どんな買い付け方をしているのか
という仮説が立てられるため、
買い付け先の推測や、あるいは、
その商品を時間を掛けてリサーチすべきか
どうかという判断がしやすくなります。

また、分析出来るだけではダメで、
それを自分に生かせないければ
まったく意味がありません。

たとえば、
ASOSを売りまくっている人がいたとして、
その人の利益を出している要因の分析は
ぱっと見ると、とても簡単なわけです。

自分も同じようにASOSを出品しまくれば、
ある程度利益は出るでしょう。

しかし、もしその人が本業が忙しい場合、
その作業を自分で全部やろうとするのは
基本的には無理があります。

つまり、ライバルの分析は出来ても、
自分にどうやってそれを活かすのか、
というところが出来ていないわけです。

正確に言えばもっと細かい話になるんですが、
分析した結果を、自分の現状に合わせて
応用できるかどうかというのも重要だということです。

こういう観点から考えたときに、
私がなぜこれまで個別コンサルにこだわり、
逆にセミナーをやってこなかったのか
というのが分かっていただけると思います。

個別コンサルは文字通り、
受講者の状況を個別に確認できるため、
その人に必要なものを伝わりやすい方法で
伝えることが出来ます。

一方でセミナーというのは、
受講者をよほど上手にスキル別に
カテゴライズしない限りは、同じ情報を
同じようには受け取ってもらえません。

BUYMAを始めたばかりの方に、
「現地定価から理想の買い付け価格を算出」
という情報を伝えても、基本的には
消化不良にしかならないわけです。

一方で、その情報が本当に必要な人には
これ以上ないくらいの価値があるでしょう。

要するに、提示された情報が同じでも、
受け取る人間がひとりひとり違う以上、
その情報を分析して自分に活かせる度合いには、
どうしても差が出てきてしまいます。

別にこれはBUYMAに限ったことではなく、
多くの方が義務教育の過程において、
味わったことのある経験と同じです。

同じ授業に出ているはずなのに、
同じように情報を吸収せず、
テストで明確な差がつくということは
ごくありふれた光景でしょう。

それは授業を受ける態度だったり、
その内容への興味だったり、あるいは、
単純に頭の回転の速さによるものだったりしますが、
どんな要因にせよ、それは情報を受け取るのが
みんな違う人間だからなわけです。

もちろん、じゃあセミナーのような
授業形式で教わるのはまったく意味が無いか
というと、そういうわけではありません。

ただ、現時点で私が見ている限り、
多くの方がBUYMAで苦しんでいる原因、
つまり、分析する力と分析結果を応用する力を
向上させるのに、最適ではないとは思いますが。

ということで、ちょっと長くなりましたが、
じゃあどうしたらまずは分析する力が
ちゃんと身に付くのかということです。

これは実にシンプルで、
昨日もメルマガでも書いた

・知識

・論理的に考える力

この組み合わせで育まれます。

ただ、先程も書いたように、
「今必要な知識」というのは、
ひとりひとりまったく異なります。

そして、論理的に考える力も
ひとりひとり差があるのが当然です。

それはもう現時点では仕方がないことです。

しかし、それを今この瞬間から
向上させようとすることは誰にでもできます。

それを丁寧に続けた人たちが、
BUYMAでは今ランキング上位に位置しています。

人より始めるのが遅いとか、
成果が出るまでに他の人よりも
時間が掛かっている気がするというのは、
まったく気にすべきことではありません。

以前もメルマガで書いた、元コンサル生で
今はBUYMAアカデミアに参加している高野さんは、
コンサル11ヶ月目の今年4月に、
初めて月利10万円を超えました。

そして先月も再び10万円を超えて、
今月は現時点で月利17万円まで来ています。

もちろん、本業が忙しく
時間がない中での活動なので、
出品数は月に20件程度で、
取引件数もけして多くなく、
利益単価の高い取引での成果です。

(出品数はもうちょっと増やしたいですが。)

彼がBUYMAを始めた時期は
けして早くありませんし、
月利10万を超えた時期も、
超えたことがある人と比較すれば、
やはり早いとは言い難いです。

しかし、「今の自分」に必要なものを
苦しみながらも身に付けていった結果、
少しずつ人とは違う成果を
生み出せるようになってきています。

今すぐには上手に分析できなくても、
まずはライバルの商品ページを中心に、
BUYMAの中を丁寧に見てみてください。

また、私の過去のブログだったり
予備校だったりプロステ通信だったり、
いろんな情報も読み返してみてください。

そして、このライバルが、
利益を生み出している源泉は何なのか
というのをじっくり考えてみてください。

その考えた結果が正しいかを、
検証する方法はないかというところまで考えて、
その検証を実行してみてください。

闇雲に出品するだけでは辿りつけない、
もっと高いステージに行くためには、
そういう態度で地道に継続していくのが
遠回りのようで実は一番の近道だと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから