BUYMAが売られまくりました。(第476回)

※2015/12/16の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日BUYMAを運営するエニグモの
2016年1月期・第3四半期の決算が
発表されましたね。

http://www.enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2015/12/IR_20151215.pdf

今回の決算は、
2015年8~10月の3ヶ月間の
業績発表ということです。

要するに6月から打ち始めた
テレビCMの効果が見え始める
初めての決算発表ということで、
けっこう注目していました。

果たしてその結果はというと、
もちろん会員数や取扱高は
しっかり増加はしているものの、
期待されていた程ではなかった
というのが正直なところです。

実際、決算と同時に、
今期の業績予想の下方修正も発表されて、
今日のエニグモ株はストップ安でございます笑

http://www.enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2015/12/IR_20151215_3.pdf

昨年度の決算発表で、今期は
プロモーションに10億円近い投資をして、
一気に拡大していくと打ち出した、
初めての明確な結果がこの程度では
まあ仕方ないかなというところですね。

ただこういう“分かりやすい結果”に
付和雷同していては、ちゃんとした
判断なんて出来っこないというのは
これまで何度もお伝えしてきた通り。

そもそも株価がどうこうというのは
我々の活動にはまったくと言っていいほど
関係がありません。

売り浴びせられているのも、
「予想より」下回るというのが
投資判断の材料のひとつとして
嫌われているだけで、実態として
市場規模は着実に拡大しています。

問題があるとすれば、
そのスピードが当然想定以下だったこと、
そのためにけっこうお金を掛けたので、
しばらく新しい大きな仕掛けはしづらい
可能性があることくらいでしょう。

これらは、今すぐに我々の活動範囲に
大きな影響が出る話ではないですね。

もちろん長期的に見たら、
このレベルの経営判断を、成功とは
言い難い結果しか出せなかったのは
あまりいい材料ではありません。

ただ、その点に関しては、
経営者を変えるという選択肢も
不可能ではないわけです。

エニグモは、発行済株式の
23.5%を所有する筆頭株主が
創業社長ではなくソニーだったり、
他にも信託銀行などの金融機関が
けっこう入ったりしているので、
本気でやろうと思えば出来そうです。

まあこれはちょっと話が大げさですが。

とりあえず財政状況もかなり健全ですから、
いずれにしても直近で売れ行きが
急に失速するということはちょっと考えづらいです。

結論としては、お金掛けた割には
肩透かし感があったけど、引き続き
伸びてはいるということですね。

なんだかんだ言って、私自身、
BUYMAのおかげで今の生活が
あるようなものですから、
心から応援はしているんです。

とりあえず第4四半期、つまり
現在の冬のセールでしっかり盛り返して、
来年度また仕切り直して頑張って欲しい
と切に願っております。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAのアクセス数が戻って思ったこと。(第475回)

※2015/12/13の記事です。

こんにちは、エスノです。

今日は、Buyer’s Drive主宰者である
BUYMAの名人イチローさんの運営する
BUYMAコミュニティ「インサイト!」の
パネルディスカッションと懇親会に
参加するため博多に向かっています。

ということで、例によって、
このメルマガは福岡空港に向かう
飛行機の中で書いております。

機上だとネットに繋がらないので、
逆にメルマガ書くには最適なんですよね。

強制的に書くことに集中させられます^^;

ところでようやくBUYMAの
アクセスカウントが元に戻りましたね。

聞いたところによると、なんでも
先々週末のブラックフライデーの際に、
改めてCMを何度も流したために、
それによるアクセス急増の負荷を
軽減するために、アクセスカウントを
一時的に機能しないようにしたそうです。

というわけで、ここ最近と比べて、
一昨日くらいからアクセスがいきなり
倍くらいに増えていると思いますが、
それがちゃんとした数値なのでご安心ください笑

さて、これを聞いて皆さんは何を思うでしょうか。

私は、

やっぱりBUYMA事務局は
我々パーソナルショッパーのことを
何ひとつ分かっていないんだなあ

と改めて思いました。

出品したあと、ちゃんと
アクセスが来ているかどうか
というのは、商品の出品状況を
見直す優先順位を付ける際に、
とても重要なポイントです。

また、自分が出品したあと、
ちゃんとアクセスが来ているか、
つまりお客さんに見てもらえているか
というのを、参考にしたライバルと
比較することで、改善する箇所が
分かったりもするわけです。

というか、別にBUYMAに限らず、
オンラインでのビジネスであれば、
アクセスを日々気にすることは、
ごくごく当たり前のことです。

それを、1日、2日ならともかく、
約2週間そのままにしていたわけですから、
やはり販売者の心理を理解しているとは
到底言い難いと思います。

そして、ここから見えてくるのは、

事務局に何かを伝えるときは、
「相手は何も知らない」
という前提で話したほうがいい

という残念な結論です。

たとえば事務局から出品商品について、
買い付け先の情報の提示を要求されたとします

このイベントは実際に、
抜き打ちで起きるわけですが
このとき買い付け予定のショップが、
アメリカの有名なデパートや
Farfetchのような、我々にとっては
メジャーな存在だったとしても、
その名前だけ伝えるというのは
あんまりよくないということです。

簡単でいいので、まともなショップだ
というのが分かる補足を付け加えるべき
というのが、私が今回の件から感じたことです。

もちろん実際のところは、
上記のような情報くらいは流石に
分かってはいるとは思います。

ただ、もっと複雑なやり取りの場面で、
「この程度のことは理解しているだろう」
という姿勢で話をしようとすると、
びっくりするような肩透かしを
食らう可能性はあると思います。

と、ちょっと事務局にとって
いじわるな書き方をしてしまいましたが、
そもそも立場も業務内容も
我々と彼らとでは違いすぎますから、
ある意味ではこれは自然な現象です。

そういう観点で考えれば、

相手に理解を期待しすぎるのではなく、
自分から間違いなく理解してもらえるように
ちゃんと対応する

というのが大事なわけですね。

なんか当たり前のことばかり
書いてしまいましたが、ご参考まで。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

世界中が早とちりしたニュース。(第474回2015年12月9日)

こんにちは、エスノです。

まずはじめにお知らせです。

先日まで募集していた、
「Buyer’s Drive」の紹介特典が
12月8日20時頃送られています。

私のメルマガから申し込まれた方には
「Buyer’s Drive」主宰のイチローさんから、
ご案内メールが届いていますので、
ご確認の上ご登録くださいませ!

現時点で、8名の方が
まだ特典企画に未参加です。

また、特典だけご希望の方は、
以下からお申し込みください。

■「BUYMA PROGRESS STAGE」詳細

http://

※メルマガでのみ募集しました。

こちらの案内は、

・「Buyer’s Drive」会員だけれども、

・私以外の方からの紹介で「Buyer’s Drive」に参加した

という方向けのご案内です。

「Buyer’s Drive」会員でない方には、
基本的にはあまり意味がないので、
注意していただければと思います。

こちらの募集は
11日(金)24時までです。

さて、今日はBUYMAと関係ないような話から、
無理やりBUYMAにつなげて話してみます。

先日ネット上でこんな話題が盛り上がっていました。

■全国民に毎月11万円、フィンランドが世界初のベーシックインカム導入へ

http://buzzap.jp/news/20151208-basic-income-finland/

ベーシックインカムそのものや
そのメリット・デメリットについては
上記リンク先などを参照していただきたいのですが、
要するにすべての国民に最低限の生活を送るのに
必要なお金を支給するという制度です。

なかなか思い切った試みが
国家単位で初めて導入されるということで
各所でかなりの盛り上がりを見せていました。

私も個人的にベーシックインカムには
賛成派なので、興味深く見ていたのですが
昨日一転して、今度はこのニュースが
実はかなり勇み足なものだったということが
話題になりました。

■フィンランドのベーシックインカム導入報道 駐日大使館が訂正

http://news.livedoor.com/article/detail/10928094/

要するに、ベーシックインカムの
導入が本決まりになったわけではなく、
まだ調査が始まるだけだったということで、
フィンランド駐日大使館が公式に訂正をしたわけです。

何が恐ろしいって、多くの著名人を含む
ツイッターやfacebookでこのニュースを
拡散していた人たちのすべてが、
この間違いに気付かなかったということです。

情報元が2ちゃんねるのまとめサイト
とかであれば疑いもしたのでしょうが、
今回は割と真面目なメディアが発信源ということで
ほとんどの人が疑いもせず、その記事を
本当のことだと思い込んでしまいました。

情報源をちゃんと調べさえすれば、
やはりそんなことはどこにも書いていない
ということが分かるのですが、
みんなそこまでしないわけです。

こうして、特に誰にも悪意はなく
間違った情報が広まるというのは、
よくあることではあります。

ただ、我々は、
このような大きな話題でもそうですが
もっと身近なところで起きる思い込みには
より注意深く気を付けなければいけません。

たとえばBUYMAで言えば、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

というような話があったとします。

実際に、人気ブランドで
人気上位の商品を出品している
パーソナルショッパーや、あるいは
プレミアムショッパーなどは
出品数も多い傾向にあります。

そのため、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

というのは本当のことのような気がします。

ですが、これは完全な思い込みです。

なぜなら、

・出品数が少なくても売れているショッパー

・出品数が多いのに売れていないショッパー

というのも、実際に存在しているからです。

しかし、多くの人は、

・出品数が多くて販売数が多いショッパー

のことしか見ようとしません。

なぜなら、出品数が多くて、販売数も多い
ショッパーのことはよく見かけますが、
出品数が少なくても売れているショッパーや
出品数が多いのに売れていないショッパーは
あまり見かけないからです。

特に、出品数が多いのに
売れていないショッパーというのは、
そもそも売れていないのですから、
人気順などで見ていっても
なかなかお目にかかる機会がありません。

本来であれば
出品数が多いショッパー全体と
出品数が少ないショッパー全体に対して、
売れているショッパー、売れていない
ショッパーの割合がどのくらいなのか
というのを調べて比較した上で、

「出品数が多いとよく売れる」

と言わなければいけないはずです。

なのに、
ぱっと目につく販売数の多い人の
すぐ分かる「出品数」の傾向だけを捉えて、
それを真理のように思い込んでしまう。

さすがに私の読者さんで、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

と頭から思い込んでいる人は
もうほぼいないと思いますが、
似たような状況から発生する、
思い込みや先入観に囚われてしまう
というのは本当に良くあります。

プレミアムショッパーが
人気順で常に上位にいるからといって、
まったく歯がたたないほど強いと
最初から思い込んでいませんか?

海外の商品を扱うのであれば、
そもそも海外在住のショッパーに
勝てるはずがないと思い込んでいませんか?

ぱっと思いついた考えは、
事実を元にちゃんと確かめられないと
本当に正しいかどうか分かりません。

BUYMAだけに限らず、あらゆる場面で
ぜひ気を付けていただきたいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから