プレミアムパーソナルショッパーを羨ましがっても仕方ない。(第314回2014年11月19日)

こんにちは、エスノです。

昨日で個別コンサルの、
新規募集受付を終了しましたが、
事前面談などでバタバタしていて、
通常のお問い合わせの返信が少し遅れています。

メールくださった方は、
少しお待ちくださいませ^^;

今日からBUYMAで、
「返品補償制度」が始まりましたね。

プレミアムではない方のほうが多い現状では、
この制度の導入に不満を持つ方もいるかもしれません。

ただ、それこそ「ないものねだり」というやつで、
結局いつだって「今、自分ができること」から、
丁寧に積み重ねてやっていくしかないわけです。

ちょっとした贔屓にめげず、
引き続き頑張っていきましょう。

まだまだ利益の出せる場所はたくさんあります。

実際に、今回の募集で申し込んでくださった方と、
本日最初のコンサルを早速実施したわけですが、
そのときに行った商品リサーチで、
価格の安いライバルの買い付け先を見つけることが出来ました。

そのライバルは、画像を加工したり、
あるいは商品の情報を隠すことで、
買い付け先がバレにくいように工夫している方でしたが、
やっぱりちゃんと丁寧に探せば見つかるものです。

もちろんいつも絶対に見つけられるわけではないのですが、
少なくとも今回は、可能性がありそうな方法をすべて試したら、
最後の最後に目的の買い付け先を探し当てることが出来ました。

これも「今自分にできること」を
手を抜かずにとりあえず全部やってみた結果です。

こうして、結果的に、shopstyleにはない、
マイナーな買い付け先がひとつ見つかったわけですが、
それが今後のリサーチや出品の可能性を大きく広げることは
改めて言うまでもないことでしょう。

「今自分にできること」をやり尽くして、
そこから得られた経験と知識をもとに、
また少しずつできることを広げていく。

クドいようですが、
こうやってやっていくのが、一番着実に
成果が出るようになる道筋だと思います。

こう書くと、成果が出るまでに
少し時間がかかりそうな印象を持つかもしれませんが、
早く成果を出したい方は、このサイクルを、
短い期間でどんどん回せばいいだけなので、
その点は誤解しないようにしてください。

ただ、普通は成果を出すのを焦ると、
だいたいどこかを端折ったり手抜きをしたりしてしまい、
実は自分のできることをやりきれていないことが多いので、
その点も同時に気を付けたいところですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

私がビジネスを展開する上で考えていること。(第312回2014年11月17日)

こんにちは、エスノです。

昨日から、私の個別コンサルの
新規募集を行っています。

19日いっぱいまで募集予定でしたが、
本日の正午時点で事前面談の申し込みは、
予定人数に達してしまいました。

そのため、予定を繰り上げて
明日18日いっぱいで募集を締め切らせていただきます。

次回の募集は未定ですので、
興味がある方は以下の募集ページをご覧の上、
お申し込みいただければと思います。

■個別コンサルティング詳細

http://

※募集はメルマガの読者さん限定で実施しました。

さて今日は、せっかくコンサル募集期間中なので、
私がどのようにビジネスの展開を考えているかを
少しお伝えしたいと思います。

インターネットを利用して物販を行って、
それがある程度軌道に乗ってからの展望として、
私は大きく2つの道があると考えていました。

ひとつは、

・人を使ったりして物販での収益規模を拡大する

もうひとつは、

・情報発信やコンサルなどの物販とは別の形態での収益源を作る

いずれかに限定する必要はありませんが、
私は主に後者に力を注ぐことにしています。

それは、言ってしまえば身も蓋もないのですが、
私が個人的に前者があまり好きではないこと、
またそもそも「教えること」自体が好きだったために、
そういう選択をしている次第です。

物販は、自分でやるにせよ、
人にやってもらうにせよ、
規模を大きくすればするだけ、
様々な部分が複雑になっていきます。

もちろんすべてを任せられる人を一人雇って、
その人とだけ連絡を取るようにするという
完全オーナー体制が作れればいいのですが、
いきなりそこに行くのはハードルが高いです。

そういうことを考えたとき、
私は性格的に、出来るだけ関係者が少ない、
シンプルなビジネスを作りたかったので、
性にも合っている後者を選択したわけです。

ただそういう選択をするにあたって、
自分の物販のノウハウを広めることで、
自分の物販の利益を大きく押し下げたり、あるいは、
教えた方たちが過度の価格競争に陥ったりするなどの
見過ごせないデメリットも当然考えられました。

考えられたのですが、
ファッションアイテムは商材の数が多く、
なおかつ半年に一回、ほとんどの商材が
一気に入れ替わるという特徴があります。

そのため、部分的に競う場所はあっても、
潰し合いのような状況にはならないと考えていて、
またこれまでコンサルを行う中でも、
実際にそういう状況にはなっていません。

もちろん、私と同じレベルの
スキルと知識を持ったパーソナルショッパーが
まったく同じタイミングで数百人現れれば、
さすがに飽和してしまうでしょうが、
それは現実的には有り得ないことでしょう。

こういう考えのもと、
私は「教えること」によるビジネスに
力を入れることを選択しました。

ただ、もっとそもそもの背景としては、
このままでは世の中の多くの人が
日本という国ごと沈没してしまうという危機感があります。

現在の日本の教育制度は、
基本的に、優秀な従業員と公務員、
つまり、社会の仕組みをスムーズに回すための
“歯車”を効率よく育成するために設計されています。

放っておいても日本経済全体が成長していた、
少し前の日本においては、
それはとても価値のあることでした。

しかし、もはや歯車として優秀なだけでは、
少し前まで“一般的”と言われていた水準の生活すらしんどい、
そういう時代が来てもおかしくない状況になりつつあります。

そういう不確実性の高い時代であることを考えたとき、
これからは目まぐるしく変化を繰り返す世界状況に合わせて
自分で考えて、自らを変化、進化させていく素養が不可欠です。

しかし、残念ながら、
先に述べた教育制度の上に成り立つ社会の仕組みでは
それを身に付けることはほとんど不可能に近いです。

ただ仮にそのような危機感を持っていたとしても、
現時点の生活は、まだそれなりに安定しています。

その安定をわざわざ犠牲にしてまで、
新たに勉強したり、新しい体験をしたりして、
自分を進化、成長させようというのは、
なかなか難しいのが現実でしょう。

結局、多くの人は、安定はしているけれども、
その日々の生活に手一杯でそんな余裕がないわけです。

そう考えると、結局、まずは自分の力で
お金と時間の余裕を生み出せるスキルが必須。

それは、個人のレベルで考えれば、
それぞれの理想の生き方の実現に繋がりますし、
社会全体のレベルで考えれば、その中から、
先ほど書いたような意識を持った人が増えてきて、
社会基盤全体の強化につながるはずです。

かなりBUYMA自体の話からは飛躍していますが、
こんなことを考えながら私は自分のビジネスの
規模と範囲の拡大を目論んでおります。

なんか堅苦しくなってしまいましたが、
性に合っていて、かつストレスがたまらず、
さらに言えば、社会の役に立つ、
そんな方向でやっていきたいと、
簡単に言ってしまえばそんなところなわけですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

「やる気が出なくて続かない」への回答(第310回2014年11月15日)

こんにちは、エスノです。

今日はまずお知らせです。

先日からお伝えしている個別コンサルの再募集ですが、
11月16日(日)の21時前くらいのメルマガで開始します。

募集ページでは、私が成果を出す上で
特に気をつけていることを詳しくお伝えしています。

コンサル自体に興味がある方はもちろんのこと、
そうではない方にも参考になると思いますので、
ぜひチェックしてください。

今日はキッチンの掃除をしていました。

特にガスコンロの焦げ付きなどをガッツリと。

ガスコンロの掃除には重曹がとても有効なのは
以前から知っており、これまでも使ったことがあったのですが、
今日は“ボンスター”という目の細かい金たわしが大活躍でした。

これのおかげで、住み始めかというくらい
ガスコンロが綺麗になってご満悦です。

特別家事が好きなわけではないですが、
なにかが綺麗になるのはやっぱり気分がイイですね。

さて、先日こんなメールをいただきました。

「リサーチして利益の出る商品が見つからないと、
 どうしてもやる気がなくなってしまいます。

 BUYMAを継続していくためのコツは何かありますか?」

何度も取り上げているように、
BUYMAでおそらく一番よくある悩みであり、
そして最も苦しい悩みというのが、
ライバルに価格で勝てる買い付け先を
なかなか見つけられないということでしょう。

そういう状況が続いてしまうと、やる意味を実感できず、
やる気がなくなってしまい、結局挫折してしまうわけで、
これには多くの方が共感できることだと思います。

こういう悩みに対して、

「とにかく数をこなせ!気合と根性だ!
 それがなければ稼ぐ資格なんてない!」

というアドバイスがまずは考えられるかもしれません。

確かに、何かで一定以上の成果を出そうとするときに、
ある程度の数稽古というのは必要不可欠でしょう。

実際に、様々な分野の成功者に共通する
「1万時間の法則」というのがあります。

この法則は、マルコム・グラッドウェルの
「天才! 成功する人々の法則」に詳しいですが、
物凄く簡単にいえば、各分野の成功者は自身の分野において、
すべからく1万時間程度は練習に取り組んでいるというものです。

つまり、極論を言えば、
1万時間継続すれば誰でも成功しうるし、逆に
継続すること以外に成功する道はないということが、
残念ながら科学的に結論が出ているわけです。

改めて言うまでもないことですが、
「取り組み続けられるか」というのが、
成果を出すためにどれだけ重要なのかは
この話からもご理解いただけると思います。

もちろん、世の中にはそれを、
気合と根性で乗り越えられる人もいるでしょう。

しかし、すべての人がそうかと言えば、
けしてそうではないわけです。

そう考えたときに、私は、
気合と根性が足りないというだけで、
成果を出す資格がないというような考えは、
ちょっとどうかなと思うわけです。

気合と根性は、「続けるための道具・方法」のうちの
一つでしかないと思います。

挫けそうになったときに、
強烈な意志の力で自分を奮い立たせて、
再び歩んでいけるのは素晴らしいことです。

ただ、それ以外にも
「続けるための道具・方法」はいくつかあります。

例えば、なにかが上手くできると、
たとえそれが、どんなにちょっとしたことでも、
続ける気持ちというのは自然と起こるものです。

そういう小さい成功体験を積み重ねて、
自然と続けていく方法というのは十分現実的な話です。

今回のような相談をされたときに、

「気合と根性が足りないんだ!それが無理なら稼げない!」

と突っぱねるのは、回答者としては簡単ですが、
それははっきり言ってサボりだと思うのです。

サボるのが信条の私が言うんだから間違いありません。

私は、今回のケースであれば、
小さい成功体験を積むという視点から、
とりあえず低価格帯で売りやすい商品から、
金額的には大きくなくても利益は取れるものを
まずは扱ってみてはどうかとアドバイスしました。

いきなり大きな利益は出ませんが、
それはそもそも無理な話ですから、
まずは出来るところから小さく成果を出して、
それを次につなげていければいいと思うわけです。

もちろん、それすらやれないというのであれば、
さすがに大きな成果を出すのは難しいので、
別のやる気が出ることを探したほうがいいかもしれませんが。

繰り返しますが、数をこなすこと、
取り組む時間をたくさん持つこと、
そういうのは絶対的に重要です。

もう科学的に証明されてしまっています。

しかし、その「続けるための道具・方法」は、
ひとつだけではなくいろんなアプローチがあります。

どこかで気合と根性が必要な場面も
出てくる可能性は高いのですが、
なんでもかんでもそれで解決しようとせずに、
様々な角度からの解決策を考えるのが、
おそらく重要なのではないでしょうか。

今日、
“重曹”でゴシゴシ磨いても取り切れなかった
ガスコンロのしつこい汚れが、
“ボンスター”という新しいアイテムによって、
あっさり綺麗になったのを見て余計そう思いました笑

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから