買い付け先も変化していきます。(第123回2014年2月21日)

こんにちは、エスノです。

実は昨日、フィギュアの前に
読者さんとスカイプしていました。

その中でその方が仰っていたのが、

「エスノさんはどこを目指しているんですか」

ということでした。

これはよく聞かれるのですが、
率直に言えば、まだ具体的には
何も決まっていません笑

最終的には、私が発信していくことで、
私と同じように「ありのままで生きられる人」を
少しでも多く輩出できればいいかなとは思っていますが、
本当にそのくらいしか決まっていません。

アイディアがないわけではないんですが、
それもまだ種の域を出ていない状況ですね。

で、こういう質問をいただく背景には、

「ちゃんと質問に答えるし、
(それなりに)役に立つアドバイスもするのに、
 なんで無料でやってるんだろう?」

という疑問があるんだと思います。

だいたい、ネットでビジネスやってる人って、
直接話をするなら時間いくらとかで相談料取りますし、
もしくは自分のノウハウをまとめて教材を作って販売
というのも、まあよくあるパターンです。

そういう「常識」に照らし合わせると、

「なんでこいつはタダでこんなことやるんだ!意味分からん!」

というように思ってしまうのも致し方ないでしょう。

確かに、私も読者の立場だったら、
そう思ってしまうかもしれません。

それどころか、
私なんかは、あらゆる可能性を考える、
というか、基本的に捻くれてますので、
実際に話すと、なんかとんでもないものを
売りつけられたりるんだろどうせとか思うでしょう笑

そういった、先人たちが作り上げてきた、
残念な過去は甘んじて受け入れながら、
私はなにかを売りつけたりなんてしませんよと
世界の中心で叫んでみたりします。

話がよく分からなくなってきましたが、
最終的には何らかの形で、有益なものを
有償で提供することはもちろん考えています。

ただ、以前少し書きましたが、
今は、私が一番優先すべきなのは、
「発信する情報を充実させること」で、
そのためには、とにかくいろんな人と
たくさんコミュニケーションを取ることが
最も効率がいいと判断しているので、
こういう形態をとっているわけです。

ひとつ具体的に考えているのは、
将来的には私の読者さんでBUYMAで上手くいった方が
同じように情報発信をしていって欲しいということです。

これも、ちょっとうがった見方をする人は、

「そんなことしたら自分と競合するから、
 やらせる意味が無いだろう」

と思うかもしれませんが、それはちょっと浅すぎます。

なぜなら、

「BUYMAで結果を出せる(可能性のある)人」の集合と、

「私の発信した情報に反応してくれる人」の集合は、

どうやってもイコールにはならないからです。

要するに、私から教わりたい人、
あるいは私から教わると上手くいく人もいれば、
別の方に教わりたい人、別の方から教わったほうが
上手くいく人もいるということです。

私は、自分の発信している文章が、
ありとあらゆる人に受け入れてもらえると思うほど
思い上がっても自惚れてもいません。

私の言葉、それは内容だけでなく、
言い方や表現なども含めてですが、
それがいいという方もいれば、なんとなく
性に合わないという人も必ずいます。

そういう事実に目を背けて、

「自分がすべてのバイヤーさんを育て上げるんだ」

と思うのは傲慢でしかないと思うわけです。

ただ、だからと言って、
自分に付いてきてくれる人だけが上手くいけばいい
というのも、それはそれでちょっと冷たい気がします。

そういうジレンマを解消するには、
あくまで理想ですが、私から学んでくれた方が、
その方の特徴、カラーを出しながら発信していけば
私からではピンと来なくても、その方になら
付いていきたいと思う方が必ず出てくるはずです。

その結果、
私一人でやっていくよりも、はるかにたくさんの
「ありのままで生きられる人」を生み出せると思います。

また、

「自分が進化し続ければ、競合なんてするわけがない」

という視点も重要だったりします。

自分がなにも進化しないまま、
自分が教えた人が同じようなことをすれば、
それは確かに競合になるかもしれません。

ただそれは、
進化しようとしない自分が悪いだけです。

いくら自分がひとつところに留まりたい
と願っていたとしても、世界はどうしようもなく
常に変化を続けてしまいます。

それに適応するために変化、進化しなければ、
残念ながら置いてきぼりを食ってしまうのです。

私自身は、これからもずっと、
そして今以上にありのままで生きていくために、
変化、進化し続けていくつもりです。

それこそが本当の意味での安定だと思いますし、
そうでなければ、澱んで腐って落ちていくだけでしょう。

とても具体的なBUYMAの事例で言えば、
こんなことが昨日ありました。

いつものように、
商品の買い付け先を探していたのですが、
目当てのアイテムを、これまでは、
日本に直送してくれないために候補から外していた
とあるショップで見つけました。

いつもであれば、
他の買い付け先を探すのですが、
昨日はなんだか気になったので、
久しぶりにそのショップをちゃんと見てみたのです。

そうすると、なんと、
そのショップの日本への直送が始まっていたのです。

私は、この変化に気付いたおかげで、
いくらか利益を得ることが可能になりました。

しかし、多くのバイヤーは
おそらくまだこの事実に気付いておらず、
このショップは買い付け先から外そう
と思ったままのはずです。

これは、ものすごく具体的で規模の小さい話ですが、
「いつまでも同じではない」という意識がないと
確実に後れを取ってしまうことの端的な例でしょう。

話を戻しますが、逆に、
私が進化していってその過程を伝えていけば、
私の目標の達成度はより高まりますし、
同時に、競合しようにもするわけがない
という状況も生まれます。

結論としては、どこを目指しているのか
まだ明確には持っていないが、
こんな感じのことを考えて、
日々メルマガ書いてますよという話でした。

そもそもなんでありのままで生きて欲しいかは
また長くなるので別の機会に譲りますが、
まあでも「ありのままの自分」の定義にもよりますけど、
普通に考えてその方が世の中全体としていいですよね。

あと、途中で無理やりねじ込んだ
BUYMAの話ですが、これはけっこう重要です。

買い付け先のシステムやルールは、
けっこう変わっていくことが多いです。

farfetchというバイヤー御用達のサイトがありますが、
ここは、今でこそ関税が表示価格に入っていて、
決済通貨も米ドルだけですが、私がバイヤーを始めた頃は
表示価格に関税は含まれず、決済通貨は、
米ドル、ユーロ、ポンドから選択可能でした。

こういうことは普通にあるので、
今までなんとなく使いにくいと思っていたショップも
たまに見返してみるといいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

ちょっとだけ他の人と違うことをする。(第117回2014年2月15日)

こんにちは、エスノです。

先週末に続き、
とんでもない大雪でしたね…。

私は相変わらず引き籠もっていましたが、
昨日は平日だったので大変な思いをして
帰宅された方も多かったでしょう。

今日もまだ残った雪で道路が滑るので、
足元にはお気をつけくださいませ。

さて、こういう家に籠りがちなときは、
やはりいつもよりも、ネットで
ショッピングをする方も増えるものです。

そのタイミングで、
ストッククリアランスセールの
1,000円OFFのクーポンも発行されていますので、
そういう特集にはちゃんと乗っかれるように
BUYMAからの情報はチェックした方がいいですね。

具体的には、毎週発行されるメルマガか
あるいはバイヤー管理画面に出てくる、
「Buyer’s info」をチェックすればOKです。

ただ、こういう事務局からの情報に
ちゃんと乗っていくというのも重要ですが、
それ以上にインパクトのある成果を出す方法を
今日はご紹介したいと思います。

昨日読者さんからメールをいただいたのですが、
その方は、BUYMAをはじめて1ヶ月ほどで、
なんと22件もの成約を出したそうです。

そのキーとなったのは、
BUYMA事務局に直談判をして、

「自分の扱うブランドの特集を組んでもらったこと」

です。

実はBUYMA事務局は、
バイヤーからの情報を広く受け付けています。

バイヤー管理画面の中段辺りに、
「Buyer’s contact」という項目があり、
そこでは、バイヤーからのさまざまな
情報提供を呼び掛けています。

例えば、SALEの情報を送って採用されると、
BUYMAが発行するメルマガやfacebookで
自分の商品が取り上げられたりします。

私も過去に、何度かセールの情報を提供して
それが採用されたことがありました。

最近は面倒くさがってやっていませんが…。

「そんな有益な情報は自分は持っていない」
と思うかもしれませんが、実はそこまで
希少価値の高い情報を送る必要はありません。

というのも、
媒体の運営などをやっていると分かるのですが、
はっきり言って運営者は常にネタに困っています。

つまり、どんな話であっても、
情報が集まってくることは嬉しいことなのです。

それが、より有益なものであるに
越したことはないですが、そうでなくても
取り上げてもらえる可能性は結構高かったりします。

今回メールをいただいた方の事例は、
やはりかなりうまくいった例ではありますが、
こういう積極的な、他の人がしないようなアクションを取ると
思わぬボーナスが待っていることは少なくありません。

基本的なことは押さえつつ、
他の人が躊躇したり面倒くさがるような
ちょっとだけ違うことをしてみる。

これはいつの時代も、
頭ひとつ抜け出すための王道なので、
ぜひそういう意識を持っていただきたいです。

なお、この成功には、
もうひとつ重要なポイントがあります。

それは、

「自身の経験に基づいて、
 自分だけの勝負の土俵(ルール)を構築した」

という視点です。

その特集が組まれたブランドを選んだ理由は
元々、奥様へのプレゼントが国内で完売だったため、
なんとか手に入らないかと海外で買い付けたのが
きっかけだったそうです。

そういうご自身の経験に基づいて、
あまり他のバイヤーが扱っていないブランドを選び、
さらに運営者側を巻き込むことで、
負けようがない勝負の土俵を作ったわけですね。

自分で負けようがないルールを作って
そこで勝負をするというのは、
絶対に外れない成功法則の一つです。

簡単に応用できるものでもないですが、
こういう視点も頭の片隅に入れておくと
なにかをきっかけに面白い発見ができると思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAで誰もが成果を出せる理由。(第114回2014年2月12日)

こんにちは、エスノです。

鹿児島からは1泊で帰ってきましたが、
結論から言えば、鹿児島は1泊だと
大してできることがないということが分かりました笑

ただ、鹿児島市の中心地からほど近い、
「城山」という小高い山の上にある、
城山観光ホテルの露天風呂はかなり良かったです。

宿泊しなくても入れるのですが、
露天風呂からの眺めは桜島が一望できて
本当に素晴らしいの一言でした。

satumanoyu_2_680x230
※画像はイメージです。

鹿児島市内に行かれるときは
ぜひ行ってみてください^^

さて、そんなどうでもよい
旅行記から始めてみたことにも
実は意味があったりします。

今日はまだマシな方ですが、
私は文章の前置きが長くなる「癖」があります。

これは良い悪いの話ではなくて、
私のように長くなる人もいれば、
短くなる人もいるでしょう。

また、読む方としても、
長いほうが好きという方もいれば、
短いほうが良いという方もいると思います。

当たり前の話ですが、人間は、
こういう特徴や個性というものを
必ず持ち合わせています。

先天的なものによるかもしれませんし、
生まれ育った環境や経験してきたことも
大きく関係するでしょう。

では、BUYMAにおいてはどうなのかというと
当然同じように当てはまります。

これまで多くのバイヤーさんに話を聞いたり
お会いしたりしてきましたが、意外なことに
そのほとんどの方は、販売しているものや
販売の方向性、あるいは販売戦術などが
異なることが多かったのです。

それぞれがバイヤー活動をする中で、
自分の得意分野や得意な方法を見つけて、
各々で特徴を持つようになるわけですね。

私で言えば、まず最初に受注したのは
BUYMAを研究し始めて最初に力を入れて取り組んだ
「タレントさんの愛用品」でした。

なぜ「タレントさんの愛用品」に
まず力を入れたのかというと、
なんとなく「性に合ったから」です。

タレントさんの愛用品の買い付け先を
shopstyleで探していくという作業は
なんとなく宝探しに似た楽しみがあり、
その作業に没頭することが私には苦ではなかったのです。

ちなみに、
その商品は最終的に20件以上売れたのですが、
そういう爆発力があるところも、
自分の性にはあっていました。

様々な商品をたくさん販売するよりは、
特定の商品を数多く売るというのが、
作業の効率という点で見ても
自分の好きなスタイルだったわけですね。

ちなみにそのアイテム買い付け先は、
実は誰でも買い付けが出来るショップでした。

そんな買い付け先でなぜ競合が現れず
20個以上売ることが出来たのかというと、
ブランドがマイナーだったため、
ほとんど扱っているバイヤーがいなかったのが理由です。

これに気をよくした私は、
このあとも同じような条件の揃うアイテムを探し、
何度かヒットを飛ばすことが出来ました。

またその過程で、
様々な人気のモデルさんを発掘したり
多くの買い付け先も開拓したりして、
「タレント愛用品販売」という強みを
自分の中に作り上げていったわけです。

その過程で、派生して
得意なブランドなども生まれたりして、
またそこから新しいヒット商品が生まれたり、
またその過程で学んだことを応用して、
別の強みを作り出したり…。

そうやってきて、今に至っています。

何が言いたいかというと、
結局のところ、成功の法則は、

「人それぞれ異なる」

ということです。

初受注のブランドが何になるかとか、
初めてのヒット商品がどんなアイテムかとか、
その結果どんなブランドやアイテムに
精通していくかとかは、どうしたって
人それぞれ異なってしまいます。

それは、私の「タレント愛用品」のように
これまでの人生で培われた性格や嗜好などに
よるところも大きいため仕方ないことなのです。

もちろん、やるべきこと、
やったほうがいいこと、あるいは、
やってはいけないことというところでは、
ある程度全員に共通したものがあります。

ただ、思い違えてほしくないのは

「万人に共通する成功法則」

なんてものはないということ。

結局、自分だけの成功法則を
自分だけの経験から導き出すしかなく、
もしかしたらこれは、聞く人が聞けば、
絶望的な結論かもしれません。

なぜなら、マニュアル化されたような、
手軽に、簡単に上手くいく方法は存在しない
ということを指し示しているからです。

ですが、これは逆に言えば、

「誰にでも上手くいく可能性がある」

ということを裏付けてもいます。

少なくとも私には、
あまりにも現実離れした夢物語より、
多少努力を必要としたとしても、
そこさえちゃんとできればたどり着ける現実のほうが
魅力的に感じるのですが、いかがでしょうか。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから