東京オリンピック開催決定にあたって考えた。(【第34回】2013年9月9日)

こんにちは、エスノです。

今日はBUYMAの話はちょっとお休みです。

ちょっと遅いですが、
2020年の東京オリンピック開催が決まりましたね。

これを受けて、
「7年後の自分は何をしているだろう」
と多くの人が想像している様が、
さまざまなメディアで見受けられました。

自分もそれに漏れずちょっと考えてみたわけですが、
その際にもうひとつ考えたのが、
「7年前の自分は何をしていただろう」
ということです。

7年前というと僕は22歳で、大学3年生でした。

ほとんど大学には興味がなく、
塾講師のバイトに明け暮れる日々・・・。

差し迫ってきているはずの就活の足音も聴こえないフリをして、
とりあえず毎日楽しく生活していた気はします。

まあそんな調子でしたので、翌年の就活では惨敗続き、
運よく内定をいただいた会社も、苛烈を極めた忙しさでした笑

そこで3年勤める中で、自分なりに考え選択し、
今のように、自分でビジネスをして生活していくことになったわけです。

おかげさまで、その選択そこそこ上手くいったので、
今はまた大学生みたいな生活リズムで糸が切れた凧をやっています^^;

もし7年前の自分に今の自分の話をしたら
とても信じてはもらえないと思います。

あの頃の自分は、まさに
敷かれたレールの上を歩いていただけでした。

当時は、嫌で嫌で仕方ありませんでしたが、
普通にどこかに就職し、そのなかで頑張って、
お金とか時間の面で多少我慢することもありながらも、
それなりに満たされた人生を歩んでいくんだろうなと
ぼんやりと思っていました。

そして実際に働き出し、途中まではまさにその通りでした。

しかし今は、特に我慢することもなく、
それなりというかかなり満たされた生活をしています。

好きなアーティストの全国ツアーに2年連続で全部参加でき、
趣味の競馬のために、フランスに行くこともできました。
(ちなみに今年も10月の頭に行きます^^;)

別にあちこち旅行に行くことが、
とにかく素晴らしいことだとは思っていません。

ただ、7年前の自分と今の自分は、
同じレールの上にはいないなと思ったわけです。

結局、今の自分を創るのは、過去の自分です。

僕の場合で言えば、2年前に決断した
「自分でビジネスを始める」ということが
大きな転機になりました。

実は僕は、別に自分でビジネスをすることが、
何より素晴らしいとも思ってはいません。

個人的には、自力で稼ぐ能力というのは、
これから間違いなく重要なスキルだと思いますが、
それだけに拘らなくてもいいとも思っています。

ただ、7年後、自分がどうなっているかというのは、
はっきり言ってしまえば、7年前から今に続くレールの延長で
なんとなく分かってしまいます。

その想定される7年後が、
本当に自分の望ましいものでなければ、
どこかで決断し、行動を変えていくしかないわけです。

それは、社会人であれば、転職することかもしれないし、
会社を辞めて本当にやりたかった道に進むことかもしれないし、
自分でビジネスをすることかもしれません。

会社の中でだって、決断し行動していけることは
きっと数多く存在するでしょう。

また、学生でも、そのほかの立場の人でも、
何をどう決断するかは違っても、本質的には同じはずです

7年後の華やかな未来に思いを馳せ、
「自分はどうなっているか」と考えるのは素敵なことです。

ただ、その華やかな未来が自分の元に訪れてくれるかは
間違いなく自分のこれからの7年間の生き方次第です。

説教くさいですが、自戒の意味も込めて書いてみました。

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。
メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

ノウハウは知ってるだけじゃ意味がない(【第23回】2013年6月27日)

おはようございます、エスノです。

もはやな時間なので、
今日は量少なめでお届けします。

これまで22回に渡って、
どうすればBUYMAで稼げるか、
ということについて書いてきました。

まあ中には全然関係ない話も含まれていますが、
量・質ともにそれなりの内容であると自負しています。

しかしながら、このブログを読んだ人が
一様に同じような早さで同じような実績を出すかというと、
それは絶対に有り得ないことです。

この理由は、同じ教科書や参考書を使っているのに、
テストの点数が必ず同じにはならないのとよく似ています。

同じ教科書、参考書を持っていても、
それをどれだけスムーズに深く理解できるか、
そしてそれを土台にどう実践していくかというところで、
人それぞれの差が生まれてきます。

結局、BUYMAを攻略するためのノウハウという「教科書」の内容を
「ただ知っているだけ」では何も意味がありません。

それを理解し、実践し、また理解しと繰り返す中で、
次第に我が物となっていき、初めて実績として表に現れてきます。

別にこれはBUYMAに限ったことではないことは、
ここまで読んでもらえればお気づきのことだと思います。

私は大学生のときに塾の先生をやっていましたが、
自分が塾の生徒だったときの経験も踏まえて、
生徒にはことあるごとにいつもこう言っていました。

「僕は、何とかして君たちを志望校に合格させてあげたい。
 そのために出来る限りのことをするつもりだ。

 ただ、残念ながら、どんなに僕が頑張ったところで、
 志望校の合格可能性は50%にまでしかならない。

 なぜなら、受験をするのは僕ではなく、
 他ならぬ君たちだからだ。

 僕の、君たちの合格に対する影響力は、
 本当に残念だが、どうやってもその半分にしかならない。 

 だから、今この瞬間から、最終的に周りが何とかしてくれるとか、
 運良くなんとかなるという考えは捨てて、自分で自分を高める
 ということを意識してやっていって欲しい。」

一見良いことを言ってるようで、
ぶっちゃけ何を言ってるのかよく分からないのですが、
要するに、知識を授けることは出来るけど、
それを自分のものにして使えるようにするには、
ちゃんと自分で努力しないとダメだよと言いたかったわけです。

分かってる人には当たり前のことなのですが、
意外と分かっていない人も多い真理のひとつだと思うので、
説教くさい話ではありますが、取り上げてみました。

ではではー。

エスノ