到着通知を催促してみる。(第73回2013年12月29日)

こんにちは、エスノです。

今日は飼っているハムスターを
近所の動物病院に連れて行きました。

最近寝ている間の呼吸が荒かったので
心配になって連れて行ったのですが、
ただの老化現象でした^^;

もう2年生きているので、
心臓と呼吸器系にガタが来てるそうで、
おまけにここ数日で急に寒くなったのが
やはりけっこう堪えているとのこと。

1,000円で買ってきたコですが、
その存在による癒し効果は明らかにそれ以上です。

少しでも長く生きられるように
いろいろしてあげたいところですね。

さて12月のBUYMAの売り上げは、
29日時点で240万まで来ました。

発送済みで到着通知がまだのものが30万くらいなので、
結局260万くらいで着地しそうです。

今月これだけの売上になったのは
ひとつの商品が40個くらい売れたのが一番大きかったです。

来月以降はそれ以外のものも売れるように、
そしてさらに手間を削減できるように手を打っていきます。

特に、1月はまだいいのですが、
2月はセールの反動もあって
基本的にいきなり売れなくなります。

同じ理由で8月も売上が落ちるのですが、
そこに向けた対策も取っていかないといけません。

とは言っても、
やることは基本的に変わりませんが。

とりあえず私としては、
31日までに少しでも多く到着通知がほしいので、
明日お客さんに催促の連絡をしようと思います。

これもちょっとコツがあって、素直に
「到着通知、はよおくれ」と伝えてしまうと、
お客さんが急かされたと感じて、
評価が悪くなる可能性があります。

そこで重要なのが、

・催促するタイミング
・催促する文章

になってきます。

タイミングは、出来れば、
発送後5日目以降にするのがよいです。

5日目には事務局から催促がいくので、
その少しあとの7、8日目くらいがよいでしょう。

ただ、正直こちらよりも重要なのは
どんな文章で催促するかということです。

文章の内容が「急かされた」という内容でなければ、
どのタイミングであっても、
お客さんの印象は悪くなりません。

では、どんな内容にすればいいかというと、

・商品は無事に届いたか
・商品は問題なかったか
・もし問題があったらすぐに対応する
・そうでなければ到着通知をください

という相手を慮る内容にすればいいわけです。

基本的に、人は
相手の都合を押し付けられると
嫌な気持ちになるものです。

しかし、
自分のためを思ってされた発言、行動には、
悪い印象を持つことがほぼありません。

結局言うことは「到着通知くれ」なのですが、
「もし問題があればすぐに対応します!」
という「誠意」をメインに文章を組み立てて、
「到着通知くれ」をおまけにすることで、
受け取る側の印象は大きく変わるのです。

細かいポイントですが、
こういうところがちゃんとできるかどうかが、
長い目で見たときのバイヤーの総合評価に繋がります。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

梱包の丁寧さが下がるとなぜ受注率が下がるのか。(第70回2013年12月26日)

こんにちは、エスノです。

次第に配信時間が遅くなってきています…。

これはマズイ傾向ですね…。

さらに昨日の配信ではタイトルを入れ忘れ
配信してしまいました^^;

ダメダメですが、
こういうのは自分の苦手なところなので
程よい距離感で上手く付き合っていこうと思います!

さて、昨日は、私の「梱包の丁寧さ」が
3以下になってしまったときの話でした。

今日は、そのとき取った、
具体的な対策についてです。

当たり前ですが、
一度付いた評価を覆すことは出来ません。

考えるべきは、そのせいで下がっている受注率を
回復させるにはどうすべきかということです。

まず、

「なぜ『梱包の丁寧さ』が下がると受注率が下がるのか」

ということを解明できないといけません。

「『梱包の丁寧さ』が下がること」と
「受注率が下がること」というのは
一見、当たり前のことのように感じられます。

しかし、そこで思考を止めてしまうと何も解決しません。

はじめに結論を書いてしまうと、

「梱包の丁寧さ」が下がると、
お客さんが「この人は雑な梱包をする人なんだ」
ということを『想像してしまう』せいで、
受注率が下がる、

これが受注率低下の真相です。

ということは、あらかじめ
「こんな風に梱包します」ということを
きちんと事前にお客さんに伝えられれば、
そこまで大きな問題にはならないはずです。

そこで私は、

・文章で、商品カテゴリごとに梱包の仕方を記載する
・その梱包された商品の写真をアップする

ということを考えました。

結局スペースの都合で写真のアップは断念しましたが、
商品カテゴリごとに梱包の仕方を説明した文章は掲載しました。

結果的に、きちんと成果測定はしていないのですが、
受注率は元に戻った感じがしています。

また、私が梱包の評価の低さを気にしている
ということがお客さんに伝わっているのか、
到着通知で梱包のことに触れてくれるお客さんが
以前よりかなり増えています 笑

さらに、このように
あらかじめ梱包のクオリティーを明記しておけば、
到着通知で必要以上に低い評価をされなくなります。

なぜなら、低い評価が付くのは、
あらかじめ予想していたものより
クオリティーが低かった場合だからです。

事前に知っていたものと同じレベルで梱包されていれば、
それほど酷い評価は付けようがないのです。

ちなみに、梱包の仕方は、あまり目立たない
「お取引について」に記載しています。

そもそも梱包の丁寧さを気にしていない
お客さんの目にわざわざ触れさせることもないからです。

「バイヤーからのお知らせ」に

「梱包のついて気になる方は『お取引について』をご覧ください」

と記載しておいて、気にする人だけ誘導する
というスタンスでやっています。

同じように「梱包の丁寧さ」が低くて困っている方は、
ぜひ取り入れてみてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

バイヤー評価が下がりすぎてしまったら。 (第69回2013年12月25日)

こんにちは、エスノです。

今日は今年最後の大量の発送に追われ、
なんだかんだこんな時間になりました。

なんとなくひと仕事終わった感じがします。

大量の発送と言っても、
昨日6個、今日8個くらいなのですが、
それでも省エネを身上とする私からすると
とても面倒でしんどい作業です^^;

ただ、これだけたくさん発送すると
特に今月は同じ商品が40個近く売れたので、
さすがに作業も手早く出来るようになりました笑

何事も試行錯誤すると、
効率的に出来るようになるものですね。

発送作業で思い出したのですが、
BUYMAには「梱包の丁寧さ」という
バイヤーの評価項目があります。

実は、私は以前この項目が、
極端に低くなってしまった時期があります。

具体的に言えば、3以下になってしまいました。

その原因は、
梱包が丁寧ではなかったというわけではなく、
トラブルがあり到着がとても遅くなった案件で、
お客さんにすべての項目を当てつけのように低くつけられ、
しかもそれが数件続いてしまったことでした。

もちろんこちらにも悪い部分はあるのですが、
「梱包の丁寧さ」については無関係だったため、
間違いなく「不当」と言える評価です。

しかし、やはりお客さんが一度持ってしまった
「悪い印象」というのはなかなか覆せません。

いくらこちらが説明をしても、
お客さんがその時点で聞く耳を持っていなければ、
そういう評価をされても仕方がないわけです。

さすがに、「梱包の丁寧さ」が3を切ったときは、
他の項目が4.5以上あっただけに、逆に目立ってしまい、
少し受注のペースが落ちたような気がしました。

そこで私はその対策として、
あることをしたのですが、
さてここでクエスチョンです^^

私は、「梱包の丁寧さ」が低くなったとき、
その対策としてどんなことをしたでしょうか?

ぜひ一度考えてみてくださいね!

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから