今後求められるパーソナルショッパーの条件とは。(第309回2014年11月14日)

こんにちは、エスノです。

最近BUYMAから矢継ぎ早に
新しい施策が発表されていますね!

先日お伝えした返品制度の導入に続き、
「BUYMA AWARD 2014」という表彰制度の開催や、
商品ページのカラー・サイズの設定、表示方法が
これから大きく変わるという発表がありました。

それ以外にもいろんな動きがあるようです。

詳しくはご自身の管理画面トップの
「パーソナルショッパーへのお知らせ」から
しっかり確認しておいてください。

また他にも冬のセールの情報が解禁されています。

http://buyersinfo.buyma.com/?p=19802

上記ページ下部に記載がある、
24時間限定のフラッシュセールは、
おそらくBUYMAからクーポンが発行されると思います。

まだ2週間くらい時間はありますので、
このセールに向けて今から出品を頑張っておきたいところですね。

昨年は高額商品対象に、
かなり破壊力のあるクーポンが出されたので、
今年も今から高額商品を中心に出すといいかもしれません。

特に普段あまり価格の高い出品をしていない方は、
せっかくの機会なのでしばらく高額商品を中心に
リサーチをしてみるのもいい経験になるのではないでしょうか。

さて、今日はパーソナルショッパーの評価を
ちゃんと高く維持し続けようという話題です。

先ほどもお伝えしましたが、
最近BUYMAはけっこういろいろ動いています。

特に気になる施策の一つが、「返品制度」という、
プレミアムパーソナルショッパー(PS)への優遇措置です

これだけ見ると、
「プレミアムずるい!」みたいな感想が出がちですが、
私の見解としてはちょっと違います。

この施策の本質は「事務局がBUYMAにいて欲しいPS」を
今後より明確に優遇していくという考えの顕れではないでしょうか。

そういう視点から考えると、
現時点でプレミアムはなくても、プレミアムに準ずるような
事務局にとってBUYMAにいて欲しいPSに、今後何かしら
有利な条件が提示されてもおかしくはありません。

では、「事務局がBUYMAにいて欲しいPS」とは
どんな人のことでしょうか。

まず最低限の条件としては、
お客さんからのクレームが少ないことです。

BUYMAの評判を失墜させるようなPS、
あるいはその可能性が高そうなPSは、
今後より厳しい目でチェックされる可能性が高いです。

ただこれは、明らかな規約違反をしたり、
あるいは、よほどひどい対応をしない限り、
基本的には該当しないと思います。

次に事務局にとって望ましい条件は、
売上が多いことです。

BUYMAの収益は、BUYMA内での
「取引金額」に依存するので当然です。

最後に重要なのが、評価が高いことです。

BUYMAは数回前の決算発表のときから、
ここのところずっと「リピーターの獲得」を
大きな経営課題として挙げ続けています。

一度BUYMAで買い物をしたお客さんに、
そのあと何度も買い物をしてもらうことが、
イマイチ上手くいっていなかったわけです。

そのための策のひとつとして、これも最近ですが、
たくさん買い物をしたほうがポイントが貯まりやすくなるよう、
BUYMAでのポイント制度を刷新したりしています。

この「リピーターの獲得」を考えたときに、
お客さんの満足度の高いPSさんの存在が、
BUYMAからすれば必要不可欠になってきます。

どのくらいお客さんの満足度が高かったのか、
というのが端的に表れるのが「PSの評価」です。

むしろ「リピーターを増やすこと」が
BUYMAにとっての喫緊の最重要課題だと判断されているなら、
「評価」が売上以上に重視される可能性も十分あります。

もちろん、だからと言って、
やるべきことは基本的には変わりません。

こまめに素早くお客さんに連絡をして、
丁寧に検品、梱包して発送するだけです。

ただ、下手に慣れてくると、
少し気が緩んだりすることで、
連絡や発送が遅れたりするかもしれません。

また、これからクリスマスシーズンですが、
そういう特別な時期はやはりイレギュラーなことが起きがちです。

配送が遅れたりするのはもちろん、
ショップからの発送が通常よりかなり遅くなり、
それに気付かずに取引を進めた結果、
実はプレゼントのつもりだった品物を
お客さんの希望日までに届けられない…。

そういうことも十分起こりえます。

ちなみに、配送自体はクリスマスの少し前までは
そこまでひどく混み合いません。

ただ、お店からの配送業者に商品を渡すまでが
通常より遅れ出すのは、早いところだと
12月の上旬とかからです。

アメリカのデパートなどは、
クリスマスまでに届けたければ●日に注文しろ!
と明記してあるので、そういう情報は確認しておきましょう。

お客さん対応というのは、
質を追い求めるとキリがないため、
自分の身を削るようなレベルで、
やりすぎる必要はないと思います

ただ、なにかちょっと気になることがあるときなど、
少しこちらから連絡して確認してみるとか、
お客さんに常に思いやりをもって取引をすること。

そういうことが、今後これまで以上に
重要な要素になってくるかもしれません。

ちょっと自戒を込めて書いてみました。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

お礼の手紙は入れるべきか否かという話からの。(第162回2014年4月4日)

こんにちは、エスノです。

受注リストの「発送した」ボタンのデザインが
なんか地味に変わっていますね笑

なんなんでしょうかこのマイナーチェンジは^^;

明日(というかもう今日ですが)、
4月5日(土)21時ちょっと前にお送りするメルマガで
私の個別コンサルの再募集をしようと思います。

前回の募集のあと、有難いことに
すでに何件もお問い合わせをいただきつつ、
ちゃんとした告知までお待ちくださいと
心苦しい限りの返事をしていましたが、
ようやくちゃんと募集できます。

もうちょっとだけお待ちくださいませ。

さて、今日は、

「お礼の手紙は入れるべきかどうか」

という話です。

商品を送る際に、注文のお礼の手紙を
荷物と一緒に入れる人もけっこういると思います。

かく言う私も、昔は入れておりました。

しかし、今は全く入れておりません。

このお礼の手紙の目的というか、メリットとしては

・到着通知のときのバイヤー評価が高まる、
もしくは低くつけられにくくなる。

・リピーターになってもらえる可能性が高まる

という2点があると思います。

正直なところ、手紙だけで
「不満」レベルだったものを「満足」にまで
挽回することは難しいですが、その内容次第では、
「どちらでもない」を、ギリギリ「満足」で
踏み留まらせることは可能です。

また、お送りするお客さんごとに異なった、
そのお客さんならではの内容を書き記すことで、
次も機会があればこのバイヤーさんから買いたいな
と思ってもらえることは、想像しにくいことではないと思います。

一方で、

・とにかく時間・手間が余計に掛かる

というデメリットも存在します。

ちゃんと内容を考えて直筆で書くとなると、
それだけで10~20分は掛かってもおかしくありません。

文章だけちゃんと練って、
プリントアウトしてもいいですが、
やはり工数が増えて手間が掛かることは
間違いないわけです。

結局は、このメリットとデメリットの兼ね合いです。

先日、質問をいただいた読者さんは、
まだ取引回数が20件以下にもかかわらず、
「どちらでもない」を2件もらってしまったため
バイヤー評価が2以下になってしまっていました。

BUYMAのバイヤー評価は
「満足」以外の評価がつくと、
かなりその数値が下がってしまいます。

つまり「不満」でなければいいわけではなく、
「どちらでもない」もほぼ「不満」と同じ扱いなわけです。

こういう仕組みを考えたとき、
特に取引回数の絶対値が少ない活動初期というのは、
お客さんからの評価に細心の注意を払う必要があります。

1件「どちらでもない」という評価がつくだけで、
バイヤー評価の数値は極端に下がってしまい、
それは大きな不利となってしまうからです。

それを避けるために、取引回数が少ないうちは
検品や梱包などの基本的なことはもちろんのこと
プラスアルファで直筆で丁寧に書いた手紙を添えるのは、
やる価値のあることだと思います。

しかし、ある程度評価が溜まってきて、
しかもバイヤー活動する時間が限られている場合は、
必ずしも手紙を書く必要はないわけです。

書くとしても、

「手配の過程でちょっと至らないところがあったから
もしかしたら微妙な評価になるかも」

というときだけ書けばいいでしょう。

要するに、手紙を書くかどうかというのは、
そのバイヤーの状況や環境によって、
一人一人異なってくるわけです。

よくこういう「●●をすべき」というような、
極めて“静的”な考え方に終始しようとする方がいますが、
残念ながらそんな簡単なものではありません。

自分の状況や周囲の環境など、世界のあらゆることは
刻一刻と“動的”に変化し続けているわけですから、
常にその変化に則して最適な判断をし続ける必要があります。

世の中がダイナミックに変化するのに合わせて、
自分自身も変化、進化し続けるという意識を持つことが
安定して成果を出すために一番必要なことではないかと
最近よく思うのでした。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

取引件数が少ないことのデメリット。(第128回2014年2月26日)

こんにちは、エスノです。

先日書いたフィルターの話が
なんだか好評でした笑

はっきり言えば、短期的に稼ぐだけなら
あまり意味のない考え方でしょう。

ただもっと長いスパン、
つまり人生という単位で考えたときに、
世の中で起きたことや自分の身に降り掛かることを
どういう視点で見ていくかということは
絶対に考えていかなければならないことです。

極端なことを言えば、年収1億稼げても、
森さんの発言などという、実にちっぽけな
ニュースごときで感情を振り回されるのは
果たして幸せな生き方と言えるのでしょうか。

まあそれはあまりにも端的な例としても、
私が理想としているのは、ボロボロになりながらでも
とにかく稼げればいいという修羅の道ではなく、
人間として充実感を感じながら生きるためには、
どうすべきかを常に考えながら進化し続ける、
そんな感じのスタンスです。

もちろん、だからお金はいらない
とは微塵も思っていません。

お金があるだけで初めて見ることができる世界は
私程度のレベルでもこれまで散々体験してきました。

それは間違いなく自分の変化、進化に繋がっています。

お金があるだけで手に入るものなんて
さっさと稼いで手に入れてしまいましょう^^

というわけで、BUYMAのお話です。

早いものでもう今月も終わりですが、
今月の着地予想はどんな感じでしょうか。

私は、現時点で180万円弱で、
発送している分と明日発送予定の分が、
今月内に通知がもらえれば約230万円というヨミです。

最終的には200万くらいで着地しそうですね。

ちなみに、成約件数は25件くらいです。

売上の順位と販売件数の順位が
これだけ乖離していバイヤーも珍しいと思います。

これはひとえに、私の
「件数が増えるといろいろ手間がかかるのが嫌」
ということの顕れです。

件数が増えれば、
単純にお届けまでの作業量も増えますし、
トラブルの発生数も多くなってしまいます。

そのため、件数を抑えて、なるべく
手間が掛からないようにしようとしているわけです。

ただ、これにはいい面もあれば、
実は悪い面がないこともないのです。

それは何かというと、

「一回の満足以外の評価の影響が大きい」

ということです。

販売件数が多ければ、
たかだか一回満足以外の評価を付けられたところで、
それをはるかに上回る満足の評価回数があれば
簡単に挽回することが出来ます。

しかし、販売件数が少ない私の場合、
たった一回の満足以外の評価が、
バイヤー評価の数値に大きく影響してしまうというわけです。

もちろん、案件数が少ないということは
その分ひとつの案件に対するケアも手厚くできるので、
なかなか満足以外の評価はつきにくいのですが、
それでも稀に満足以外の評価がついてしまうと、
バイヤー評価の数値で言えば、
0.1くらいは簡単に下がってしまうのです。

そういうときにどうすればいいか。

というか、出来ることは
基本的にひとつしかありません。

それは、お客さんの評価コメントに対する
返信内容に全力を尽くすということです。

そもそもお客さんがバイヤー評価で気にするのは
バイヤー評価の数値ではなく、その中身です。

その中でも気にするのが、
「満足以外の評価は何が理由なのか」
ということですね。

普通、満足の件数が一番多いのですから、
それをお客さんが全部見るということは
基本的にありません。

見られるのは、満足以外の評価です。

そこでもし、お客さんの評価に対して、
半ば喧嘩腰なコメントを返していたら、
これから買おうとしているお客さんはどう思うでしょうか。

また、そこを特に見られるということは
これから買おうとしているお客さんの印象を
逆に良くすることも可能ということです。

評価コメントへの返信は、
満足以外のときにこそ細心の注意を払う
ということは忘れないようにしてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから