BUYMAで一番売上に繋がる作業とは?(第487回)

※2016/2/12の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日は引っ越しでした。

と言っても、同一県市区内での
極めて近距離の引っ越しだったので
住み慣れない街に移り住むストレス
みたいなのは一切ないんですが、
やっぱり居を移すのはそれなりに大変ですね。

そんなどうでもいい小話はともかく、
為替がちょっとすごいことになってます。

ドルが一時期111円台と、
2月頭からもう10円近く動いています。

そして同じくらい激しいのがポンドです。

こちらも2月頭の175円から、
現在は161円台まで下がっています。

輸入ビジネスであるBUYMAにとって
買い付け費用が下がる、円高は
基本的に歓迎すべき現象です。

とは言え、黙っているだけだと、
素早く価格を下げてお客さんを掴んだ
ライバルに水をあけられてしまいかねません。

いつも通りライバルの様子を
ちゃんとチェックして、その変化には
適切に対応していきましょう。

さて、先日は、個別コンサルの募集を、
予定より大幅に早く締め切ってしまい
申し訳ございませんでした。

前倒しはいつものことなのですが、
ここまで勢い良く申し込んでいただくのは、
初めてのことでちょっと慌ててしまいました。

実は締め切りのあとも3名の方から、
問い合わせをいただいて、ちょっと
どうしたもんかなと思いつつ、
「個別コンサル」というサービスの
弱い部分を改めて認識した次第です。

その弱い部分というのは、

「一度に受けられる人数が少なすぎること」

です。

こればかりは私のリソースの問題で、
もうどうにもなりません。

もちろん
今までも分かっていたことなんですが、
今回堰を切ったように多くの方から
応募していただいたことで、
はっきり自覚した感じです。

なので、そのへんについて
ちょっといろいろ考えた結果、
近々もう少し違う形式で、
今の個別コンサルほどではないにせよ、
なるべく近い距離、多い頻度で、
いろいろお伝えできる機会を設けようと思います。

今月中には詳細をお伝えするので、
興味ある方はちょっとお待ちくださいませ。

で、ここまでが相変わらず長い前置きです。

本題は「一番大事なことを
間違えないようにしよう」という話です。

突然ですが質問です。

BUYMAの作業の中で、
最も売上に繋がる作業は何でしょうか?








考えましたか?

まあそんな難しい話ではなくて、
「出品」することです。

どんなに人気の商品を知っていても、
どんなに有力なショップを知っていても、
出品しなければ売れません。

当たり前過ぎますね。

ただ、何も考えずに出品するだけでは
まったく意味がない、というのは、
これまで何度も書いている通りです。

売れる可能性が高い商品(=人気商品)を、
ライバルに何かしら勝てる要素を持たせつつ、
お客さんにちゃんと見てもらえるように、
出品することが大事です。

言われてみれば当たり前。

しかしながら、意外とこの当たり前を
うっかり忘れてしまうことがあります。

例えば、強力なライバルの
「買い付け先を探すこと」に躍起になって、
結果的に出品ができない、とか。

例えば、ライバルと比較して、
一応利益が取れる買い付け先は
すでに見つけているのに、
もっと安い買い付け先を探しすぎてしまう、とか。

こういうのはいずれも、
「買い付けの力を伸ばす」という意味では、
重要な作業であることは間違いありません。

そして、「買い付けの力を伸ばす」ことが
ショッパーとしての優位性を高めるのも
間違いありません。

でも、そればっかりやってしまい、
出品しないと、売上には繋がらないわけです。

極端なことを言えば、そんな
強いライバルとぶつかる商品は避けて、
もっと分かりやすい、farfetchとか、
matchesfashionとかから売れている商品を
すぐ探して見つけて出品したほうが、
売上には繋がるわけです。

こういう感じで、目的に対する「手段」が
目的そのものになってしまうという
落とし穴はBUYMAに限らず、
結構そこら中にあります。

会社で給料上げるためには、
「成長」する必要があると思って
ビジネス書をめっちゃ読んで資格取って、
頑張ってる人ってちらほらいると思うんですが、
だいたいそれで給料は上がりません。

(資格取得で保証される給与は別ですが)

なぜなら、会社での給料の上げ方というのは、
だいたい会社ごとに独自のルールがあるからです。

営業成績がいい、上司に気に入られる、
ここぞというプレゼンで結果を出せる、etc…。

その会社ごとの昇給のルールに沿って、
成果を出していかなければいけないんですが、
その成果を出すために必要なはずの
「勉強」そのものが目的化していると、
いつまでたっても給料は上がらないわけです。

そうして「なんで自分は給料上がらないんだろう」
と言いながら、「上司に気に入られる」という
「その会社での成果」を出した人を横目に、
同じような内容のビジネス書を読み続けたりします。

最後のほうは余談ですが、
「目的」と「手段」を間違えないように
気を付けていただければと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

人気順で上位の商品の人気は信用出来ない。(第482回)

フィレンツェのFENDI

※2016/1/22の記事です。

こんにちは、エスノです。

イタリアから帰国する飛行機の中で
このメルマガを書いております。

結局海外滞在中は意外と時間なく
メルマガ書けないのはいつものことですね…。

ちなみに帰りの飛行機が勝手に変更されていて、
KML航空アムステルダム経由便のはずが、
なぜかアリタリア航空ローマ経由便に笑

ちょっと焦りましたが、
ローマの空港内は免税店が多く、
最後にさらに買い足すことができて、
むしろ結果オーライという感じでした^^

買い付け旅行の道中の様子は、
twitterでちょっとアップしているので、
よかったらご覧くださいませ。

https://twitter.com/esno_biz

遅れに遅れている、
メルマガバックナンバーの更新も
ツイッターでお知らせしてます。

さて、今回の現地買い付けで、
改めて思ったことがあります。

それは、

「人気順が上位だからと言って、
売れる可能性が高いとは絶対に言えない」

ということです。

すでに何度もお伝えしていますが、
商品の人気順には、販売数だけでなく、
アクセス数やほしいもの登録数も
大きな影響を与えます。

そのため、実際に売れていなくても、
何らかの理由で上記の数値が多ければ、
人気順では簡単に上位表示されます。

これが、そもそも
人気順で上位表示されやすい
プレミアムパーソナルショッパーの
出品であればなおさらです。

何言ってるんですか!

アクセス数が多ければ、
詳しく見たい人がいるってことだし、
ほしいもの登録数が多ければ、
ほしい人が多いに決まってる、
つまり、いずれも商品の人気を
ちゃんと表してるに決まってるでしょ!

という意見も、
もしかしたらあるかもしれません。

もちろんそれはその通りです。

ですが、例えば、商品画像が
他の出品者に比べて目を引けば、
必要以上にアクセスは伸びるでしょう。

あるいは、特にハイブランドでは

「実際には簡単には手が出ないけど、
いつかは買えたら良いなあ」

というスタンスで押されるほしいもの登録も
あったりするわけです。

そういうことを考えると、
アクセス数とかほしいもの登録数は
参考になる側面は認めつつも、

「ある程度疑いながら判断材料にすべき」

という見解のほうが無難だということです。

「実際に売れた数」以上に、商品の人気を
確かめられる要素はないわけですから、
それがBUYMA内で確認できる以上は、
それを重要視したほうがよいということでもあります。

基本中の基本ではありますが、
うっかりするとリサーチで楽をしたくて、
「ただ人気順で上位なだけの商品」
を選んでしまいかねないので
気を付けたいところですね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

世界中が早とちりしたニュース。(第474回2015年12月9日)

こんにちは、エスノです。

まずはじめにお知らせです。

先日まで募集していた、
「Buyer’s Drive」の紹介特典が
12月8日20時頃送られています。

私のメルマガから申し込まれた方には
「Buyer’s Drive」主宰のイチローさんから、
ご案内メールが届いていますので、
ご確認の上ご登録くださいませ!

現時点で、8名の方が
まだ特典企画に未参加です。

また、特典だけご希望の方は、
以下からお申し込みください。

■「BUYMA PROGRESS STAGE」詳細

http://

※メルマガでのみ募集しました。

こちらの案内は、

・「Buyer’s Drive」会員だけれども、

・私以外の方からの紹介で「Buyer’s Drive」に参加した

という方向けのご案内です。

「Buyer’s Drive」会員でない方には、
基本的にはあまり意味がないので、
注意していただければと思います。

こちらの募集は
11日(金)24時までです。

さて、今日はBUYMAと関係ないような話から、
無理やりBUYMAにつなげて話してみます。

先日ネット上でこんな話題が盛り上がっていました。

■全国民に毎月11万円、フィンランドが世界初のベーシックインカム導入へ

http://buzzap.jp/news/20151208-basic-income-finland/

ベーシックインカムそのものや
そのメリット・デメリットについては
上記リンク先などを参照していただきたいのですが、
要するにすべての国民に最低限の生活を送るのに
必要なお金を支給するという制度です。

なかなか思い切った試みが
国家単位で初めて導入されるということで
各所でかなりの盛り上がりを見せていました。

私も個人的にベーシックインカムには
賛成派なので、興味深く見ていたのですが
昨日一転して、今度はこのニュースが
実はかなり勇み足なものだったということが
話題になりました。

■フィンランドのベーシックインカム導入報道 駐日大使館が訂正

http://news.livedoor.com/article/detail/10928094/

要するに、ベーシックインカムの
導入が本決まりになったわけではなく、
まだ調査が始まるだけだったということで、
フィンランド駐日大使館が公式に訂正をしたわけです。

何が恐ろしいって、多くの著名人を含む
ツイッターやfacebookでこのニュースを
拡散していた人たちのすべてが、
この間違いに気付かなかったということです。

情報元が2ちゃんねるのまとめサイト
とかであれば疑いもしたのでしょうが、
今回は割と真面目なメディアが発信源ということで
ほとんどの人が疑いもせず、その記事を
本当のことだと思い込んでしまいました。

情報源をちゃんと調べさえすれば、
やはりそんなことはどこにも書いていない
ということが分かるのですが、
みんなそこまでしないわけです。

こうして、特に誰にも悪意はなく
間違った情報が広まるというのは、
よくあることではあります。

ただ、我々は、
このような大きな話題でもそうですが
もっと身近なところで起きる思い込みには
より注意深く気を付けなければいけません。

たとえばBUYMAで言えば、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

というような話があったとします。

実際に、人気ブランドで
人気上位の商品を出品している
パーソナルショッパーや、あるいは
プレミアムショッパーなどは
出品数も多い傾向にあります。

そのため、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

というのは本当のことのような気がします。

ですが、これは完全な思い込みです。

なぜなら、

・出品数が少なくても売れているショッパー

・出品数が多いのに売れていないショッパー

というのも、実際に存在しているからです。

しかし、多くの人は、

・出品数が多くて販売数が多いショッパー

のことしか見ようとしません。

なぜなら、出品数が多くて、販売数も多い
ショッパーのことはよく見かけますが、
出品数が少なくても売れているショッパーや
出品数が多いのに売れていないショッパーは
あまり見かけないからです。

特に、出品数が多いのに
売れていないショッパーというのは、
そもそも売れていないのですから、
人気順などで見ていっても
なかなかお目にかかる機会がありません。

本来であれば
出品数が多いショッパー全体と
出品数が少ないショッパー全体に対して、
売れているショッパー、売れていない
ショッパーの割合がどのくらいなのか
というのを調べて比較した上で、

「出品数が多いとよく売れる」

と言わなければいけないはずです。

なのに、
ぱっと目につく販売数の多い人の
すぐ分かる「出品数」の傾向だけを捉えて、
それを真理のように思い込んでしまう。

さすがに私の読者さんで、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

と頭から思い込んでいる人は
もうほぼいないと思いますが、
似たような状況から発生する、
思い込みや先入観に囚われてしまう
というのは本当に良くあります。

プレミアムショッパーが
人気順で常に上位にいるからといって、
まったく歯がたたないほど強いと
最初から思い込んでいませんか?

海外の商品を扱うのであれば、
そもそも海外在住のショッパーに
勝てるはずがないと思い込んでいませんか?

ぱっと思いついた考えは、
事実を元にちゃんと確かめられないと
本当に正しいかどうか分かりません。

BUYMAだけに限らず、あらゆる場面で
ぜひ気を付けていただきたいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから