現役コンサル生の成果をいくつか。(第463回2015年11月11日)

こんにちは、エスノです。

今日は札幌から帰る飛行機の中で
このメルマガを書いております。

そして明日明後日は名古屋に行きます…。

もう日本全国いろいろ行き過ぎて、
主要都市はだいたい地図無しで歩けます笑

さて今月も10日が経過して、
今年も残すところ50日ほどですね。

また今日は11月11日ということで、
日本でもポッキーの日とかなんとか
いろいろやっていますが、
海外ではSingles Dayと言うみたいで、
いろんなショップからセールの案内が
わんさか届いてますね。

このSingles Dayのキャンペーンは
一過性のものですが、そろそろ
セールシーズンが本格的に始まります。

これまで培った経験と知識を
存分に発揮してガツンと稼ぎたいところですね。

と、そんな前置きはさておき、
ちょっと遅くなりましたが
先月のコンサル生の成果と
その成功要因、あるいは
失敗事例なんかを紹介しようかと思います。

まずは現役のコンサル生で言うと、
9月末に申し込まれたAさんが、
いきなり月利40万円を達成してくれました。

Aさんは元々月利30万円を
達成したことのあるくらいの
一定以上の実力ある方でしたが、
それでも先月はセールでも何でもなく
過去最高益を生むことに成功しました。

そして今月は一昨日の時点で
すでに月利20万円を超えていて、
さらなる実績を残してくれそうな感じです。

ただ普通にお仕事もされているので、
問い合わせや受注が増えてきて、
さらにちょっとしたトラブルが続き、
「時間が足りない」という問題が
いよいよ顕在化してきています。

先月の段階でその兆候はあって、
例えばこんな話をしました。

ある商品に注文が入ったのですが、
ショップを確認するとすでに在庫切れで、
別のショップでなんとか在庫を見つけるも
かなり値上げを提案しないといけない上に、
値上げをしてもほぼ利益が出ない
という状況でした。

この状況に直面してAさんは
買い付け成功率を下げるよりはと
キャンセルせず取引を継続したのですが、
本人の置かれる状況を考えると
私の見解ではキャンセルしたほうが
よかったと伝えました。

このケースで取引を継続するメリットは、

・評価が1増えること
・買い付け成功率が下がらないこと

デメリットは

・取引にかかる手間

です。

もっと初心者の方なら、
評価が増えることも買い付け成功率が
下がらないこともとても重要です。

しかしAさんはすでに取引は数百件あり、
また今は猫の手も借りたいくらい忙しくて、
時間が何より貴重という状況なわけです。

そのバランスを考えると、
注文してくださったお客さんには
本当に申し訳ないのですが、
キャンセルすることで時間を作るほうが
優先度は高いと考えたということです。

こういう案件がもし続いてしまえば、
さらに時間がなくなって他のお客さん、
あるいは、今後注文をくださる
「未来のお客さん」にも満足いく
取引を提供できない可能性が出てきます。

そういうことを考えると、
心を鬼にして「やらない!」と
判断しないといけないことはあると
私は思います。

9月にBUYMAを始めたAさんは
(先ほどとはもちろん別の方です^^;)
BUYMA歴2ヶ月目で、約9万円の
利益を出してくれました。

しかもバイヤーズドライブなどの
特別な割引は一切なしで、です。

本当に基本に忠実に、

・いろんな商品を見ることを通して、

・買い付け先の探し方をちゃんと身に付けること

・いろんな買い付け先に当たること

・いろんなショッパーの特徴を把握すること

を小さなお子さんの世話もしながら、
徹底してくださった結果です。

いまだに多くの方が思い違いをしていますが、
サンローランがいい、ヴァレンチノが売れるとか
そういうブランド全体で狙っていくという発想や、
財布が扱いやすい、靴が良いみたいな、
カテゴリ全体で狙っていくという発想は、
まったく意味がありません。

重要なのは、まずはとにかく商品単位で
ひとつひとつ徹底してリサーチすることです。

人気のある商品をひとつ見つけては、
その買い付け先を丁寧に探すことの
繰り返しこそ、遠回りのようで実は
一番の成功への近道だったりします。

また、そこにはプレミアムショッパーとか
海外在住のショッパーとかも
一切関係ありません。

付け入る隙がある商品は必ずあります。

話が少しそれましたが、Aさんも
正直運が良かった部分はあります。

ただこういう基本を身に付けた上で、
これからセールを迎えたり、
あるいはバイヤーズドライブのような
特権を手に入れたりすると、その効果を
最大限発揮することができます。

直近で少し伸び悩んでいますが、
ぜひ引き続き、淡々と継続して
いただきたいですね。

昼間は会社にお勤めのAさんは、
(Aさんばっかりですね^^;)
先月目標としていた月利17万円に対して、
約18万円の利益を生むことに成功しました。

なんでこんな中途なのかというと、
基本的に目標を立てるときは
自己申告だからです。

もちろんこれまでの最高益が
月利10万円ちょっとだったので、
それを勘案してはいるのですが、
目標で大事なのは、実現できそう
だけどちょっと難しそうという
絶妙のラインを設定することです。

その点では17万円というのは、結果的に
ちょうどいい目標ラインだったと思います笑

これまで他のコンサル(?)とかも
受けたことがあったそうですが、
基本的に出品しまくる方針だったそうで、
私のコンサル受講時点で出品数は400件以上。

それで最高月利10万円だったわけですが、
ここ1ヶ月では新規の出品数を減らして、
出品する商品の質と出品したあとの
メンテナンス、あとは受注したあとも
もっと安い買い付け先を探すことなどに
時間を割いた結果が先月の実績です。

「いやいやその出品数があったからこそ
今その成果が出ているんだよ!」
と思う方もいるかもしれません。

確かに以前に出品したものが、
最近売れたということは何度かありました。

またそれだけの数をこなした経験自体も
けして無駄ではなかったと思います。

その一方で、そのままのスタイルで
やっていたら生まれなかった利益も
かなりの割合を占めています。

何度もお伝えしているように、

・ただ出品しまくるだけ

・出品してもほったらかしにしておくだけ

では、ちゃんとした成果を出すのは
とても難しいです。

まして、効率よく安定して、なんて
夢のまた夢くらいの感じですから、
ぜひ頭に叩き込んで欲しいところです。

ちなみにAさんは今月は現時点で
約9万円の利益なので、このまま
順調にいけば月利30万円です。

しかし本人は相変わらず慎重派で、
目標は19万円と言っています笑

早いところ達成してもらって
上方修正していただきましょう。

他にも昨日のメルマガで書いたお二人、
11万の在庫で3万円の利益を出したKさんや、
30万円以上の商品が9時間で売れたり、
20万円の商品で5万円の利益を出したりと、
すっかり大物釣り師と化したTさんの話とかも
したいのですが、ちょっと長くなってきたので
このへんにしておきます。

ではではー。

P.S.

昨日も書きましたが、
明日21時頃のメルマガで
個別コンサルの新規募集をします。

興味のある方はご覧くださいませー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

「印象」に惑わされず客観的に「評価」する。(第462回2015年11月10日)

こんにちは、エスノです。

今日は札幌に向かう
飛行機の中で書いております。

明日の個別コンサルに向けて
前乗りしてみました。

関東もだいぶ寒くなってきましたが
北海道の寒さは異次元ですね…。

先日高校の同級生に子供が生まれた
ということで私の結婚報告も兼ねて
ご飯を食べに行ってきました。

彼は元々数学がもの凄く出来るやつでした。

よく覚えているのが、
参考書の解答・解説では、何十行にもわたって
解法が展開される難問を、10行くらいの斬新な、
それでいて極めて分かりやすい方法で解いてみせ
愕然とさせられたというエピソードです。

彼は当然のように現役で東大に行き、
そのまま東大の大学院に行って、
航空機力学を修めたあと、なぜか
新卒で外資系金融のアナリストになり、
3年前にはウォール・ストリート・ジャーナルに
20代にして並み居るおっさんたちと肩を並べ、
日本でTOP10に入るアナリストとして紹介されました。

しかしながら
当時の仕事に飽きてしまったらしく、
数千万円の高給と約束された将来を捨てて、
まったく無名の国内の戦略コンサルに
突然転職したのが一昨年のことです。

しかし無名とはいえその顔ぶれは
まさに「シンクタンク」という感じで、
高学歴ハイスペック人材で構成されていて、
外資コンサルが合わなかった大手企業などに
その機動力でどんどん入り込んでいるようです。

そして彼自身は現在、誰もが知っている、
電機メーカーと飲食チェーンで
腕利きのコンサルとして、
快刀乱麻を振るっているとのことでした。

ただ「よりによってその2社か…」
という案件なので恐ろしく忙しいらしく、
このままだと将来たまに家に帰っても
子供に「よく家に来るおじさん」と
認識されかねないと言っていました笑

冗談半分で、人手が足りないから来ない?
と言われましたが、いやいやそんなに時間
ないならむしろあんた独立しなさいよと
同級生らしい軽妙なやり取りをしながら、
銀座の夜は更けていったのでした。

今回はカウンターの席だったので、
あまり突っ込んだ話は聞けませんでしたが、
次回は個室のお店にして、
もっと詳しい話を聞いてみようと思います^^

さて、土曜日の早朝に配信した
前回のメルマガですが、かなり
盛りだくさんな内容だったのですが、
きちんと消化してもらえましたでしょうか?

ざっと挙げるだけでも、

・価格が安いライバルに対峙したときに検証すべきこと

・海外定価からライバルに勝てる可能性を見定めること

・セールになったタイミングを上手く掴まえることで、
強力なライバルにも勝てる可能性が出てくること

と、メルマガを3つ書けるくらいの内容を盛り込みました。

これらがちゃんと出来ていれば、
例えば、先日コンサル生のKさんが、
短期セールで11万円の商品の在庫を確保して、
15万円で販売して3万円の利益を出したような
利益単価の良い商売が可能になってきます。

さっと読んで何となく分かったような
気持ちにならないで、ご自身の日々の
活動の中に取り入れられているかを
ぜひ改めて確認してもらいたいと思います。

もしピンとこない内容があれば、
立ち止まってじっくり考えてみてください。

基本的に上記の内容は、
実は過去に何度か触れているものですから
ブログのバックナンバーや、あるいは、
BUYMAの予備校など参照していただくと
理解は深まると思います。

(ブログは該当記事を探すのが
ちょっと大変かもしれませんが…。)

それでもよく分からないのであれば、
質問して欲しいところです。

で、先ほどのKさんの例ではないですが、
これからプレセール、本セールと続く
セールシーズンが始まるにあたって、
「在庫販売」という選択肢は欠かせないものです。

ただ、「在庫販売」に対して
「怖い」という感情を抱く方も
多いのではないかと思います。

しかしそこで「怖い」という感情で
在庫を持たないという判断をしては、
大きな利益をみすみす見逃すことにも
なりかねません。

では、その恐怖を乗り越えて、
在庫を持つ、持たないを、
適切に判断するにはどうすればいいのか。

ここでオススメしたいのが、
在庫を持つメリットの「根拠」とデメリットを
実際に「書き出す」ということです。

「怖い」と思うのは、要するに、
メリットよりもデメリットのほうが、
圧倒的に大きいと感じられるときです。

じゃあそのメリットを支える根拠が、
デメリットを覆せるほどのものだと、
客観的に判断できさえすれば、
自分の「印象」に左右されずに、
メリットとデメリットの正しい「評価」を
することが可能になります。

実際に在庫を持つかどうか
という場面に遭遇したコンサル生Tさんは、
その際に以下のように考えました。

=============================

自分なりに在庫を持つに至った理由を考えてみました。

在庫を持つ上でのメリット

・直近で売れてた。

・過去に●●を販売していて売れる値段が分かっている。

・ライバルが無在庫で▲円、自分が在庫で■円(編注:若干高い)だが、
価格差に5%も無いので大した問題ではない。

・12月は購買需要が高い(冬のボーナスなど)ので普段よりも売れる可能性がある。

・在庫を持つことで、直ぐに欲しい人の欲求を満たすことが出来る。

在庫を持つ上でのデメリット

・もし資金に余裕が無かったらヤバイ

・在庫がまだ1個残っているので買い占めができていない。

無理やり考えてみましたが、デメリットがあまり思いつかないです。
総合的にメリットのほうが大きいと判断して在庫を持つことにしました!

=============================

細かいツッコミどころはあるのですが、
こうやって書き出してみると本人が言うように、
メリットに対してデメリットがさほど
大きくはないということが分かります。

そしてこの商品は、
30万円以上の高額商品にも掛からず、
出品からなんと9時間ほどで
すぐに売れてしまいました。

そのときのTさんのメッセージが
チャットワークに残っていました。

===============================

在庫販売って偉大ですね!
この商品だから2000ユーロ近く使っちゃいましたけど、
他のブランドだったら怖くて出来ないですw

↑なぜ怖いのか
リサーチしていないから、
適正価格やそのブランドの中でよく売れるジャンルなのかが不明。

なので、リサーチの大切さが最近よく分かるようになってきましたw

===============================

要するに、ちゃんとリサーチして
どれくらいの期間にいくらで何個売れたか
という根拠が明確になればなるほど、
在庫販売のリスクは小さくなり、
怖いとは思わなくなるということです。

逆にその根拠が曖昧だと、
もっと金額の安い商品でも怖いと感じる
ということでもあります。

もちろん、そういう販売実績を
できるかぎり把握したところで、
特に慣れないうちは「怖い」
と感じるかもしれません。

しかし、その慣れ以外の部分で
必要以上に怖がってしまっている
というケースは多いと思います。

ぜひ自分の「印象」に左右されず、
客観的に正しい「評価」をする、
そのために、実際に書き出してみる
ということをやってみてください。

ではではー。

P.S

最近メルマガを書いていない間も、
個別コンサルの問い合わせを
いただいていますので、明後日の
11月12日(木)21時頃のメルマガで、
少しですが新規で募集しようと思います。

興味のある方はチェックしてくださいね。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

今だからできる強力なライバルに対抗する方法(第461回2015年11月7日)

こんにちは、エスノです。

先月のコンサル生の実績とか、
前置きで書きたいこともたくさんあるのですが
今日は簡潔に本題だけをお送りしようと思います。

「ライバルの出品価格に勝てない…」
というのは、これまでも何度も扱ってきた、
BUYMAでの最大の悩みかもしれません。

今日はそういうときの、
これからの時期ならではの解決策についてです。

まずそういう状況に直面したときは、

・ライバルがどんな方法で
買い付けているのかを「推測」し、

・それは今の自分にできることなのか

を考えてみることが大事です。

ライバルが価格で優位にある場合、
その可能性としては以下のようなものがある
ということは以前も書いた通りです。

・ライバルが卸やVIP待遇などの特殊な割引条件を持っている

・ライバルが在庫になった商品を叩き売りしている

・ライバルは見かけは安く見えるが海外発送なので関税が含まれない

・ライバルは見かけは安く見えるが実はサイズが揃っていない

・ライバルは在庫状況を更新しておらず実はもう買い付けできない

・ライバルは偽物を販売している

・ライバルは価格計算を間違えている

・自分が価格計算を間違えている

・自分が安い買い付け先を見つけられていない

※参考バックナンバー:http://steermylife.com/1267.html

こういう可能性を洗い出しておいて、
それらについて都度丁寧に検証していくと、
すべての商品に対してではないですが
突破口が見えてくるものは必ず見つかります。

さて、上記の可能性のうち、
一番すぐに自分で解決できないのが、

「ライバルが特別な割引で買い付けている」

というケースです。

仮にライバルが買い付けているショップが
どこなのか分かったとしても、すぐに自分が
同じ条件で買い付けられるとは限りません。

特別な割引はある程度購入実績を積んで
ショップにとって優良な顧客だと認識され
初めて手に入ることがほとんどです。

もちろん一度も購入せずに交渉をして、
割引してくれる可能性もゼロではないですが、
その数はけして多くはないわけです。

ライバルがそういう割引を持っているのかは、
その商品の「海外での定価」から推測することができます。

たとえば、フランスで600ユーロの
バレンシアガの洋服が、もしBUYMAで
70,000円で売られていたとしたら、
これはどう考えてもちょっと安すぎるわけです。

600ユーロには現地消費税20%分が含まれますが、
日本に送ることでそれが免除されることを考えても
輸入関税や送料、BUYMA決済手数料を考えると、
70,000円で販売するのは、なにか割引がなければ
あり得ない金額だと判断できます。

※もちろんどこかのショップで、
セール品として安く売っていたり、
あるいはクーポンやキャッシュバックを
見落としている可能性もなくはないですが
このケースではセールシーズンではなく、
クーポンやキャッシュバックについては
ある程度探し尽くしたと想定します。

もし自分がどこかのショップから
特別な割引を手に入れていたり、
あるいは以前私が紹介したBuyer’s Drive
というサービスに参加しているなら、
そういうショップの在庫をチェックします。

もしそこに在庫がなければ、
あるいは、もしそういう割引を
そもそも手に入れていなければ、
もはや為す術はありませんから、
他の商品を探しにいくのが懸命です。

ただ、これからセールが始まることを考えると
そういう割引がなくても、実は少しだけ
そういうライバルに対抗する方法があります。

現時点でライバルの価格が安く、
自分は価格の高いショップしか見つけられない
としても、その高いショップはこれから
セールで安くなる可能性が十分あります。

商品のブランドやカテゴリによっては、
セールの割引率というのはかなり大きいので、
その瞬間だけは特別割引のライバルにも
価格で対抗できるわけです。

もちろん、やはりセールは
在庫がなくなるのが早いため、
受注後の在庫切れというリスクはあります。

しかしそれは、できるだけ早く
セールに気付くためにショップの
メルマガに登録しておくことや、
在庫を確保することなどによって、
軽減したりなくしたりすることが出来るわけです。

具体的には、
価格が安くてかなり人気だけれども
すでに在庫がなくなりかけているような商品を
あらかじめ何点かリストアップしておきます。

(普段からリサーチしていればそういう商品には
たくさん出くわすはずです。)

それらの価格の高い買い付け先も
リストアップしておいて、セールが始まったら、
すぐに価格変更、あるいは在庫確保する
というのが理想的な状況です。

買い付け先候補のチェックは、
世界中を対象とするのが重要です。

ヨーロッパブランドがヨーロッパで在庫切れでも
アメリカでセールになったら十分魅力的な価格まで
値段が下がることもよくあります。

「人気で品切れが続出している商品」
について把握している人は多いでしょう。

「それらを安く買える手強いショッパー」
には今すぐにはなれないかもしれません。

しかし、

「それらが安くなる瞬間を捕まえるチャンス」

は誰に対しても平等に与えられます。

そしてこのチャンスを捕まえようと
「工夫をする人」はそれほど多くはありません。

同じように特別な割引を持っていない人同士でも、
こういうところでも差がついたりしますね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから