人気商品のはずなのにアクセスが集まらない…(【第27回】2013年7月1日)

こんばんは、エスノです。

もう7月ですねえ。

一年の半分が終わって折り返しスタートです。

このままいくとあっという間に一年が終わりますが、
まあ日々一生懸命生きてると、時間なんてどうしようもなく
早く過ぎていくように感じるものです。

特に何も変えずに後半戦も頑張っていきます。

さて、昨日は
アクセスアップの重要性について書きました。

アイテムの「人気」を上げるのに、
アクセス数は大きな意味を持つため軽視は出来ません。

しかし、BUYMAをやっていて必ずと言っていいほど起きるのが

「人気商品」を出品しているはずなのに、なぜかアクセスが集まらない

という現象だと思います。

これは「人気」の仕組みが分かっていないと、
ちょっと解決が出来ません。

以前も書きましたが、アイテムの「人気」は
以下の5つの要素で決まってきます。

・アクセス数
・ほしいもの登録数
・販売数
・上記3つの数値の集計期間
・バイヤーの属性(プレミアムorショップか、そうでないか)

ここで、注目して欲しいのが、4番目の
「数値の集計期間」です。

先ほど書いた、「人気商品なのにアクセスが集まらない」の原因は、
ほとんどここにあると言っても過言ではないです。

どういうことかと言うと、
たとえどれほど人気の商品を出品しても、
出した瞬間は、人気は「0」でしかないので、
ここからどのくらいの期間で、どのくらい3つの数値を集められるかが
アイテムの人気を左右してくるわけです。

さて、ここでもし、このアイテムを、
お客さんがあまり見ていない深夜に出品したらどうでしょう。

朝になってお客さんがBUYMAを閲覧し始めると同時に、
他のバイヤーさんもたくさん出品しだして、結局自分の商品は
その他大勢に埋もれてしまう可能性があります。

もしくは、自分が出品するタイミングが他のバイヤーと被ってしまい、
自分のアイテムがあっという間に他のアイテムに紛れてしまったら?

もちろん、アイテムをピンポイントで検索してくれるお客さんもいるので、
アクセスが集まる可能性はゼロとは言い切れませんが、
そうやって探してくれるお客さんはそこまで多くはないですし、
それ以外の探し方をしているお客さんには見てもらいにくいですね。

要するに、BUYMAは、出品したあとの短い期間で、
ある程度のアクセス数やほしいもの登録数を稼ぎ、人気を上げないと、
その他大勢に埋もれてしまいやすい構造になっているということです。

逆に、アクセス数やほしいもの登録数の、
出品直後の初速がよければ、他のバイヤーさんを出し抜けます。

このための方法はいくつかありますが、
すぐ出来るものがひとつあります。

それは、一回出品してアクセスがイマイチだったら、
もう一回同じものを出品し直してみるという方法です。

シンプルですが、最初に誰が見てくれるかというのが大きく、
しかもそれがコントロールしづらいのであれば、
上手くいくまでやり直してみるというのは悪くない方法です。

時間や曜日を変えたりしつつ3~5回もやってみると、
だいたい上手くいったときにどのくらいのアクセスになるか
感覚的に掴めると思いますよ

もちろん、ちゃんと「人気商品」を選べていなければ、
それはただの徒労に終わってしまいますので、
基本的な戦術は押さえた上でやるべきですね。

ではではー。

エスノ

BUYMAでアクセスを増やすことの重要性(【第26回】2013年6月30日)

こんばんは、エスノです。

当然のことですが、出品したアイテムには
アクセスを出来るだけ集めた方が売れる可能性は高まります。

ただ、それは単に、

「多くの人が見てくれれば、それだけ売れる可能性が高まる」

というシンプルな原理だけの話ではありません。

何度か触れてきたように、BUYMAには
アイテムの「人気」という要素が存在します。

これを左右する要因については、

BUYMAの人気順で上位に表示させる方法(【第22回】2013年6月26日)

この記事を再度参照して欲しいのですが、要するにBUYMAでは、

「たくさんの人にみられているアイテムが、人気がある」

と判断されるシステムになっているということです。

もちろん、ただ見られるだけの「アクセス数」よりも、
「ほしいもの登録数」「販売数」の方が、
人気を左右する要素としては影響が大きいのですが、
まずは見られないことには始まらないということなのでしょう。

というわけで、最初の話に戻るのですが、
アクセスは集めたら集めただけ、そのアイテムの「人気」が上がり、
その結果、より多くの人の目に付きやすくなって、
最終的に売れる可能性がさらに高まるという構造があるわけです。

これが、BUYMAで商品のアクセス数を増やすことの重要性です。

最初に言いましたが、当たり前のことです。

しかし、これを軽視すると、
ちゃんと人気商品のリサーチをしているはずなのに、
なんか上手くいかないということが起こり得るので
頭に叩き込んでおいてください。

明日以降はこれを踏まえた上で、
アクセスがなかなか集まらないという悩みの解決策を
いくつか提示していこうと思います。

ではではー。

エスノ

BUYMAの人気順で上位に表示させる方法(【第22回】2013年6月26日)

こんばんは、エスノです。

今日は、昨日の記事の中でちょっと触れた、
人気順で並び替えたときに、アイテムを上位に表示させるには、
ということで書いていきます。

当然のことながら、出品されているアイテムを、
ブランドとカテゴリくらいで絞ったあと、
「人気順」で上から順番に見ていくお客さんは多いです。

このときお客さんが、特に人気ブランドであれば、
数百、数千という出品アイテムを上から順番に最後まで見ることは
まず間違いなくありません。

いくら価格にこだわっていたとして上から順番に探したとしても、
せいぜい10ページくらいまでのものでしょう。
(表示数は1ページに40アイテム)

多くの人は途中で面倒になって、
5ページくらいまででどれを買うか決めてしまうと思います。

まあそんなことを言わずとも、
単純に上位に表示させるということがどれほど重要なのかは、
直観的にも分かると思いますし、実際その通りです。

では、この「人気」というのは、
どういうアルゴリズムで上がるようになっているのでしょうか。

結論から言えば、以下の要素によります。

・アクセス数
・ほしいもの登録数
・販売数
・上記3つの数値の集計期間
・バイヤーの属性(プレミアムorショップか、そうでないか)

上から3つは実に分かりやすいですね。

これらの数値が大きいことは、そのままアイテムの人気を反映する
と言ってもそれほどおかしなことではないでしょう。

ただし、単純にこの3つの数字が高いだけでは、
BUYMA側にとって不都合なことが起きます。

これは常に意識してもらいたいのですが、
BUYMA自体は、アイテムが売れるときに発生する、
お客さんとバイヤーからもらう手数料で稼いでいます。

つまり、BUYMAとしては、1つでも多く取引を成立させたいわけです。
それが高額の案件ならなおのこといいわけですね。

さて、もし「アクセス数」「ほしいもの登録数」「販売数」に対して、
単純にその数値の大きさだけで「人気」を比較したときに、
BUYMAにとってどんな困ることが起きるのか。

簡単に言えば、「新しい人気商品」が
上位に表示されにくくなってしまいます。

例えば、冬にものすごく売れて、
アクセス2000、ほしいもの登録150とかになったブーツがあったとして、
もしその数字がそのままそれだけで人気に反映されてしまうと、
夏になったときにBUYMAとしては売れてほしいはずの
サンダルとかが上位に表示されにくくなってしまいます。

当たり前ですが、夏にはブーツはほとんど売れません。

もちろん、バイヤーもそんなことは分かってますから、
出品を取り消したりもするでしょうが、
バイヤーが動くかどうかに任せるよりは、もっとよい方法があります。

それは、さきほどの数値が

「どのくらいの期間で上げられたものなのか」

ということを考慮する方法です。

ようするに、出品から1ヶ月かけて、
アクセス200、ほしいもの登録10になるアイテムより、
4日間でアクセス50、ほしいもの登録5になるアイテムのほうが、
「より人気がある」というようなアルゴリズムにすれば、
さきほどの問題は解決できます。

人気の指標となる3つの数値を、

「出来るだけ短い期間」に「出来るだけ多く集める」

これが、出品アイテムを人気順で
上位表示させるために必要なことです。

最後のバイヤーの属性はそのままです。

バイヤーには、普通のバイヤーのほかに、
プレミアムバイヤーとショップバイヤーという
3種類の属性があります。

このうち、プレミアムバイヤーとショップバイヤー
が出品するアイテムは、人気順で普通のバイヤーよりも、
上位表示されやすくなっているということです。

とは言え、プレミアムバイヤーは
こちらから望んでなれるものでもないですし、
なったとしても手数料は一般バイヤーより高くなります。

ショップバイヤーは法人として登録する必要がありますので、
これも無理にやるものでもありません。

それ以上に、このバイヤーの属性による上位表示は、
人気の指標を短期間でたくさん集めることができれば
ちゃんとひっくり返すことが可能ですので、
その意味でも無理する必要はない項目です

というわけで、繰り返しですが、
人気の指標となる3つの数値を、
「出来るだけ短い期間」に「出来るだけ多く集める」
ということをしっかり意識するのを忘れないでくださいね。

じゃあ具体的にどうやるのかというのは、
またちゃんと書いていきます。

ではではー。

エスノ