買い付け先の分かりやすい探し方を期間限定で教えます(第543回)

※2016/11/22の記事です。

こんにちは、エスノです。

いよいよ今週の金曜日は、
ブラックフライデーです。

ただ、最近は、昔のように
金曜になった瞬間に一斉にヨーイドン!
で始まるのではなく、フライング気味に、
タイミングもバラバラにセールが始まります。

いずれにしても、一年で一番モノが売れるのは
間違いなくこのタイミングからです。

BUYMAも、例年通りであれば、
かなり大きな割引クーポンを発行して
その勢いを後押ししてくれます。

(昨年は10万円以上の商品は、
15,000円OFFというのがありました。)

クーポン発行期間中の
在庫確認などの問い合わせには、
必ずクーポンの情報を添えて、
返信するようにしてくださいね。

意外と忘れていたり、
知らなかったりするお客さんもいます。

さて、先日募集した新規の個別コンサルが
早速始まっております。

先週末は、今回応募してくださったMさんから、

ある商品に問い合わせが来たものの、
予定していた買い付け先の在庫がすでになく、
探し出した別のショップでは当初の価格より
値段を上げざるを得ない、なんとかもっと
安い買い付け先は探せないだろうか、

という、コンサルあるあるなメッセージが
チャットワークに届いたのでちょっと探してみました。

結果、商品は今年の春夏シーズンのものでしたが、
運良く50%OFFの価格でまだ在庫が残っている
セレクトショップを発見できて、お客さんには、
値上げすることなく在庫ありでご案内することができました。

ここで重要なのは、もちろん、

「探し当てた買い付け先そのもの」

ではなくて、

「どうやってその買い付け先を探したのか」

ということです。

今回のケースだと、品番をfarfetchで拾ってきて、
その品番を後ろから何文字か削ったところで、
目当ての買い付け先が出てきました。

さらっと書きましたが、
最近メルマガを読み始めた方は、
何を言ってるか分からない気がするので、
改めて説明しておきますね。

と言っても、言葉で説明するより、
具体的に見てもらったほうが早いと思うので、
以下をご覧くださいませ。

※実際のgoogleの検索結果のURLを貼っているので、
なるべく早く確認してくださいね。

こちらは、サンローランのバッグで、
品番は「398709BOO0J1000」です。

これを使ってgoogle検索をすると、
以下のような検索結果になります。

※1:ちなみに、キーワード検索して
ショップを探す場合は、上記のように
画像一覧の検索結果を表示させたほうが
目当てのショップを探しやすいです。

※2:上記の検索キーワード内の
「-site:buyma.com」というのは、
「buyma.com」のページを表示させなくする
google検索のコマンドです。

当然のように一番最初には、
サンローランの公式ページがヒットします。

さて、肝心なのはここからです

ショップによっては、商品の品番を、
すべて載せていなかったりすることがよくあります。

たとえばこの商品の場合、

・398709BOO0J1000

ではなく、

・398709BOO0J

とか

・398709

のように記載されていたりします。

これは品番が「商品のモデル」「素材」
「カラー」などを表す、複数の文字列群で
構成されているからです。

なので、そういうショップを探すにあたっては、
「398709BOO0J1000」という品番を
そのまま利用して検索することは
むしろマイナスに作用するわけです。

ただ、じゃあ探し当てたいショップに
品番がどういう文字列で記載されているか
ということは、当然見つけてみないと分かりません。

なので、もういっそ、品番を
後ろから一文字ずつ削っていこう
というのが、先程書いた

「今回のケースだと、品番をfarfetchで拾ってきて、
その品番を後ろから何文字か削ったところで、
目当ての買い付け先が出てきました。」

の意味するところです。

今回のサンローランのバッグで
実際に品番を削っていってみると、

「saint laurent 398709BOO0J -site:buyma.com」

となった時点で、以下のようになります。

品番をすべて利用したときとは、
検索結果の表示が大きく変わっています。

もちろん、被っているサイトも多いですが、
たとえば、最初の検索結果では出てこなかった
farfetchが出てきたりしています。

メルマガでは過去何度か紹介している方法で
すでに知っている方には面白くもない話ですが、
これまで検索の際に実践してこなかった方は
ぜひ今度意識的にやってみてくださいね。

あとは、常に上手くいくわけではないので、
何度かやって求める結果が出なかったからと
すぐにやめてしまわないことも重要です。

こういうのは、毎回漏れなく
きっちりやるからこそ意味があります。

ということで、今日行ったスカイプコンサルでも、

受注した商品の在庫が完売していて、
このままだとキャンセルせざるを得ない

というところから、在庫のある買い付け先を
見つけて、しかもセールになっていたので、
4万円くらいの商品で1万円以上の利益を
生み出すことができました。

こちらも冒頭のMさんと同じく、
今回応募してくださったMさんとの
スカイプだったのですが、
早速こういう分かりやすい事例を
お見せすることが出来て良かったです。

正直、私の第一感は、

「これは見つからないかもなあ」

だったのですが笑、
とりあえずやってみたらありました。

すでにBUYMAを5年以上やっていますが、
そういう直感はあんまり当たりません^^;

根拠のない先入観に頼らず、とりあえず
毎回やってみることを習慣にしてみてください。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

コンサル生からの嬉しい言葉(第526回)

※2016/8/29の記事です。

こんにちは、エスノです。

今日は朝から、新しく個別コンサルに
申し込んでくださったAさんとスカイプでした。

Aさんは現在、低価格帯の商品を中心に
月利10万円程度利益を出しているのですが
そのスタイルでの限界を感じて、今回
応募してくださいました。

今日は、まず、利益単価の高い商品を
リサーチするにあたって、最低限必要な

・出品する商品の選び方とその考え方

・買い付け先を探す際の手順とその具体的な方法

・探し出したショップの買い付け価格の計算方法

・現地定価を基準にリサーチをどこで切り上げるべきかを判断する方法

などなど…を、スカイプの
画面共有という機能を使って、
一緒に商品を探しながらお伝えしました。

2時間半が経過して、ひと通りお伝えしたあと
「こんなに丁寧に教えてもらえるなんてビックリ」
という言葉をAさんからいただきました。

実は、これはAさんだけではなく、
他の方からも、これまで何度も
言っていただいたことがあります。

私からすれば、これから必要な
最低限のことをお伝えしているだけなので、
けっこう意外ではあるのですが、
特にAさんのように、これまで、
まったく違う方向性で活動していた方には、
新しい価値を感じていただけるようです。

それこそ人によっては、

ヨーロッパのショップの表示金額には
約20%の消費税が含まれていて、
日本に直送するとその分が引かれて購入できる

みたいなことを知らなかったりするので、
それだけでも「へぇ~」の連発だったりします。

これまでメルマガで何度も取り上げた内容でも、
それを具体的な商品を探す過程で、
実際にどうやって使うのかが分かると、
もっと理解が深まったりもしますね。

そしてそのスカイプのあと、
個別コンサルで仙台に向かっている
新幹線の中でこれを書いています。

台風の接近も知ったこっちゃありません。

仙台でお会いするのは、
コンサル3ヶ月目のKさんです。

Kさんも元々低価格の商品ばかりを
販売していたのですが、コンサル開始後、
利益単価の高い商品の販売も加わって、
先月は初めて月利20万円を超えました。

今月もあと数日ではありますが、
過去最高益を狙えそうな感じなので、
その流れは崩さないように、来月以降の
方針についてもお伝えしようと思います。

さて、先日で3度目の個別コンサルが
終了したTさんから、改めて以下のような
素敵なフィードバックをいただいたので、
ちょっと紹介させていただきます。

※読みやすいように、改行などを加えています。

==================================

<<3度目のコンサルを終えて>>

もしかしたら、私がエスノさんのコンサルを
一番受けている人間なのかもしれません。

一番最初は、バイマをはじめて2,3か月たったころの申し込み。

正直に申し上げると、「ネットビジネスなんで胡散臭い」
「あったこともない人にコンサル料金を振り込む」ことに
かなりの抵抗を感じました。

皆さんも同じではないかと思います。

エスノさんの誠実な内容のブログが大好きだったので、
副業(当時)利益の中でおさまるのであれば、
リスクを取ってみようと思って申し込んだのがきっかけです。

3度も浮気することなく、同じエスノさんからコンサルを受けていることが、
いかに信頼のできるコンサルタントであるかを物語っていると思います。

2番目は、バイマを休みすぎて、思うようなスピードで
利益がもどらなかったときです。

いらっちの私は、より確実性を求め、
再度、エスノさんの門をたたきました。

3番目は今回です。

エスノさんのメルマガでご存じの方がいるかもしれませんが、
実は100万円達成していました。

ただ、専業となった今、今までの状況で満足するのではなく、
より高いステージに上がりたい、経営者としても情報を得たい
と思ったのが3度目の門をたたいたきっかけです。

内容も、私にとっては営業戦略的な要素が強く、また、
事業者としてのお話しも伺えて、いままでで一番濃厚な時間を
過ごすことができたと思います。

3度もエスノさんのコンサルを受けた私が言いたいのは、3つです。

1コンサルタントのエスノ氏は、信頼できる人物であるということ。

そうでなければ、私は自分の手の内をすべて明かすことはできません。
逆に、エスノさんの他の生徒さんの手の内を伺ったことはありません。
興味ありますけど(笑)

2生徒の実力に応じたアドバイスや指導ができるコンサルタントである

リサーチ方法が全くわからなかったときにはリサーチ方法を(1回目)
売り上げが伸び悩んでいたときは、その原因を共に探り(2回目)
利益を安定してだすことが目的のコンサルタントでは、私の脆弱なポイントを指摘(現在)
一歩引いたところでアドバイスくれるので、本当に助かりました。

その時期、その時期ですぐに成果がでなかったときもありますが、
必ず成果がついてきました。おかげさまで、今の私は、物販をするものとして、
1つのプラットフォームでは、そこそこの成果をだせるようになりました!

3コンサルタントを受ける人の意識の持ち方

目的を明確にしないと、限られた時間で最大限の成果は望めないと私は思っています。
自己投資をして、より成長したいと思うのであれば、ご自身がいまどの段階にいて、
何をまず習得しなくてはならにのか、把握する必要があります。

もし、教えていただいた内容が理解できないのであれば、どこでつまづいているのか、
ご自身がエスノさんに対してアピールする必要があると思います。

私の一番最初のコンサル期間は、「自分が理解できてないのはわかるけど、
どうしたら理解できるかがわからない」状態だったので、自分から
「一緒にリサーチしてほしい」とか「説明の意味が理解できないから
もう一度説明してほしい」と、からんでいたと思います(笑)

・・・うーん 来年くらい、またコンサルたのんでるかもー(笑)

コンサル期間は、自分のためだけにアドバイスをいただける期間です。

せっかくのチャンスを生かせるように、まずはご自身の問題点を精査し、
エスノさんにドーンとあたっていったら、結果はついてくると思った私なのでした。

==================================

はい、もう清々しいくらい褒めていただいてますが、
何が嬉しいかというと、これ「書いて欲しい」と言って
書いてもらったものではなく、Tさんが自発的に
隙間時間に書いてくださったということなんです。

(移動中に焼肉弁当を食べ終えて
一息つきがてら書いてくださったようです笑)

Tさんもそうですし、昨日のメルマガで
書いたYさんもそうですが、私は、
特にメルマガで募集しなくても、
またコンサルをして欲しいと言われることが
けっこうあります。

(新規の方は今回のような一斉募集のときしか
お受けしていないので、過去に受講された方からです。)

実は先日、BUYMAですでに
月利200万円稼いでいる青木さんからも、
ご自身の情報発信の方でコンサルを
依頼していただきました。

これも実は2回目なんですが、
こうやって頼っていただけるのは
嬉しくもありながら、やはりすごく
大きな責任も感じます。

ただ、BUYMAのコンサルを
始めたときもそうでしたが、

「現在すでに一定以上できること」

ばかりをやっていても、
私自身に成長がなくなってしまい、
新しい価値を提供できません。

これは、BUYMAやコンサルにかぎらず、
全てに通じる原理・原則だと思います。

ちょっと難しいかもしれない、
本当に出来るのか分からない、
という段階で一歩踏み出してみて、
自分の力で先に進んでいけるかどうか。

それが将来得られるリターンの大きさを
決めていくのだと思います。

ということで、個別コンサルは、
本日24時で新規の募集を締め切ります。

■個別コンサルティング詳細

http://

※こちらはメルマガでのみ募集しました。

何か疑問や質問がある方は、
事前面談で遠慮なくご質問くださいませ。

今から冬のセールの準備をして、
この冬はこれまでとは一味違う成果を出しましょう。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

「常識」レベルの知識でも差別化できます。(第499回)

※2016/4/18の記事です。

こんにちは、エスノです。

先日発生した熊本の大地震で
被災された方々にお見舞い申し上げます。

離れた土地で生活する私が出来ることは
極めて小さいのですが、こういうときこそ
何よりもまず落ち着いて、錯綜する
大量の情報の中から適切なものを選択し、
ご自身とご家族の身の安全を再優先に
行動していただきたいと思います

さて、土曜は東京で、日曜は博多で
アカデミアのワークショップコンサルでした。

東京の参加者には、
昨年個別コンサルを受講されていた、
青木さんとHさん、そして2月から2ヶ月間
受講されていたKさんがいらしてくれました。

青木さんは何度かメルマガにも登場していますが、
昨年12月~今年3月の4ヶ月間、
月利平均が100万円を超えている猛者です。

Hさんも同じく何度か登場していて、
月利20~30万円を安定して生み出し続けています。

お二人とも出品数は少なく、
ほぼすべての作業をご自身でこなす、
効率的なスタイルで実践されています。

もちろん、出品数は少ないですが、
BUYMA自体は穴が開くほどよく見ていて、
様々な買い付け先にも精通している
という背景があっての成果であることは
間違えないようにしていただきたいです。

しかし、その結果、上記のような成果を
着実に生み出しているのも紛れもない事実です。

Kさんはコンサル開始後に初受注した
ということでメルマガに書かせていただきました。

その後も着実に利益を積み上げ、
先日は在庫販売の商品1点で、
2万円以上の利益を出すことに成功しました。

初受注から2ヶ月経たないうちに
こういう成功体験が出来たのは、
今後にも大きく生きてくると思います。

ご本人はまったく満足していませんが、
この経験から成果の要因を抽出して、
また同じ状況を再現できるようにしていくことで
より大きな成果を生み出すことが出来るはずです。

そんな皆さんで個々で作業をされながらも、
お互いの作業状況や「あるある」な話、
あるいはこれまでの経緯などの情報交換もされて、
主宰者としては少し感慨深いものがありました。

2ヶ月目に入ってきて、
会場の手配や諸連絡の仕方、
あるいは今後のスケジュールなども
ある程度把握できてきましたので、
また来月以降にでも新規募集したいと思います。

興味がある方は気にかけておいてくださいませ。

さてさて本題です。

BUYMAでもっとも重要なのは、
「出品数」でも「人気商品を探すこと」でもなく
「買い付け力」だということは
これまで何度もお伝えしてきた通りです。

ただ、この「買い付け力」も、
かなり幅の広い言葉ではあります。

今日はその中でも割と初歩的だけど、
でも重要なポイントについてです。

例えば、以下のショップについて、

「表示価格に関税・消費税が含まれているか」

あるいは

「決済時に関税・消費税を支払うのか」

というのは、即答できますでしょうか?

・FARFETCH

・MATCHESFASHION

・MYTHERESA

・net a porter

・saks fifth avenue

・ショップA

※このショップはメルマガ登録特典でお伝えしているショップです。

割と誰しも知ってるショップなので、
分かる方はすぐ分かってしまうと思います。

(分からない方、怪しい方は、
ぜひすぐに確認しましょう。)

もちろん、これを「知っているだけ」では
大きな差別化にはなりませんので、
他のショッパーより優位になるということはありません。

しかし、こういう「常識」レベルの情報でも、
ちょっと違った角度から検証すると
一歩抜きん出るような成果を得られることもあります。

「BUYMAあるある」の最たるものである、

「ライバルに価格で勝てる買い付け先が見つからない」

という問題があります。

これは基本的にはこれまで紹介してきた

「現地定価を確認することで、
買い付け先を探し続けるかどうかを判断する」

という対応が最も効率的です。

※参考:どのくらい頑張って買い付け先を探すべきなのか。(第360回2015年2月12日)
http://steermylife.com/1182.html

ただ、その中で若干例外的なのが、
リサーチ対象の商品が“革靴”の場合です。

ご存知のように革靴の関税率は
30%と非常に高くなっていて厄介です。

しかしながら、
先ほど書いたショップの中にもある

「決済時に関税・消費税を支払うタイプのショップ」

については、この革靴の関税率が
割安に設定されているケースがままあります。

これをあらかじめ検証して把握していると
たとえば以下のようなケースのときに
少し違った買い付け先の探し方が出来ます。

あるショッパーさんが
“革靴”カテゴリのイタリアブランドの商品を、
92,000円で出品していたとします。

この商品の現地定価を
公式ショップで確認したところ、
600ユーロだったとしましょう。

この表示価格には約20%の
現地消費税(VAT)が含まれているので、
600÷1.2=500ユーロが税抜価格です。

※イタリアなど、国によってVATは、
厳密には20%ちょうどではないですが、
話を分かりやすくするために20%とします。

もし日本に直送してくれるショップが
あったとして、その場合の商品代金と
関税・消費税の金額の合計は、
1ユーロ130円とすると、おおよそ
65,000円+16,000円=81,000円です。

もし送料無料だとしても、
BUYMAの決済手数料(7.56%)を考えると
約88,000円から利益が出ることになります。

つまり、この買い付け費用から考えると、
ライバルの出品価格はちょっと安すぎるわけです。

(送料無料というのもなかなか珍しいですし。)

基本的には、ここまで計算した時点で

・ライバルは特殊な割引を持っている

・セールの時期ならば、自分の知らない
セール価格のショップを把握している

という仮説を元に、これ以上買い付け先を
探すべきかどうかを判断します。

しかし先ほど書いたように、“革靴”だと
決済時に支払われる関税・消費税が
割安なショップがあるということを考えると、
もう少し買い付け先を探す余地が出てくるわけです。

つまり、自分が把握している、

「決済時に関税・消費税を支払うタイプの
いくつかのショップだけはチェックしてみる」

ということです。

で、意外と関税・消費税込みで、
8万円以下で買い付けが出来るショップが
見つかったりします。

もちろん、こんなに
上手くいくケースばかりではないのですが、
実際に昨日コンサル生に聞かれた商品で
こういうことはありました。

「みんなが知っていること」でも
その使い方によって優位性を生むことは可能です。

ちょっとしたことの積み重ねが
最終的には大きな差に繋がってきますので、
一つの例として覚えておいていただければと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから