ヴァレンチノのクーポンで思い出したアレコレ。(第574回)

※2017/5/10の記事です。

こんにちは、エスノです。

今日は日帰りで岡山空港で
個別コンサルを実施してきました。

コンサルのあとは、ラウンジで仕事をして、
結局空港からは一歩も出ていません笑

そういう話をすると、よく
「大変そう」と言われたりします。

ただ私の場合、日帰りでも構わないので、
定期的にこうやって長距離を移動すると
けっこう気分転換になって良い感じです。

帰りの機内でこれを書いていますが、
空の上だと他にできることがないですし、
到着時間という締め切りもあるので、
集中して作業できるのもいいですね。

ちなみに、現在募集中の
BUYMAアカデミアのワークショップには、
まさにそういう環境があります。

複数人で同じ場所に集まって、
しかもそれぞれが同じビジネスに
意識を集中させている空間というのは
なかなかありません。

ワークショップは3時間ですが、
参加者の集中力が最大限発揮されるので、
毎回本当にあっと言う間に時間が過ぎます。

ひとりで年利1300万円を稼ぎ、
もはや、BUYMAについては
教わることのないはずの青木さんも
特にこの環境を求めて、いまだに
参加し続けてくださっているくらいです。

自営業者あるあるですが、
時間にも場所にも制限のない生活の中で、
己を律して、集中して作業するのって
けっこう難しいんですよね…。

ちょっとした「精神と時の部屋」も体験できる
BUYMAアカデミアの募集は、明日11日(木)
24時までです。

■BUYMAアカデミア詳細

http://

※こちらの募集はメルマガでのみ行いました。

なにか不明な点などあって迷っている方は、
遠慮なくご質問くださいね。

このメルマガに返信する形で送れば
私にメールが届きますので。

さて、昨日からVALENTINOの商品限定で
クーポンが発行されているという話を
前回のメルマガで書きました。

ちょっとビックリしたというか、
もったいないなあと思ったのが、
このクーポンが表示される場所です。

パソコンやスマホのwebブラウザから
VALENTINOの商品のページを見ると、
カートボタンの下にクーポンがはっきり表示され、
これはお客さんの背中を最後にひと押ししそうです。

しかしながら、先日の決算資料で、
すでに取扱高全体の約25%を占める
と発表されたBUYMAアプリの商品ページには
どこを探してもクーポンの表示が見当たりません…。

(正確には、商品ページに出てこないのはiOS版です。

iPhoneアプリだと、下に表示されるメニューの
「YOU」内でクーポンは確認できます。

androidではパソコン、スマホのブラウザ版と同じように
商品ページに分かりやすく表示されます。)

どうも以前から、BUYMA事務局は
こういう細かい対応がいまいち得意じゃないというか、
どこかしらに漏れがあることが多い印象です。

以前メルマガで書いたのですが、
スマホから商品画像を見ると、
正方形で作られていない画像については
端が切れて表示されてしまっていたので、
それを直してほしいと事務局に伝えたところ、
それはすぐに対応してくれました。

しかしながら、あとからいろいろ調べたところ、
対応されていたのはiPhone plusシリーズだけで、
iPhoneシリーズでは端が切れて表示されたままだった
ということが分かりました…。(android未確認)

(私はiPhone 6s plusなので、本日時点で、
iPhoneシリーズがどうなっているかは確認できてないです。

もしすでに対応されていたらごめんなさい^^;)

「なぜplusで対応しておいて…!」
と不思議で仕方なかったですが、
もうそういう運営者だと思うしかありません。

なので、なにかシステム的におかしいな、
と思うことがあったら、こちらから積極的に
事務局にお知らせした方がいいと思います。

事務局が気付かないうちに起きている
謎のエラーとかけっこうあるはずです。

とりあえず、画像については、
手間の掛かりすぎない範囲で、
正方形に調整しておいたほうがよさそうです。

ところで、VALENTINOで思い出しましたが、
VALENTINOを色んなショップで見ていると、
取り扱いブランドの中に、「VALENTINO」の他に
「VALENTINO GARAVANI」というブランド名が
出て来る場合があります。

ちゃんとした定義は正直知らないのですが、
これまでたくさんのショップを見てきた上で言うと、
「VALENTINO」と「VALENTINO GARAVANI」を
分けているショップの場合、前者には洋服、
後者には靴やバッグなどを割り当てています。

なので、VALENTINOの靴やバッグなどの
買い付け先をキーワード検索するときには、
「VALENTINO」と「VALENTINO GARAVANI」の
両方を試してみたほうが良かったりします。

たとえば、VALENTINOに
「MW0B0122CAS」という品番のバッグがありますが、
「VALENTINO MW0B0122CAS」と
「VALENTINO GARAVANI MW0B0122CAS」とでは
Google検索の結果がかなり違うのが分かると思います。

(ぜひ実際にやってみてください。)

ちなみに、この品番については、
今私がちょっと検索したところでは、
最終的に出てくるショップには、
そこまで大きな差はありませんでした。

ただ、この現象をこれから先の検索でも活かして、
毎回「VALENTINO」と「VALENTINO GARAVANI」
の両方で検索していると、たまに片方の検索のときにだけ、
すごく良いショップに巡り会えたりします。

こういうちょっとした「念のための作業」で
あとひと手間かけてみるのは意外と大事です。

「疑い過ぎでは?」と思っても、
その作業に手間がそこまで掛からないのなら
ぜひ常にやってみてください。

そういう細かい作業の積み重ねが、
多くの人が知らない知識や体験に繋がり、
いつしか大きな差になっていきます。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAで今週もおもしろクーポン出てますよ。(第573回)

※2017/5/10の記事です。

こんにちは、エスノです。

現在BUYMAから面白いクーポンが出ています。

https://www.buyma.com/special/ladies/valentino/
※編注:記事配信時点ではクーポンがありました。

今回はVALENTINOの商品限定のクーポンです。
(50,000円以上の商品3,000円OFF)

また、明日からはサンダル用のクーポンも。

http://buyersinfo.buyma.com/?p=57054

先日も書いたように、対象商品の問い合わせの際に
お客さんに必ず案内するようにしましょう!

最近のBUYMAは、
「ショッパーにも予告なしクーポン」を
発行する傾向にあります。

なので、今週もまた何かあるかなと
アンテナを張っていたら案の定でした。

「過去の傾向からこうだ!」と
思い込みを強めすぎてもダメですが、
かといって、まったく気にしないでいるのも
もったいないことになってしまう可能性があります。

しばらくは毎週新しいクーポンが出ていないか
ちょっと気にしてみるといいかもしれませんね。

さてさて本題です。

今日は青木さんと、またまた
対談の音声を録ってきました。

今回はゲストとして、何度かメルマガでも
紹介したことのあるコンサル生のKさんこと
高野さんにもちょっと喋っていただいています。

配信までは少しお待ちくださいませ。

その対談の前に青木さんから、
昨日の私のメルマガの内容について
ちょっと質問をいただいたのですが、
少し誤解を受けそうな内容だったことに
気付いたので、ちょっと補足しておきます。

昨日のメルマガの趣旨としては、

「買い付け力」というのは、
具体的なショップの探し方などのスキルや
テクニック的なものはもちろんのこと、

それを出来るだけ短い時間の中で
最大限発揮するための思考力・判断力なども含むよ

ということでした。

結局、いくらスキルが高くても、
限られた時間の中で、それを
しっかり発揮できなければ、
宝の持ち腐れになりかねません。

ただ、これをいきなり出来るようになるのは、
やはり難しいことでもあります。

昨日登場していただいたYさんも、
初めは時間を掛けながら、探し方の
手順や気を付けるべきポイントを
丁寧に辿って基礎を身に付けていきました。

そのベースとなるスキルをもって、
昨日挙げた人気商品については、
かなりちゃんと探し尽くしたあとだったわけです。

なので、改めてゼロから探し直すのは、
おそらく時間対効果が悪かろうという推測が
そこまで的外れなものではなくなります。

最初のうちから、
ちゃんと漏れなく探せるスキルがある人も、
「結果的には無駄になってしまう作業」を
あらかじめ回避して時間を使わなくて済む人も
なかなかいません。

最初のうちはすったんばったんしながら、
あれこれ試行錯誤していく中で、少しずつ
効率よく作業をしていけるようになります。

そこはこれまでメルマガで書いてきた通りなので、
引き続き地道に頑張っていきましょう。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

「買い付け力」とはスキルだけの話じゃない。(第572回)

※2017/5/9の記事です。

こんにちは、エスノです。

今日は北海道在住のYさんの
個別コンサルでした。

Yさんは、通常の個別コンサルから、
BUYMAアカデミアの一番始めから
パーソナルコースに参加されて、
もう丸一年経ちます。

今日のスカイプで、たまたま直前に、
Yさんが出品する人気商品に問い合わせが
来たので、それについて一緒に検討しました。

その商品は人気はかなりあるものの、
すでにあちこちで完売になっていて、
今回お客さんが求めるサイズについては
特に現在高い買い付け先しかない
という状況でした。

そんな商品なので、すでに買い付け先は
Yさんとしてはかなり探していたものの、
改めてちょっと何かできることはなかろうか
とチェックしていたわけです。

そうすると、まず同じお客さんが、
別のショッパーさんに問い合わせしている
ということが分かりました。

また、そのライバルショッパーさんは、
Yさんよりも5,000円安い価格で出品していて、
現在Yさんが把握している買い付け先では
ちょっと太刀打ちできそうにありません。

「これは困った」「諦めるべきか…」という
感触も漂いますが、そこでぱっと思いついた
「感情」で判断するのではなく、なるべく
ロジカルな思考をもとに次のアクションを
決めなくてはいけません。

方向性としては、

・現在把握しているショップからもっと安く買う

・限定的な方法で、新しい買い付け先を探す

という2つが有り得ました。

いつも書いていることですが、
商品の人気が確かならば、
当然最後は「買い付け」によって
差が付くという典型例でしょう。

今回のライバルの価格は、
Yさんより5,000円安いとは言え、
その商品の「現地定価」から算出される
「最安での買い付け価格」であれば、
なんとか利益の出せる価格でした。

しかし、すでに見つけていたショップは、
送料がちょっと高くて(約6,000円)、
そこをなんとかしないとライバルの価格には
ちょっと対抗できないという状況です。

これについては、そのショップに

「これからその商品を買う前提で、
割引の交渉をしてみる」

というアクションを取ることにしました。

割引がもらえなくても、最悪、送料無料
という条件がもらえればライバルと戦えるので、
そういう方向で話が着地するように連絡します。

一方で、他の送料が安いショップを探す
という選択肢も一応あります。

ただ、先程書いたように、この商品は
かなり人気で反応も良い商品だったため、
すでに買い付け先はあらかた探し尽くした
という感がありました。

なので、ここにきてゼロから改めて
時間を掛けて探すというのも
ちょっとナンセンスなわけです。

こういうときは、

・他のライバル(特に最近出品されたもの)の商品ページに
画像など買い付け先ヒントがないか調べる

・他の人があまりやっていなさそうな探し方をする

というように、検索範囲を絞り込んで、
リサーチするのが効率的です。

今回に関しては、最近この商品に
参入してきたライバルの中には、
特に新しい買い付け先のヒントになるような
目新しい情報はありませんでした。

なので、「他の人がやってなさそうな探し方」を実行です。

今回は、BUYMAアカデミアの
動画ノウハウで紹介している方法で、
この商品を扱っている新しいショップを
上手く見つけることが出来ました。

残念ながら、お客さんの希望のサイズは
なかったんですが、それでもこの商品が
これからも売れる可能性が高いことを考えれば
悪くない収穫だったといえると思います。

結果的には、最初に書いた、

・現在把握しているショップからもっと安く買う

からの

「これからその商品を買う前提で、
割引の交渉をしてみる」

という話が上手くいき、なんと、
10%OFFかつ2個買えば送料無料
という想定以上の条件を得ることが出来ました。

ただ、一番良かったのは、

・予定ショップから安く買える

・他にも新しい買い付け先見つかる

という分かりやすい成果もさることながら、
この一連の作業に、それほど時間が
かからなかったということです。

「買い付けで差が付く」というのは、
その具体的なショップの探し方などの、
スキルやテクニック的なものはもちろんのこと、
それを出来るだけ短い時間の中で
最大限発揮するためにはどうすべきか
という部分まで含まれてきます。

私の場合、毎日コンサル生から、
密度の濃いチャットが来まくるので、
必然的にその部分まで含めてやるのが
ごく普通のことでした。

(じゃないと時間なくなって死んでしまうので笑)

買い付け先を探すのに、いつも時間を
無駄に使っているような気がするという方は、
ぜひ今回の例をちょっと参考にしてみてください。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから