初受注とコンサル生の話。(第489回)

※2016/2/28の記事です。

こんにちは、エスノです。

ちょっと遅くなってしまったんですが、
先週水曜日、24日の夜に、今月から
個別コンサルに申し込んでくださったKさんから、

================================

エスノさん!!!

初受注きました。
あわわわわ、どうしようという感じです。
ちょっと、何からしていいのかわかりません!!

================================

というチャットワークが来まして、
めでたく初受注と相成りました^^

私もBUYMAを始めてそろそろ5年経ちますが、
いまだに初受注の衝撃というか、
受注確定メールに目が点になる感じというか、
あの嬉しいはずなのに血の気の引く感じは
よく覚えています笑

売れた商品は、Kさんがこれまで
ブランドとしても、カテゴリとしても、
ほとんど出品したことがなかった商品です。

サイズによってはライバルには
価格で歯が立たなかったのですが、
ちゃんと調べたところ、ライバルたちが
出品していなかったサイズがあり、
それをお客さんに分かりやすく出品したのが
結果的に良かったようで。

おそらく、他のライバルも
調べれば苦もなく見つけられる、
割とメジャーなショップからの買い付け。

しかし、そういう「隙」を
丁寧に突いて出品したことが
今回の初受注に結びついたわけです。

利益は5,000円いくかどうかですが、
「受注できた」という経験、あるいは、
今までに出品してこなかった、ブランド、
カテゴリで成果が出たというのも
今後の展望が拓ける材料になると思います。

ここからが本当のスタートなので、
引き続き一緒に頑張っていきたいところです。

さて、今回の受注は、
初回のスカイプコンサルから9日後、
その商品を出品してからは6日後のことでした。

実はKさんは昨年11月のBUYMA開始以来、
約3ヶ月掛かっての初受注で、しかも
他の方が運営するBUYMAのコミュニティに参加したり、
ツールを使って人気商品をリサーチしたりして、
割と苦しみながら活動してきたがゆえに、

================================

こんなに早く受注できるとは思っていなかったので本当にびっくりしました。
エスノさんのおかげです。
どうもありがとうございます!!

================================

という言葉もいただいたのですが、
これは私のおかげではありません笑

これは謙遜でも何でもなくて、
実際、何をやるべきなのかというのが、

“具体的に”分かっていなかっただけ

という話です。

今回で言えば、ブランド、カテゴリで
新しい場所に目を向けたこと、
サイズ違いで隙があればそれを突くこと、
そのための買い付け先の探し方など、
その程度の話です。

もちろん、それを直接伝えることができた
という意味では貢献できているんでしょうが、
その前提となる知識がすでにあったからこそ、
私が伝えたことをすんなり作業に移せているわけで、
そういう意味では現時点での私の貢献度は
たかが知れています。

時間は掛かったかもしれませんが、
Kさん自身は頭の回転も早く、
PCの作業にも慣れていて、
おまけに英語まで話せますから、
続けていれば間違いなく受注はしていたでしょう。

ただ、そうは言っても、

“具体的に”何をやるべきなのか

というのが分かっていないからこそ、
成果が出ない、伸びないと悩んでいる
そういう方はおそらく多いんだと思います。

私もそれは理解しているからこそ、
今まで個別コンサルという形式で、
スカイプの画面共有や、あるいは
対面でのコンサルを通して、目の前で
一緒に人気商品を選び、買い付け先を探し、
出品したあとのメンテンナンスをし、
問い合わせにどういう対応をすべきかを
考えたりしてきたわけです。

しかし、先日も書いたように、
現実的に個別コンサルという形式では、
私が受け入れられる許容量が
あまりにも限られています。

かと言って、大勢を集めて
セミナーのようなものを行うのも
個人的にはちょっと違う気がしています。

結局、同じ情報を発信しても、
受け取る側によって、その価値は
大きく変動してしまいます。

もしセミナーで伝えた内容が
すべての受講者に等しくインプットされるなら、
さまざまな受験予備校の東大クラスの生徒は、
もっと東大に合格していないとおかしいわけです。

発信された内容を、いかに
今の自分の状況に落とし込んで、
生かしていくかという作業は
意外とハードルが高いです。

発信されたものは一緒でも、
それは各々が実践する中でしか、
自分のものとして身に付かないために、
結果には大きな差が生まれてしまいます。

セミナーを本当に上手く出来る人は、
セミナーで伝えた内容を、受講者が
それぞれ個別の状況に合わせて活用するところまで
伝えることも、おそらく可能なんだと思うんですが、
少なくとも今の私にはハードルが高いです。

ちょっと逸れましたが、大事なのは、

「今の自分にとって“具体的に”必要なもの」

です。

これは、BUYMAで言えば、
買い付け先の探し方について、
通り一遍の「画像検索しましょう」
「キーワード検索しましょう」とかではなく、

「どのライバルのどの画像を使って検索すべきなのか」

「どのショップのどのキーワードを拾って検索するのか、
あるいは、必要なキーワード自体はどうすれば探せるのか」

というレベルの「具体性」です。

要するに、

「利益を出せる人がどんな考え方の元で、
どのレベルまで丁寧に作業をしているのか」

というのを、受け取る人それぞれの
ステージに応じて伝える必要があるということです。

それにはやはり、
一人ひとりに個別に対応していくのが
最も効率がいいと思います。

しかし、個別コンサルでは限界がある。

じゃあどうしたらいいか。

ということで考えた結果、

一つの場所に集まってもらって、
作業してもらいながらコンサルをする

という、まったく斬新さの欠片もないところに落ち着きました。

斬新さはないですが、これなら
一度に見ることが出来る人数は増やしつつ
やりたいこともやれます。

今回重視しているのは、「コンサルの頻度」や
「継続的かつ細やかなフォロー」ではなく、

「自分は今、何をどのくらいまでやればいいのか」

というのを伝えることです。

おそらく多くの方は、
それまでの作業がどれだけ盲目的で、
不完全なものだったか分かると思います。

時間や手間に換算すれば、
ほんの少しのことなのですが、
「ちゃんとやり切れている人」というのは
これまでの経験上、けして多くはないです。

ということで、ざっくりですが、
来週からそういうのがメインのサービスの
新規募集を行います。

今までより多く見ることが出来る
とはいっても、100人とかは無理なので、
数十人という規模です。

あと、その上位プランとして、月1回の
個別コンサル付きのコースも開設しますが、
こちらは、まずはこれまで個別コンサルを
受けたことがある方向けに募集します。

個別コンサル終了後のフォロープラン
という感じですね。

今までも結構ご要望いただいていたので
今回ちょうどいいタイミングということで作ります。

だいぶ話がゴチャゴチャしていますが、
来週ちゃんとまとめてお伝えするので
興味がある方はしばしお待ちくださいませ。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

BUYMAで月利100万を達成する人に共通すること。(第485回)

※2016/2/2の記事です。

こんにちは、エスノです。

早いもので今年ももう
1ヶ月終わってしまいました…。

これを12回繰り返すと来年です。

そう考えると恐ろしいですねえ。

さて、月の変わり目ということで、
コンサル生から成果の報告をいただいています。

なんと、先日メルマガで紹介した、
元コンサル生の青木さんに続いて、
月利100万円達成者がもう一人現れました!

以前から何度かメルマガでも
紹介しているTさんという方です。

しかし月利100万円超えって、
ホントに凄いですね…。

しかもこのTさんも、青木さん同様、
ほとんどすべての作業を一人でやっています。

(会社はすでに辞めていて専業ではありますが。)

以前も書きましたが、二人とも
BUYMAのプレイヤーとしては
完全に私を超えてます笑

今日はそういった成果を
いくつかご紹介しつつ、彼らが
頭一つ抜きん出た成果を出せた
その秘訣について考察してみます。

まずは、昨年5月末から、
3ヶ月間受講された元コンサル生のEさん。

コンサル期間中に初めて月利30万を超え、
コンサル終了後の9月に
二人目のお子さんをご出産。

その出産日が、BUYMAの
クーポンの有効期限の日だったために、
出産当日も問い合わせ対応をして、
さらに出産数時間後には、もう
病室で活動を再開していたという
なかなかの逸話の持ち主です^^;

母は強いと言いますが、
その言葉をまさに体現されてます笑

そして、乳飲み子を抱えたそんな中、
12月は月利で30万円、1月は、
過去最高の45万円を達成したとのこと。

特に1月の取引件数は17件と、
かなり利益単価が高くなっていて、
効率よく成果を出せたようです。

あるいは現役コンサル生のYさんも、
昨年夏にBUYMAを始めて、先月は、
過去最高の月利40万円を突破しました。

まだまだ雑な部分も多いのですが、
毎月右肩上がりに成果を伸ばしていて、
現時点ですでに11月から申し込まれた
3ヶ月分のコンサル費用以上の利益を
生み出しています。

では、こういった事例に加えて、
先日の青木さんや先ほど挙げたTさんなど、
突出した成果を出す方にはどんな傾向があるのか?

まず分かりやすいひとつめの要素として、

「在庫販売を上手く取り入れていること」

が挙げられます。

さすがに、1件あたり数万円という
高利益の取引を、無在庫ばかりで
“継続的に狙って”生み出すのは難しいです。

商品の需要と供給をしっかり把握して、
最適な価格を探りながら、なるべく
高く売っていくことが重要です。

(ちなみに1回の取引で5万円以上
みたいな大物になってくると、今度は
逆に無在庫の割合も増えてきます。

先日も元コンサル生のRさんが、
1件で9万円の利益を出していましたが、
これは無在庫販売でした。)

そしてもうひとつの共通項として、

「それぞれ何らかの『強み』を持っていること」

というのが挙げられます。

たとえば、先ほどのEさんの場合は、
海外在住という「環境」と「得意なブランドがあること」、
「馴染みの買い付け先」という強みがあります。

Yさんの場合は、とにかく、
自分が得意なブランドに対して
どんどん深掘りしていっています。

今はもう少しだけ視野を拡げるのが
今後を見据えた課題ではあるのですが、
現在の成果を支えているのはまずそれです。

Tさんは、複数のブランドにおいて
定番商品をよく把握していて、
それらを上手に出品しています。

出品数も私のコンサル生にしては
比較的多い方です。

(それでも数百件というレベルですが)

そして、青木さんは、
自分の得意な買い付け先については、
他の追随を許さないほど精通しています。

またライバルのチェックについても
余念がありません。

マークされるライバルが可哀想なくらいです笑

ただ価格競争されるくらいならまだマシですが、
青木さんはライバルの買い付け先を徹底的に
調べ上げた上で、自分が一番高い利益を
取れるように、在庫を買い占めたりするので、
正直手に負えないと思います。

こういった「独自の強み」というのは、
今回の4名に限らず、成果が出せるときには、
必ずそこに存在しているものです。

結局BUYMAという一つの場所で
多くの人が商売をしている以上は、
何らかの要素で差別化できないと、
他より抜きん出た成果というのは
生まれようがありません。

じゃあ、どうやって「独自の強み」を
生み出して差別化していくのか。

実は結構単純で、「掛け算」がその答えです。

たとえば、Eさんは、

「海外在住×得意ブランド×馴染みのショップ」

Yさんは、

「得意なブランド×そのブランドの買い付け力」

Tさんは、

「売れ筋商品の知識・経験×出品数」

青木さんは、

「在庫販売のスキル×馴染みのショップ」

みたいな感じです。

けっこうざっくり書いているので、
ご本人たちからは
「そんな簡単にまとめるな!」
と言われそうですが笑

ただ、発想としては、
こんな感じで「強みの掛け算」で、
自分が独擅場になれる土俵が作れます。

もちろん、基本的なスキル、
たとえば、価格の設定をするにしても、
ライバルの状況をちゃんとチェックするとか
そういうのはみんなちゃんと出来ていて、
その上での話です。

それが出来ていないと、たとえば、
安い買い付け先を知っていたり、
出品作業を手伝うパートナーがいたり、
というような、「独自の強み」に
なり得る要素も、最大限効果を発揮できません。

今ではそれぞれ、
独自の強みをもって活動していますが、
最初からそうだった方は一人もいません。

すべて地道な積み重ねの中で
「あれは上手くいった」「これはダメだった」
という実践と検証の繰り返しから
各々が自ら掴み取ってきたものです。

もし今現在、物理的な制約が
それほど大きくないのに、
30万円前後で利益が伸び悩んでいる方は
今回の内容を、ちょっと意識してみると
良いのではないかと思います。

現時点で月利30万円には
届かないという方の場合は、
まずは基本的な部分を身に付けて
それをきっちり継続していくのが大事ですね。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

その価格は「実際に売れた価格」なのか。(第483回)

※2016/1/30の記事です。

こんにちは、エスノです。

昨日日銀から追加の金融緩和策として、
マイナス金利の導入が発表されました。

それを受けて為替市場は、
各通貨ともに一気に円安に
大きく動きました。

その後少し戻していますが、
いずれにせよ先週の円高の底の時点で、
現地買い付けできたのはラッキーだった
としか言い様がありません^^;

特にユーロ/円、ポンド/円は
上にも下にも動きやすい環境が
ずっと続いていますから、
出品価格のチェックは
こまめにしたいところですね。

さて、先日のメルマガで、

「人気順が上位だからと言って、
売れる可能性が高いとは絶対に言えない」

ということをお伝えしました。

人気順で上位にいる商品は、
ぱっと見ると、アクセス数や
ほしいもの登録数が多く、
「売れる可能性」も高いように
見えてしまいます。

ただ、そこで一歩突っ込んで
販売履歴までちゃんと調べてみると、
意外と実際には売れていない
ということもけっこうあります。

特に人気のブランドだと、
その傾向がより強いので、
特に在庫を持つときなどは
注意しないといけません。

そして今回は、
前回に付随する話です。

今、人気順で上位にいる商品が、
その出品者の販売履歴にも表示されていて、
間違いなく実際に売れたことがある
と分かったとします。

そして、自分がその出品者の表示価格より
安く買い付けが出来るショップを見つけたとします。

しかし、実は、ここでもひとつ
気を付けるべきことがあります。

それは、

「人気順で上位の商品の『現在の価格』が、
『実際に売れた価格』かどうかは分からない」

ということです。

ライバルの現在の出品価格に
勝てる価格で出品できたとしても、
それが売れる金額かどうかは分かりません。

なぜなら、価格は、
出品者が常に変更することができるからです。

たとえば、元々買い付けをしていた
価格の安いショップの在庫が売り切れ、
仕方なく価格の高い別のショップから
出品し続けていたりすることがあります。

具体的に言えば、当初
5万円の買い付けで6万円で販売していて、
それが在庫切れになったために、ほかの
6万円で買い付けできるショップから、
7万円で出品し続けているような状況です。

売れる可能性はかなり下がりますが、
それでも出品を取り下げるよりはマシ
ということですね。

あるいは、私もよくやるのですが、
特に在庫を複数持っている商品などは、
その商品が売れたあと、
価格を上げてしまうことが多いです。

なぜそんなことをするかというと、
売れれば人気順が上がるので、
基本的にはアクセスは集めやすくなります。

そうなれば、お客さんに対して、
価格を一番の訴求要素にせずとも
「手元に在庫あり」ということで、
多少高く買ってもらえる可能性が高まるので、
当初より価格を上げて少し利益を上乗せしようと
目論んでいるわけです。

これが、

「人気順で上位の商品の『現在の価格』が、
『実際に売れた価格』かどうかは分からない」

という言葉の背景にある現象です。

これも特に気を付けなければいけないのは、
やはり在庫を持つときです。

要するに、人気順で上位の商品の
「現在の価格」だけ見て在庫を持つかどうかを判断する
ということは、前回の内容との合わせ技で
かなりリスクが高いと言えます。

じゃあどうすればいいかいうと、
これは結局、ライバルを日々よく観察して、
出来るだけタイムリーに「いくらで売れたか」を
把握するようにするしかありません。

商品が売れたかどうかというのは、
各ブランドの「最近売れたアイテム」に
出現するか、その商品の人気順が
一気に上るか、あるいは、販売個数が
1つ減ったかなどで分かります。

ただいずれにしても、
そもそもいくらで出品していたのか、
人気順でどのあたりに位置していたのか、
あるいは、販売個数を、そもそも
何個に設定していたのか、などが
把握できていないと比較しようがありません。

そういう数値なり状況なりを把握するには、
「日々観察する」しかないわけですね。

あるいは、実験的に、
自分で出品してみて検証する
というのも有効です。

なにせ、自分が出品していれば、
いくらで出品していて、アクセスは
どのくらいの期間でいくらくらい集まって、
ブランド内ではどんな人気順なのか、
というのが全部確実に調べられますので。

「自分は在庫を持たないから関係ない」
と思う方もいるかもしれませんが、
実際に在庫を持つかどうかにかかわらず
着眼点としては重要なポイントなので、
ぜひ意識してみて欲しいと思います。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから