メルマガ:BUYMA(バイマ)ハイブリッド販売戦略

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

BUYMA中級者が陥る「売れるけど作業に追われて時間がない」対策。(【第35回】2013年9月10日)

こんにちは、エスノです。

BUYMAである程度稼げるようになってくると、
多くの人が抱え出す問題があります。

それは、

「バイヤー活動に時間を取られ過ぎる」

ということです。

ちゃんと人気商品を出品できるようになり、
かつそれなりの出品数を維持していると、
まずお客さんからの問い合わせが増えます。

在庫はあるか、サイズのアドバイスが欲しい、
こういった定番の質問もひとつひとつは大したことはないですが、
数が増えてくるとなかなかに骨が折れます。

もちろん受注したあとは、ざっくりですが、

買い付け→荷物の進捗管理→その進捗報告→検品・再梱包・発送

というような作業が発生しますので、
これも単純に数が増えてくると骨です。

また、数が増えれば増えるほど、
配送中のトラブルとかの発生件数は当然増えますので、
その対応とか進捗を見守ったり報告したりすることが、
けっこう心の負担になったりします 笑

こうなってくると、売れなかった頃は
「たくさん売れて欲しい!」と願ってやまなかったはずなのに、
売れたら売れたで、「こんなに大変なんて(涙」
と涙で枕をぬらす羽目になりかねません。

実際にこういう人はけっこういて、
僕が今年の夏、全国ツアーの合間を縫って行った、
BUYMAの相談会の中でも何度も悩みとして出た話です。

その中で、みなさん共通してまずかったのが、

「作業やお客さん対応に追われていて、
 そもそもの原因の分析や対策に手が回っていない」

ということです。

昨日の内容とも少しかぶりますが、
同じことを続けている限り、
同じような結果しかえることは出来ません。

「時間に追われている今」に何か手を施さない限り、
「時間にゆとりのある未来」は絶対に訪れません。

ということで、1日2時間程度で、
超効率的に月30万円の利益を出す僕の考え方を
明日はちょっと紹介していきたいと思います^^

ではではー。

エスノ

p.s.
記事タイトルをクリックすると、コメントを残すことが可能です。
メッセージを送ることもできるので、BUYMAに関する質問をはじめ、
ご意見・ご感想など送っていただけると嬉しいです^^

■メルマガの登録はこちらから!

1日2時間、100品以下の少ない出品数で月利30万以上を稼ぐ、
圧倒的に低燃費かつ高効率な独自のBUYMAノウハウについて、
ほぼ(?)毎日書いています。

メルマガに登録して、以下の4つのプレゼントを受け取ってください^^

■日本に直送してくれるshopstyle未掲載のイタリアセレクトショップ
■レポート:初心者に伝えたい、関税込みの3つのショップについて
■レポート:買い付けにオススメのクレジットカード
■レポート:外注化、はじめの一歩


下記のフォームからお申し込みいただくと受け取ることが可能です!

◆お名前(ニックネームで登録可)


◆メールアドレス(Gmailなどフリーメールで登録可)


 ※いつでも解除可能です。

コメントを残す