BUYMAでもっとも気を付けるべきこと。(第142回2014年3月12日)

こんにちは、エスノです。

今日はちょっとBUYMAで
気を付けておきたいことについてです。

最近、読者さんからいただいたメールで、
送り届けた商品がBUYMAの鑑定サービスに
提出されたという話がありました。

実は私も、2年ちょっと前に、
同じ状況になったことがあります。

結論から言えば、この読者さんは
アカウント停止になってしまいました。

偽物を販売していたわけではなく、
それどころかあるブランドの正規の
オンラインショップから購入したもの
だったにもかかわらずです。

お客さんが商品に疑問を持った理由は、
BUYMA上の商品写真と実物とにちょっとだけ
違う部分があったためです。

あとでショップに確認したところ、
それはそのブランドの定番モデルが
シーズン代わりのときにちょっとだけ
デザインをチェンジしたからでした。

ということを、購入時のレシートや
ショップからの返信メールを送って、
しっかりと説明したのですが、

「商品がBUYMAの鑑定の基準に達していない」

という理由でアカウント停止になってしまったのです。

すごく理不尽な話に聞こえますし、
実際ここまでちゃんと対応するバイヤーを
ダメなものはダメという姿勢で、
ばっさり切ってしまうのはどうかと思います。

ただ、せっかくいただいた情報なので
ここから何かを得て教訓としたところです。

ちなみに、
私が鑑定サービスに提出された時も、
危うくアカウント停止になりかけたが
なんとかそこから状況を覆して難を逃れた
というのは以前書いたことがある通りです。

まず、鑑定サービスについてですが、
私の時もこの読者さんも正規品でしたが、
基準を満たさないというジャッジをされました。

要するにこの鑑定サービスは
商品の「真贋を見極めた」とは言っていません。

そうなってくると、

「出来るだけ鑑定サービスには出されないようにする」

というのが最善の防御策になってきます。

そのためには、

・お客さんにはとにかく
不信感を与えないようにする。

→こまめに連絡を入れる、検品をちゃんとする、
レシートを入れて欲しいなどの要望にも
出来るだけ応えていく。

・商品を届けたあとのお客さんの希望にも
可能な限り対応する。

→細かい傷やこすれのため返品したいなど、
出来る限り対応していく。

こういったことが重要です。

前者は当たり前のことですが、
そういうことこそ徹底して
気を付ける必要があります。

今回の読者さんも、検品のときに
写真と違う細部に気付かなかった
ということがそもそもの始まりで、
私のときも、レシートの同梱を忘れたことが
鑑定サービスへ提出されたきっかけでした。

後者は、あまりにも
バイヤーが不利な気がしますが、
実際に起きる可能性としては数%もありません。

仮に返品を受けたとしても、
手を尽くせば最悪多少の赤字で
売りさばくことは可能なはずです。

短期的な利益を追い求め、
ムリヤリお客さんに商品を押し付けて
結果的にアカウント停止になってしまっては
元も子もありません。

ときには腹を括り
返品を受けるということも必要です。

またお客さんとのやりとりで
「なにか変だ」と感じたら、
過去の取引履歴などを考慮して
思い切って取引しないという
判断をするのもありでしょう。

いきなり大量の注文を入れてきたり、
話が二転三転したりするタイプのお客さんは
アクシデントが起きる可能性が高いです。

もちろんその見極めは難しいのですが、
君子危うきに近寄らず、というのは
身を守るための最大の防御策に違いありません。

しかし、こちらがいくら気を付けても
そういうサービスがある以上は、
それをお客さんが利用してしまう可能性は
残念ながらゼロにはなりません。

そう考えると、他に有効な対策としては
バイヤーとしての評価をたくさん稼ぐ、
つまりBUYMAにたくさん貢献しておく
ということも考えられます。

結局、BUYMAにとって有益なバイヤーは
よほど悪質でなければ、BUYMAとしても
ちゃんと活動を続けて欲しいはずです。

実際に私とこの読者さんの最も大きな違いは
その時点での取引件数にあったと言えるでしょう。

私は当時すでに150件くらい取引があり、
「不満」評価はひとつもなかったのですが、
この読者さんはそこまで実績はありませんでした。

BUYMAに貢献したという実績があれば、
私のようにアカウント停止になりかけても、
なんとか復活することが出来るのでは
というのが現在の私の見解です。

また、実績を作った上で、
それを活かしきるだけの交渉力も
最終的には必要になります。

取引を重ねれば重ねるだけ
鑑定サービスに出されかねないわけで、
そういう意味では大きな矛盾を孕んでいる気がしますが、
BUYMAでやる以上はその矛盾をなんとか飲み込んで
やっていくしかありません。

基本的には、
こういう状況はそれほど多くない、
というかほとんどありません。

ですが、起きた時のリスクの大きさ、
またほとんどないからこその対応の難しさがあるので、
頭の片隅にはいつも入れておいてくださいね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

バイヤー活動の禁止事項!(第80回2013年1月6日)

こんにちは、エスノです。

昨日クレジットカードについて
ちょっと触れました。

書きながら思ったのが、
もうちょっと詳しくまとめたほうが
いいんじゃないかということです。

ということで、
現在レポート形式にまとめてます笑

明日、明後日くらいにお届けできる
と思いますので、ちょっとお待ちください^^

今日は、
超長期の正月休み明けの月曜ということで
かなり陰鬱な思いで会社に行かれた方も
それなりに多いのではないでしょうか。

郵便局に行ったら、休みの間に
用事を済ませられなかった人たちが
窓口に長蛇の列を成していました。

郵便局で20分も並んだのは初めてです^^;

こういう状況に遭遇すると、
スマホってホントにありがたいと思います。

並びながら、ちょっと文章書いたり、
お客さんに返信ができたりするので、
並ぶ時間が無為な時間になりません。

さて、今日、
BUYMAで久々に出品しようとしたら、
こんなページが出来ていることに
はじめて気付きました。

■出品を禁止されている買い付け先について

http://qa.buyma.com/sell/4007.html

■バイヤー活動における禁止事項

http://qa.buyma.com/sell/4003.html

今までちゃんとまとまっていなかった、
様々な禁止事項が見やすくまとまっています。

最近、またアカウント停止が増えている
という話は以前メルマガでもしたように、
BUYMA側がバイヤーへの監視を厳しくしているようです。

しかし、当たり前ですが、
それは闇雲に停止にしているわけではなく、
あくまで上記のようなルールに則ったものです。

特に「バイヤー活動における禁止事項」は
しっかり読み込んで、抵触しないように
注意する必要がありますね。

ひとつ補足しておきたいのが、
「バイヤー活動における禁止事項」の
「出品時の禁止行為」の5項です。

==================================

5. 著名人の方の写真を含む、使用許可を得ていない写真を使っての出品

==================================

わざわざ赤字で書いてあるので、
嫌でも目に付きますね^^;

基本的には、文章前半の
「著名人の方の写真」が
主な懸念材料になっています。

特に、昨年夏ごろに
「梨花さんの写真を使ってはいけない」
というお触れが出たのは記憶に新しいところです。

そのときは、梨花さんサイドから
肖像権の侵害に当たると、正式に
BUYMA側にクレームが入ったようですね。

現在また梨花さんの写真を使う
勝手に使うバイヤーが増えていますが、
リスクが高いので絶対にやめましょう。

そのほかのタレントさんの写真も、
初出品のときや、あるいはもう少し
実績を積むまでは控えた方が無難かもしれませんね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

アカウント停止について(第60回2013年12月14日)

こんにちは、エスノです。

今日は朝から友達を訪ねて、
博多にやって来ています。

博多はご飯が美味しすぎますね^^

さて最近、BUYMAでアカウント停止になった、
という話が以前より少し増えていると感じています。

実は2年前や昨年の夏頃にも、
同じようなことがありました。

基本的に、全うに活動できていれば、
アカウント停止になることはありません。

アカウント停止になってしまうのは、

・特定のブランドの権利を侵害しかねない商品を販売している
・偽ブランド品を販売している

などなど、BUYMAのコンセプトから考えて、
販売するのを認められないバイヤー
であることがほとんどです。

ひとつめの権利侵害については、
最近BUYMA事務局からもお知らせがあったように、
特にチェックしている部分だと思うので
気をつけたほうがいいでしょう。

ノーブランドなのに、
シャネルのロゴを模したマークが入っている
IPHONEケースなんかが該当すると思ってよいです。

あるいは、最近よく聞くケースですが、
個人から買い付けるのも危ないようです。

amazonやASOSなんかには、個人が出品できる
「マーケットプレイス」というものが存在します。

ここで買い付けていると判断されると、
アカウント停止になることがあるようなので、
これも気をつけたほうがいいでしょう。

また、「偽ブランド品」についてですが、
これは、実際に偽物を販売していなくても、
「BUYMAに偽物だと思われるとダメ」
ということはしっかり認識しなければいけません。

どういうことかというと、BUYMAには
本物かどうかを鑑定するサービスがあるのですが、
これにはBUYMAが独自の基準を設けています。

つまり、本当に本物であるにもかかわらず、
「BUYMAの基準を満たしていない」という理由で、
アカウント停止になってしまうケースがあるのです。

実は、私も一度なったことがあります^^;

お客さんが鑑定サービスに出した結果、
正規品にもかかわらずBUYMAの基準を満たしていない
と言われ、アカウント停止になりかけました。

そのときはちゃんと事情を説明して、
しっかり事務局と交渉した結果、
アカウント停止は免れたのですが、
ちょっと肝を冷やしましたね。

このとき何がマズかったかというと、
偽物が多いブランドの商品だったことに加え、
お客さんが求めていたレシートのコピー、
つまり正規品の証明を同梱するのを
うっかり忘れてしまったことでした。

そのためお客さんは怪しんでしまい、
鑑定サービスを利用したというわけです。

ただ、それまでちゃんと活動していたため、
事務局もアカウント停止にすることはない
と判断してくれました。

ちょっと話が逸れましたが、
やはりグレーゾーンを攻める方法では、
ずっと上手くいくことはありません。

お勧めはしないですし、もしやるのであれば、
こういったリスクは織り込んだ上で、
引き際を想定してやるべきですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

サボってる間も何名かの方がメッセージくださって、
実はとっても喜んでおります(笑)

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから