エスノが完敗したコンサル生の成果(第456回2015年9月30日)

こんにちは、エスノです。

この1週間バタバタしすぎて
すっかりご無沙汰しておりました。

前回は先週、大阪に
コンサルで伺った際に
配信したのですが、
今日は沖縄に向かう
飛行機の中で書いております。

ちなみに沖縄は今日も最高気温33度です。

まさか10月を目前に
再び短パンを履くとは思いませんでした。

なお、那覇空港到着は22時で、
明日の17時の便で帰るので、
沖縄っぽいことは何も出来ません^^;

このメルマガも、
今回のような長距離移動時にしか
書いていないような状況ですが、
コンサルの新規募集などのように
なにかイレギュラーなことをすると、
こんな感じになるのはいつものことです。

また今月はBUYMAのコンサル
以外にも、情報発信のコンサル
も始めていて、いつも以上に
イレギュラーなわけです。

そのうちのひとりAさんは、
BUYMAのコンサルを夏前まで
受けてくださっていたのですが、
なんと今月月利60万円を超えたそうです。

元々今月は50万円を狙うために、
入念に下準備をしていたのですが、
月半ばで状況を伺った時には
40万円台で着地しそうなペースでした。

ただそこから加速して、
一昨日の時点で月利60万円を超えた
というご報告をいただいたわけです。

何が凄いかというと、
この利益額もさることながら、
Aさんは、普通に会社員として働きながら、
副業として実践していて、
作業のほぼすべてを自分一人で
やっているという点です。

そのスタイルを無理なく維持するため
当然のように販売数も38件と少なく、
超効率的に成果を出しています。

ついでに言ってしまえば、
Aさんは“今日BUYMAを始めた方”と
ほぼ同じ条件で活動されています。

それは、
特定のブランドとの卸契約など
特殊な優位性を持ってるわけではなく、
完全にこれまでの知識と経験の
積み重ねだけで差別化している
ということです。

今日BUYMAを始めた方が
すぐに真似できないことと言えば、
以前私も紹介させていただいた
バイヤーズドライブに参加していること、
このただ一点と言っても過言ではありません。

元々AさんはASOSなどの
薄利多売から抜け出せず挫折していしまい、
一度は完全にBUYMAから離脱したこともあります。

それが昨年の夏頃のことですから、
そのときの状況と比較すれば、
現状は本当に驚くべき変化と言えるでしょう。

これまで他のコンサル生も、
単純な月利の金額や、あるいは
ひとつの取引の利益額などで、
私を超える成果を出してくださった
ということは何度もありました。

しかしながら今回のAさんの成果は、
「私以上に私らしい」方法でのもので、
自分の伝えてきたことを
ここまで純度高く実践すると
このくらいの成果を出せるんだなと
嬉しく思うと同時に、言ってしまえば、
「負けたなあ」と素直に舌を巻いた次第です。

感嘆しすぎて思わず
文章が長くなってしまいました。

勘違いしていただきたくないのは、
卸などの特殊な条件を手に入れることを
否定しているわけではないということです。

そういうのがあったほうが、
いいに決まってますし、
楽に成果も出せるでしょう。

ただこの“類稀な成果”が、
“多くの方が実践可能な方法”で
達成されたということは、
いろんな方の励みにもなると思うので、
長々と紹介させていただきました。

ちなみに、
これまで私自身が上げた成果の中で
多少自慢できそうな具体的な例は
あとは、

「販売価格約13万円、利益は
約6万円のハイブランドの商品を、
狙って3つ売った」

ことくらいだと思います。

10万円オーバーで利益率40%以上、
かつ同じ商品を3つ売るのは、
BUYMAではけっこう難易度が
高いと思いますので、ぜひどなたか
チャレンジしてみてください笑

もしすでに達成されたことがある方は
メールでぜひお知らせくださいね^^

さてさて、ここから本題です。

ただ今日の内容は
ちょっと初心者向きなので、
次の言葉の意味が分かる方は、
読み飛ばしてもいいかもしれません。

20%の消費税が含まれている商品の税込価格から
税抜価格を算出するのに、税込価格に80%を掛けてはいけない。

つまり、消費税率20%で
税込価格が1200ユーロの商品の
税抜価格を算出するときに、
1200×(1-0.2)としてはいけない
ということです。

ヨーロッパのオンラインでは
基本的に税込価格が表示されているため、
日本に直送するときの価格を算出する際に、
税抜価格を計算する必要があります。

ただ、そのときに上で書いたような
計算間違いをする方が非常に多いです。

たとえば、日本で10,000円の商品は
消費税8%込みだと10,800円です。

これは言うまでもなく
10,000円×1.08で計算されます。

じゃあ8%上乗せされて
10,800円なのだから、元の
税抜き価格に戻すには、
10,800×(1-0.08)でいいかというと、
もちろんダメなわけです。

実際計算してみると、
10,800×(1-0.08)=9,936円
となって10,000円にならない
ことからもそれは明らかです。

なぜなら、消費税8%は、
税抜価格10,000円に対して
掛けられたものだからです。

10,000×0.08と10,800×0.08の
計算結果が異なることは自明でしょう。

税込価格から税抜価格
を算出するには、

税込価格÷(1+消費税率)

つまりこの例で言えば、

10,800÷1.08

という“割り戻す計算”が必要です。

日本の消費税は
8%とまだ小さいので、
このような計算ミスをしても、
大きな誤差にはなりません。

しかし、ヨーロッパ各国は
だいたい20%前後の大きな
消費税率が一般的なので
特に金額の大きな商品で
この計算ミスをすると、
数字が大きくズレてしまいます。

先程の例で言えば、
税込価格1200ユーロの税抜価格は
1200÷1.2=1000ユーロなのですが、
誤って1200×0.8=960ユーロ
と計算すると40ユーロも安くなってしまいます。

初めにお伝えしたように、
このように計算している方は
本当に多いのでぜひ気を付けてください。

ちなみに厳密に言えば、
イタリアの消費税率は22%なので、
例えば現地で1,220ユーロの商品は
1,220÷1.22=1,000ユーロが税抜価格です。

ただこの「22%」という数字が絶妙で、
ある数値xを1.22で割り戻す計算結果は、
ある数値xに0.82を掛ける計算結果と
ほぼ等しくなります。

1,220÷1.22≒1,220×0.82
ということですね。

(電卓で計算してみてください。)

イタリアのショップの
税抜価格を計算する際に、
“免税率18%”として、
表示価格に82%を掛ける
ことがあるのはこういう理由です。

ということで算数の話を
つらつらと書いてみました。

こういう話をしていると
自分が割合の話を習ったときや
バイトで塾講師をやっていたときに
生徒に割合の計算を教えていたことを
思い出します。

ひとつ言えるのは、
割合の計算を間違えてしまう
というのは、
“教える側の責任が大きい”
ということです。

まあ割合の計算に限らないのですが、
特にこの分野は、同じようなところで、
同じような間違いをみんながします。

そんなことは教える側は
あらかじめ分かっていることなので、
教科書的にさらっと教えるのではなく
少なくとも多くの人が間違える
ものだということを印象付ける
工夫をしなければいけません。

「気を付けなきゃ」と思えるだけで
あとは自分で修正する機会を
手に入れることができますが、
それがないと間違ったまま、
間違ったことに気付くことさえ出来ません。

割合の計算以外にも
こういうのはたくさんあるので
気を付けたいところですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

70万円の商品が売れたりもします。(第450回2015年9月8日)

こんにちは、エスノです。

現在イタリアでこのメルマガを書いています。

…と言いたいところなのですが、
実はまだ中東はアブダビ空港で乗り継ぎ待ちです。

次の便まで時間があるので、
空港の無料wifiを使って配信します。

なんでまだアブダビかというと、
当初予定していた飛行機に乗り遅れてしまい、
急遽同じ日の別の便でイタリアに向かっているため、
こんなことになってしまっています笑

BUYMAの受注後の在庫切れじゃありませんが、
予定していたものが利用できなくても、
試行錯誤(右往左往?)すれば、
被害を最小限に抑えながら、
なんとか目的を達せられるものですね!

乗り遅れた理由はお察しください…。

ところで、出発前にBUYMAから
英語版リリースのお知らせが出ていました。

稼働開始は9月末以降を予定
ということなので、実際に使ってみないと
なんとも言えない部分はありますが、
新しいチャレンジで楽しみです。

英語版をオープンしただけで
すぐに繁盛するということはないと思いますが、
まずは地道に泥臭く展開していけば、
将来有望なのではないでしょうか。

さて、一昨日募集を締め切った
BUYMAの「次のステージ」、

「情報発信で収益を生むビジネス」

の個別コンサルですが、
最後の案内で無事?定員が埋まりました。

事前面談はまだの方もいますが、
それぞれの今後の状況も、
このメルマガでお伝えしていければと思います。

その応募者の一人で、以前
BUYMAのコンサルも受けてくださっていたKさんから
昨日約70万円の商品が売れたという
なかなか衝撃的なご報告をいただきました笑

これ一発で約10万円の利益だそうです^^;

この方は以前もひとつの商品で、
約10万円の利益を出したことがあって、
なんというか意外性とインパクトが凄いですね。

(そのときは計算を間違えていて、
高すぎる価格だったのが逆に功を奏したのですが…。)

私の1点あたりの「記録」は、確か、
売上30万円台、利益6万円台(それぞれ別の商品)なので、
そこだけ比較するとまったく歯が立ちません。

また、最近絶好調のTさんは、
昨日時点で今月の利益が15万円に乗りました。

このまま順調にいけば、私よりも
はるかに大きな成果を出すこと間違いなしです。

お二人とも教えた私の立場も考えず、
これからもどんどん売っていただければと思います笑

でも冗談抜きで、コンサル生が
私の実績を追い越してくれるのは
本当に嬉しいことですし、コンサルやって
良かったなと心から思う瞬間でもあります。

ちなみにKさんは本業がめちゃくちゃ忙しいので、
出品作業を外注さんにお願いしていて、
Tさんは自分だけでワチャワチャしながら頑張っています。

こんな感じで、ある程度基本が固まってくると、
それぞれの環境に応じて、活動のスタイルが
少しずつ違ってきますし、その中にある
パーソナルショッパーとしての“強み”も、
同じように違ってきます。

少し先の話ですが、そういう
それぞれのスタイル、その中にある強みを
何らかの形で発信してもらえれば、
多くの方の参考になるはずです。

今回募集した「情報発信コンサル」の私の狙いは
まさにそういう状況を作るためですね。

今回応募してくださった方には、
出来る早く、しっかり形にできるように
サポート、アドバイスしていきます。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

自信がなくても「今でしょ!」(第449回2015年9月6日)

こんにちは、エスノです。

明日からちょっとイタリアに行ってきます。

ビジネス目的かつ、けっこう
弾丸スケジュールなのですが、
イタリアは初めて行くので楽しみです^^

現地からもいろいろお伝えしようと思います。

さて、先日からBUYMAの
「次のステージ」として、

「情報発信で利益を生むビジネス」

についてお伝えしています。

情報発信というと、いまいち
ピンと来ないかもしれませんが、
要するに、私のようにブログや
メルマガで情報を発信して、
その読者さんたちに有益な何かを提供して
収益を発生させるビジネスのことですね。

前回のメルマガでは

1.収益発生までに掛かる時間とそれまでに具体的にやること

2.自分にできるのか不安、分からない、自信がない

3.いつ始めればいいのか分からない

この3つが原因で、
「新しいステージ」に参加するのを
足踏みしている方が多いことと、
1について詳しくお伝えしました。

1についてはすごくシンプルで、

ブログを書き、ブログの読者さんに
メルマガに登録してもらって、
そのメルマガ上で有益なものを販売する

というのが収益モデルの概要です。

ただこれだけだと、

・どんな記事を書けばいいか分からない

・記事を書き続けられる気がしない

・そもそも本当に読者が集まるのか分からない

・何をどんなタイミングで売っていいのか分からない

などなど、様々な課題が見えてくると思います。

そういう部分について、
私が経験者として出来る限りの
アドバイスをしていくということです。

なお、その後お一人申し込んでくださったので、
定員は残り1名という状況です。

申し込んでくださったお二人は、
ともにBUYMAの元コンサル生で、
私としてもいずれ情報発信して欲しい
と思っていた方だったので、
この決断は純粋に嬉しいです。

数カ月後にしっかり成果を出してもらえるように、
私の知識と経験を全てお伝えしていきます。

では、今回は2、3について、
詳しく書いてみたいと思います。

これは今回の「情報発信を始める」
という話に留まらず、他のビジネス、あるいは、
もう人生全般にも通じる話だと思います。

まず、

2.自分にできるのか不安、分からない、自信がない

ですが、結論から言えば、

「そのままだと自信が持てることなんて一生ない」

ということになります。

実は自信があるかどうかというのは
割と個人の性格上の問題だったりします。

なぜか常に自信満々な人、逆に、
何事においても自信が持てない人、
極端なところだとこういう人がいるわけですが、
私たちはここまで極端ではなくても、
自信を持ちやすい人と持ちにくい人に
大きく分けることが出来ます。

だから「自信が持てるまでやらない」となると、
そもそも自信を持ちにくい人は、
いつまで経っても始められません。

そして「正しい自信」、

「自負」と言い換えても
いいかもしれませんが、

それは、実際にやってみて
初めて手に入るものです。

教員免許取りたての新米教師は、
自信があるから先生になったわけではなく、
そこから先生としての自信を持てるように
努力していくわけです。

それは別に学校の先生に限らず、
BUYMAでもなんでも同じことですね。

というか、そもそも「自信のあるなし」は
「成果が出せるかどうか」とは、
本質的に一切関係ありません。

別に妙な自信がなくても成果は出せます。

自信がないから「作業ができない」
ゆえに「実績が出ない」なら話は通りますが、
実際は「自信がなくても作業はできる」ので、
それは論理的に破綻しているということです。

新米の先生が、上手く教えられる自信がないので
授業できませんと言ったら、たぶんみんな???
と思うわけですが、基本的には同じことです。

「今の自分に自信があるか」という基準では、
何事においても絶対に判断してはダメです。

大事なのは、ただただ

「やってみたいかどうか」

「その先にある成果を手に入れたいかどうか」

まずはこれだけです。

あとは、いつも通り、上手くいくように
地道に努力する覚悟だけあれば、
それ以外は本質的には何もいりません。

少し前に流行ったフレーズで恐縮ですが、
まさに林先生の「いつやるか?今でしょ!」
の精神が大事です。

ただそうは言っても、
じゃあいつ始めてもいいかというと、
「適切なタイミング」というのはあると思います。

たとえば、
私はBUYMAのコンサルをお受けするときに
「直近で毎日BUYMAに使える時間」と
「クレジットカードの利用可能枠」を
伺っています。

毎日7時に出社して終電で帰り、
土日はどちらかしか休めないとか、

カードの限度額が50万円しかないとか、

そういう方に対しては、まずその状況を
改善してからにしましょうとお伝えしています。

何かを始めるには、最低限の
条件が揃っている必要がありますが、
BUYMAで言えば上記のような状況は、
最低限の条件が揃っているとは、
とても言えないわけです。

では、情報発信を始めるにあたって、
最低限必要な条件とは何かというと、

・1日2時間程度の作業時間

・自分の強みを盛り込んだ、有益な情報の提供

この2つだけです。

もしかしたら、本当にこれだけ?
と思うかもしれませんが、
本質的にはこれだけです。

ちなみに勘違いしている人も多いのですが、
「実績の大きさ」というのは、実はあまり
情報発信においては大きな差別化要因になりません。

一般的には、月収10万円の人より、
月収30万円の人、月収30万円の人より、
月収100万円の人のほうが、
ブログもよく読まれてメルマガにも登録されて
いろんな商品も売れそうだと思われていますが、
そうじゃないということです。

もちろん数値が大きいとインパクトがあるので、
目には留めてもらいやすいです。

しかし、目に留まったところから先は、
「読み手が読みたいと思うかどうか」
にすべて掛かっているので、
表面的な実績は大して重要ではないのです。

もし叶姉妹が道を歩いていたら、
まず間違いなく見てしまうでしょう。

でも彼女らが自分のようになれますと言って
いきなり何かを売ってきてそれを買うかというと
普通は買わないわけです。

月収をアピールしまくるだけというのは、
それと同じことですね。

ただし、大きな利益を稼いでいる
ということは、それだけ有益な情報を持っていたり、
多様な経験を積んできている可能性が高いです。

それを上手く伝えられれば、
読み手は読みたいと思うので、
上手くいく確率はもちろん上がります。

逆に言えば、月利10万円でも
それさえちゃんと出来れば問題ない
ということです。

だから私は先日のメルマガで、
応募の目安としては、月利10万円を
“毎月安定して稼げるくらい”とお伝えしました。

それが出来ている人ならば、
「有益な情報」というのはいくらでも書けます。

いやいや、毎月10万円程度じゃ、
出せる情報なんてたかが知れている
と思うかもしれませんが、そうではないのです。

なぜなら、何を有益と思うかは
人それぞれの置かれている状況で異なるからです。

世の中の稼いでいる企業経営者の多くは、
ものすごく税金の話が好きです。

それは、税金をいかに節税するか
というのが、彼らにとっては、
とても有益だからに他なりません。

だから彼らに、新しい節税方法の実例
とかを伝えるとすごく興味を持ってもらえます。

しかし、たとえばBUYMAを始めたばかりの人に
そういう話をしたところで、有益だとは
なかなか思ってもらえないでしょう。

エピソードとしては面白がるかもしれませんが、
「有益」つまり「今の自分に必要」だとは、
感じてもらいにくいわけです。

誰に何を伝えるかが適切であれば、
その情報は必ず「有益」になります。

そこに自分の強みが乗っていれば、
間違いなく自分だけの読者さんが集まります。

その人達に、今の自分が出せる、
「その人達に有益だと思ってもらえる情報」を
提供していけばいいわけです。

さらに言えば、発信する側も、
いつまでも「月利10万円レベル」に
留まっている必要はないわけです。

発信する側、教える側に立つことで、
今まで見えていなかった視点、
持つことのなかった考え方というものに
気付かされることはものすごく多いです。

それが自身のレベルを上昇させて、
さらに価値の高い情報を提供できます。

つまり、自分の読者さんと一緒に
自分自身も成長していくことが出来るために、
「情報を出し尽くしてしまう」ということはありません。

だから始める時点では別に、
月利100万円とか200万円とか、
大きな成果が出ているかどうか
というのは大した問題では無いのです。

もちろん、それをきちんと文章にするための
時間は必要なので、特に初めのうちは
1日2時間程度は時間を取るつもりで
いたほうがいいです。

改めてまとめると、

・「有益な情報」を発信できるであろう
ひとつの目安として月利10万円以上を
毎月安定して稼ぐことが出来ている

・1日2時間程度の作業時間

この2つの条件が揃っていれば、
もういつ始めても構いません。

あとは先ほどお伝えしたような心構えで
思い切って飛び込むだけです。

今回申し込んでくださったお二人も、
別に心の準備ができていたわけではなく
むしろ今も別に出来ていないと思います。

単純に上記のような条件は揃っていて、
なおかつ新しいことにトライして、
現状を打破してさらに視野を広げたい
という気持ちが強かっただけです。

今回の募集はそう思うきっかけには
なったかもしれませんね。

これが、

3.いつ始めればいいのか分からない

に対する答えです。

長々と書いてきましたが、
本日24時で一応締め切りです。

定員3名に対して枠はあと1名あります。

大きな規模ではないですが、
今回応募してくださった方に、
まずは着実に成果を出してもらって、
こういうステージが現実にあるんだということを
今BUYMAを頑張っていてその先を模索しているみなさんに、
しっかり提示していければと思っています^^

■情報発信ビジネスの個別コンサルティング詳細

http://

※メルマガ限定で募集しました。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから