急がば回れはけっこう正しい。(第159回2014年4月1日)

こんにちは、エスノです。

今日からいよいよ消費税8%ですね!

税率が3ポイント上がるというのは、
要するに物価が3%上がるようなものなわけですが
会社員のお給料が同じ比率で上がる見込みは
まったくないというこの不思議。

つくづく大変な時代ではありますが、
だからこそ自分の力で富を生み出すという
オプションを備えておく必要があります。

引き続き頑張って地力を付けていきましょう。

そんな中、私の3月の実績は、
結局230万円ほどで着地してしまいました。

今朝起きたら33万円分の到着通知が来ていて、
もうちょっと早くしていただきたかった!
と心の中で叫びつつも、実際は大して問題ないので
到着通知ではしっかりと感謝の意を表した次第です。

今月は到着分33万円、発送済分が32万円、
受注済みが43万円なので、とりあえず現時点で
100万円くらいはすでに見込めています。

いい加減300万円超えたいところですが、
そもそも現在のすべて自分でやる体制自体を
根本から見直したいこともあるので、
増税後の買い控えも懸念される中で、
どこまで数字を作れるかですね。

まあ引き続き最高の効率を意識して
マイペースにやっていきたいと思います。

さて今日は、コンサル受講生との
スカイプを2件実施しました。

あわせて4時間近く喋ると
さすがにけっこう疲れます笑

そのうちのお一人、Kさんとのスカイプでは、
画面共有という機能を利用しました。

これは、Kさんが
ご自身のPCでリサーチしている様子を
私のPCに共有することができるという
実に近未来的な機能なのです。

(初めてやったのですがけっこう一般的なのでしょうか?)

この機能のお陰で、
Kさんが実際にリサーチをする様子を
リアルタイムで見せてもらうことができ、
その結果、Kさんが意識していなかった重要なポイントを
私がその場で都度指摘することが出来るわけです。

その結果、

・競合も多すぎず、人気商品は多いブランドの開拓方法

・そのブランドの人気商品を例とした、売れる商品の見極め方

・その人気商品から芋づる式に売れる商品を探す方法

などを主に伝えることが出来ました。

ただ単に、このブランドがいいよ、この商品が売れるよ
と「解答」を提示するわけではなく、このように
どんなことを考えながら、どんなポイントに着目して
判断していくのかということを共有していくほうが、
長い目で見た時には間違いなくその人の力になれます。

急がば回れという諺も、
まんざら捨てたものではないわけですね。

この伝えたこと自分のものに出来るかどうかは、
Kさんがそれをどれだけ意識しながら実践するか
に掛かってきますので、ぜひ頑張っていただきたいところです。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

お客さんには1回で決めてもらいましょう。(第155回2014年3月28日)

こんにちは、エスノです。

最近、以前はよく
メールをくださった方からの連絡の頻度が減り
少しさみしい思いをしております。

だいたいの場合、
軌道に乗りだすと連絡が減るんですよね。

便りがないのは元気な証拠とは
昔の人はよく言ったものです笑

まあ私のメルマガの配信時間が遅いのも
いけないと思うんですが^^;

冗談はさておき、
有料でコンサルをやっているからといっても、
引き続き普通に質問などは受け付けてますので
もしそのへんで躊躇してたら遠慮なくどうぞ。

もちろん、最近購読し始めた方も、
気軽に送ってくださいませ。

さて、昨日のメルマガで、
コンサル受講者のTさんの話をしました。

問い合わせいただいたお客さんに対して、
いろいろ頑張ったけど、最終的には
他のバイヤーさんのところで購入してしまったようだ、
というところで話が終わったのですが…。

なんと今日になってお客さんが戻ってきて、
見事Tさんの初受注となりました^^

コンサル開始から約2週間、
初受注まで本当に苦しかったと思うのですが、
3月中になんとかひとつめが売れて本当に良かったです。

当然、ちゃんと商品をお届けするまで
気を抜くことは出来ません。

また、ここからが本当のスタートで、
この先も、受注が安定しなかったり、
あるいはライバルに価格で勝てなかったり、
苦しいことも続くと思います。

ただ、ブランドにもファッションにも
特に精通しているわけでもない中で
この2週間悩み考えたことは、付け焼き刃でも何でもなく
すでにTさんの血となり肉となっています。

もちろん、まだまだ
その精度を上げていく必要はあります。

しかし間違いなく、今回の初受注は
成果を出し続けるための確かな道のりの
第一歩と言っていいと思います。

そう考えると、やはり私としては、
ちょっと苦しかったり大変ではあっても
多くの人に同じ道のりを選んでもらえるように
これからもこのメルマガをやっていきたいなと思うわけです。

というわけで、4月の頭に
再度コンサル受講希望者を募集します。

今受講してくださっている方と半月くらいやってきて、
だいたい必要な時間などは把握できてきたので、
そのへんを踏まえてもう一度募集しようと思います。

詳しくはまたご案内しますので、
もうちょっとお待ちくださいませ。

ちなみに先ほどの初受注の商品は
10万円以上する品です。

このくらいの価格なら、実績がなくても
商品選びさえ間違えなければちゃんと売れます。

なんとなく低価格のほうに目が向きがちな方は、
幅を広げるという意味で、そのへんの価格帯にも
どんどんチャレンジしていきましょう。

ではでは、ここからが本題です。

相変わらず前置きが長いです。

昨日の話の中でもありましたが、
お客さんからの問い合わせに対して、
なにかしらこちらから提案をする
というのもたまにあることです。

例えば、私の場合は、
先日こんなことがありました。

ある商品が売れたのは良かったのですが、
在庫を確認してみたらすでに品切れ。

そこで慌てず騒がず他の買い付け先を探したところ、
次のような商品を見つけました。

・買い付け先が異なるため価格が値上がりする同じ商品

・別のカラーだが、買い付け価格は変わらない、同じデザインの商品

これを受けてこのお客さんには、
値上げしても同じ商品がほしいか、
もしくは同じ値段で別のカラーにするか
という提案をしました。

このときに、まずその提案を投げて、
どちらにするかを確認してから対応してもいいのですが、
もし前者の値上げするパターンを希望した場合は、
改めて追加料金分を決済してもらう必要があります。

そうなってくると、
また追加料金分の決済の案内をして、
お客さんの手間が増えるわけです。

また、やりとりの回数が増えるほど、
間延びした感覚になってお客さんの熱が冷め、
やっぱりそもそもキャンセルということにもなりかねません。

こういう提案をするときは、
最初の一回目の連絡で、お客さんが
すべての決定ができるような内容を送るべきです。

今回のケースで言えば、

同じカラー希望なら値上がりするので、
追加料金はこちらから決済してください、

というメッセージとともに、
追加料金決済用の商品ページのリンクを
そこに一緒に載せておくということです。

もちろんお客さんの中には、
コミュニケーションの回数が増えて仲良くなって、
それがいい方に作用して受注するということも
ないことはないと思います。

ただ、その可能性はそれほど高くないので、
出来るだけお客さんの熱が冷めないように、
一回で全て判断できるようなメッセージを送るほうが
長い目で見たときに成果の差になって現れるでしょう。

こちらのやりとりの手間も減りますので、
何か提案するときには、
こういうメッセージの書き方を心がけたいですね。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

頑張ったけど売れなかった話。(第154回2014年3月27日)

こんにちは、エスノです。

昨日は夕飯を食べて、
いざメルマガを書こうと思ったら
まさかの寝落ちをしてしまいました…。

ところで昨日、商品の発送をしたら、
受け取りに来た配達ドライバーさんに
「お届けが遅延するかもしれません」
と言われました。

理由を尋ねると、
消費税増税前の駆け込み需要で、
配送業者のキャパがパンク寸前とのこと。

どのくらいギリギリかというと、
昨日発送して今月内に届かないかもしれない
というレベルだそうです^^;

もちろん、実際は
今月中に届かないことはないと思いますが、
それでも一言断りを入れるくらいなので
かなりマズイ状況なのでしょう。

ただ、私は佐川急便をいつも利用しているのですが、
佐川はこういうイレギュラーなときの対応力が
ちょっとクロネコやゆうパックに劣る気がしますね…。

先日の大雪の時も同じような感じでした。

最初に契約した佐川を、
惰性でずっと使い続けていましたが、
他の配送業者もちゃんと検討した方がいいですね。

さて、今日はちょっと
ものすごく具体的な話です。

今コンサルを受講してくださっているTさんの事例で、
そのまま応用するのは難しいと思いますが、
ここまで見ているんだという参考にしていただければと思います。

まず概要としてはこんな感じです。

出品した商品に、希望のサイズはあるか?
という問い合わせが来ました。

この商品は大小2つのサイズがあるバッグです。

在庫を確認したところそのサイズはなく、
もうひとつのサイズならまだ在庫があるという状況でした。

この時点でTさんからチャットワークで連絡をもらい、
自分では見つけられないので、在庫がないか
一緒に調べてもらえないかとのこと。

しかし私はそこでいきなり在庫を調べずに、
まずこのお客さんが他のバイヤーさんにも
同じ質問をしていないかを確認しました。

なぜなら、ライバルの出品ページから
どこから買い付けているのかという情報が得られ、
それを元に効率よく買い付け先を探せるかもしれません。

実は以前
この商品の買い付け先を探したことがあり、
そのときには見つからなかったので、
そういう経緯からもライバルから
買い付け先の情報が欲しいということもありました。

そんなわけで、まず他のバイヤーさんの
商品ページを見ていったところ、すぐに
同じお客さんが同じ質問をしている
ライバルバイヤーさんを見つけました。

そのバイヤーさんの出品価格はかなり安く、
また画像からも買い付け先の推測は難しかったので
正直その時点ではちょっと諦めつつ、
お問い合わせの欄を確認したのですが…。

やりとりを追っていくと、
お客さんの希望のバッグは在庫はあるものの、
発送までにかなり時間がかかり4月半ばになってしまう
という返信で話が終わっていました。

それが、Tさんから連絡をもらった前日の話です。

つまり、そのお客さんは、価格も安い上に
買い付けも可能だと言っているバイヤーさんを見つけながらも
Tさんのところに質問をしてきていたわけです。

しかも改めて確認したところ、
希望のサイズではなくても使いやすいかという質問まで
Tさんのほうにしていることに気付きました。

これは要するに、
もう一人のバイヤーさんから買うと時間が掛かり過ぎるため、
多少高くても使い勝手さえ悪くなければ早く手に入れたい
と思っている可能性が高いということです。

念のため、お客さんの希望のサイズの
買い付け先ももう一度探したましたが、
やはりそれは見つからなさそうなことを確認。

その上で、使い勝手に関しては、
バッグを持っている人の画像を添付して返信し、
返信の内容としては、よほど大量の荷物を持つのでなければ、
むしろミニサイズも流行っているのでオススメということと、
お届けまでにどのくらい掛かるかということをあわせて
伝えてみてはどうかとTさんに連絡しました。

これでTさんから売れれば完璧だったのですが、
ライバルとの価格差が2万円近くあったこともあり、
結局はそちらから売れてしまったようです。

最後の詰めが甘くて説得力に掛けますが、
こういうお客さんやライバルの状況というのを
かなり細かく見ていくことはとても重要です。

ちなみに、今回の件で、
Tさんからの連絡を確認してから、
返信の内容を考えるまでには10分も掛かっていません。

以前買い付け先を調べていたことは大きいですが、
ライバルの状況をチェックして返信内容を考えるだけなら
そんなに時間は掛からないわけです。

始めに書いたように、
そのまま使える話ではないですが、
ここまでチェックしながらやると、
より大きな成果に結びついてくると思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから