パリ(凱旋門賞)・ミラノ・フィレンツェ・フランクフルト買い付け紀行

img_5279

先日のメルマガでも書いた通り、
10月1日~8日まで、パリ、ミラノ、
フィレンツェ、フランクフルトを渡り歩き、
海外買い付けを実施してきました。

せっかくなので、備忘録がてら、
ここに記事としてまとめておこうと思います。

10月1日11時成田発でパリへ。

ヨーロッパ便では初めてのビジネスクラスでした。

img_5211

business

さすがに快適でしたが、
機内で食べた一風堂のラーメンはアレでした。

img_5217
(アレだったせいか写真もブレました…。)

乗り継ぎで日付が変わる頃にパリに到着し、
空港近くのpullmanへ。
https://www.expedia.co.jp/Paris-Hotels-Pullman-Paris-Roissy-CDG-Airport.h11620453.Hotel-Information

新しいホテルということもありますが、部屋も広く、
パリ市内と比べてコスパはかなり良かったです。

img_5221

ただ新しいホテルのせいか、タクシーの運転手も、
ターミナル1からの道順がちょっと分かりづらいようでした。

実際は2泊なのに1泊でチェックインされたのはご愛嬌。
(部屋に行ってから気付いて、直してもらいました。)

翌日は朝から凱旋門賞へ。

シャルル・ド・ゴール空港から北へ車で1時間ほど行くと、
今年の開催場所であるシャンティイ競馬場に到着。

img_5224

競馬場の構造が普通ではなくて、スタンドの方に行けず、
若干消化不良気味でしたが、雰囲気は味わえました。

img_5225
(競馬場のすぐ隣にはシャンティイ城があります。)

img_5228
(スタンド側ではない入り口の入場門には、競走馬の発馬ゲートが使われていました。お馬さんの気分…。)

img_5232
(内馬場まで行くときに、実際にレースで使われるコースを横切ります。
 普通に芝生を踏みまくることになるので、日本では考えられないですね。)

img_5236
(内馬場からスタンド側をパノラマ撮影)

img_5250
(日本から参戦したマカヒキ。あんなに負けるとは…。)

レース後すぐに競馬場を出て、最寄りの駅から、
パリ市内に直通の臨時列車に飛び乗りました。

パリ北駅までノンストップで20分ほどで到着。

来年もシャンティイ競馬場なので、
これは覚えておきたいところです。

夕食まで少し時間があったので、
モンテーニュ通りのセリーヌやサンローランを冷やかしました。

img_5261

ファッションウィークということで、
一部の直営店は日曜でも営業していたようです。

プランタンやラファイエットはお休みでした。

この日、初めてUberを利用したんですが、
まだまだ改善の余地もあるものの、
やはりめちゃくちゃ便利ですね。

早く日本でも使えるようになって欲しいです。

夕食はYoshiさんの案内でカミーユというビストロへ。

img_5266

img_5267

img_5269

とても美味しかったです。

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187147-d714918-Reviews-Camille-Paris_Ile_de_France.html

その後ホテルに戻り、翌日はミラノへ。

宿泊は、ミラノ中央駅すぐそばのBRISTOLというところでした。

https://www.expedia.co.jp/Milan-Hotels-Hotel-Bristol.h2529557.Hotel-Information

お風呂に浴槽はないですが、ここもコスパは良かったです。

早めに到着していた
買い付けツアー参加者のNさんと合流して、
地下鉄でドゥオーモまで行って、
リナシャンテやモンテナポレオーネの
ブティックを何軒か冷やかします。

img_5274

img_5279

夜は、到着した他の参加者も交えて、
それっぽいレストランで美味しいイタリアンに舌鼓。

その日はこれで解散し、
翌日からいよいよ買いまくります。

まずは、貸切バスで移動して
1店舗目のセレクトショップへ。

人気ブランドの新作が免税価格から
さらに●%OFF(言えない)で買えて、かなり熱かったです。

昼食はそのショップの担当者がご馳走してくれて、
イタリアにもそういう文化があるんだなあと思いました。

さらに移動して、2店舗目は
在庫が保管してある地下の倉庫に案内され、
完全に宝探し状態でした。

img_5296
(これは倉庫じゃなくて、1階の普通の売り場です。)

ミラノに戻って、夕食は参加者の一人Mさんオススメの
地元の人がよく行くような安ウマレストランへ。

「そんな安くてホントに大丈夫なのか…?」
と疑心暗鬼な一行をあざ笑う、
コスパ最高の食事にありつけました。

img_5297

これにピザとサラダ(いちいちサイズがデカイ)とワインを頼んで、全部で90ユーロ。

味もとても美味しかったです。

そして翌日は、朝から電車でフィレンツェに移動し、
貸し切りバスでアウトレットへ。

img_5304

PRADAのアウトレットSPACE

img_5307

色んなブランドのアウトレットがあるTHE MALL(のGUCCI)

いずれも2回目でしたが、
SPACEは在庫が売れてしまっていたようで、
けっこう品揃えが微妙だったかもしれません。

THE MALLでは、国慶節で大挙して押し寄せていた中国の方々の
長蛇の列に巻き込まれて、ほぼPRADAでしか買えず。

PRADAはまだいい方で、GUCCIは
入場規制掛かるくらい混んでいました。

ちなみに、ツアーに参加していた元コンサル生Yさんは、
ここで密かに買い付けていたあるブランドの商品2点で、
すでにかなり大きな利益を出しているとのことです^^

アウトレットのあとは、フィレンツェに戻り、
色んなブランドの直営店へ。

私は別行動でLUISAVIAROMAへ。

img_5318

その途中で、フィレンツェ3回目なのに、
初ベッキオ橋を眺めてきました。

img_5327

観光に興味がなさすぎて、何が有名かとか全然知らないんですよね…。

買い付け終了後は、美味しいステーキのお店で夕食。

すごい量でしたが、お腹の空いていた一行の敵ではなく、
一瞬でペロリされたのでした…。

電車で1時間半ほどかけてミラノに戻り、
買い付けツアーは無事終幕と相成りました。

今回は、かなり実績を出している方が
参加されていることもあって、なかなか刺激的でした。

謎の立ち位置の私にかまってくれた皆様、
ありがとうございました。

翌日はフランクフルトへ。

img_5341
(フランクフルトはゲーテが生まれた街だそうで。)

宿泊はインターコンチネンタルホテルでした。

https://www.expedia.co.jp/Frankfurt-Hotels-InterContinental-Frankfurt.h664.Hotel-Information

さすがにメジャーなホテルだけあって安定感あります。

ここでも買い付け…と言いつつ、
ベルルッティを見つけて入ったが最後、
私物をちゃっかり買ってしまいました。

img_5343

意志が弱い。

いくつかブティックを回ってちょっと買い付けもして、
夜はフランクフルトで本場のソーセージを頬張りました。

img_5344

ジューシーで美味かったです。

ザワークラウト、マッシュポテトも外しませんね。

そして翌日は夕方の便で帰国の途に着いたのでした。

フランクフルトが旅程の最終出国地になるので、
ここで免税手続きを行ったわけですが、
ちょっと手続きの仕方が変わっていました。

普通は、

チェックイン→ボーディングパス持って税関スタンプ→カウンターで荷物預け

だと思うんですが、フランクフルトは、

チェックイン→荷物に免税品在中のタグを巻いてもらう→税関でスタンプ→税関の横で荷物預け

という流れでした。

分かりづらいと思いますが、
要するに、免税品の入った荷物を預ける場所が、
チェックインカウンターではないということです。

長々と書いてきましたが、
特にオチはありません。

結構ハードスケジュールでしたが、
とても充実した旅でした。

ではではー。

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

世界中が早とちりしたニュース。(第474回2015年12月9日)

こんにちは、エスノです。

まずはじめにお知らせです。

先日まで募集していた、
「Buyer’s Drive」の紹介特典が
12月8日20時頃送られています。

私のメルマガから申し込まれた方には
「Buyer’s Drive」主宰のイチローさんから、
ご案内メールが届いていますので、
ご確認の上ご登録くださいませ!

現時点で、8名の方が
まだ特典企画に未参加です。

また、特典だけご希望の方は、
以下からお申し込みください。

■「BUYMA PROGRESS STAGE」詳細

http://

※メルマガでのみ募集しました。

こちらの案内は、

・「Buyer’s Drive」会員だけれども、

・私以外の方からの紹介で「Buyer’s Drive」に参加した

という方向けのご案内です。

「Buyer’s Drive」会員でない方には、
基本的にはあまり意味がないので、
注意していただければと思います。

こちらの募集は
11日(金)24時までです。

さて、今日はBUYMAと関係ないような話から、
無理やりBUYMAにつなげて話してみます。

先日ネット上でこんな話題が盛り上がっていました。

■全国民に毎月11万円、フィンランドが世界初のベーシックインカム導入へ

http://buzzap.jp/news/20151208-basic-income-finland/

ベーシックインカムそのものや
そのメリット・デメリットについては
上記リンク先などを参照していただきたいのですが、
要するにすべての国民に最低限の生活を送るのに
必要なお金を支給するという制度です。

なかなか思い切った試みが
国家単位で初めて導入されるということで
各所でかなりの盛り上がりを見せていました。

私も個人的にベーシックインカムには
賛成派なので、興味深く見ていたのですが
昨日一転して、今度はこのニュースが
実はかなり勇み足なものだったということが
話題になりました。

■フィンランドのベーシックインカム導入報道 駐日大使館が訂正

http://news.livedoor.com/article/detail/10928094/

要するに、ベーシックインカムの
導入が本決まりになったわけではなく、
まだ調査が始まるだけだったということで、
フィンランド駐日大使館が公式に訂正をしたわけです。

何が恐ろしいって、多くの著名人を含む
ツイッターやfacebookでこのニュースを
拡散していた人たちのすべてが、
この間違いに気付かなかったということです。

情報元が2ちゃんねるのまとめサイト
とかであれば疑いもしたのでしょうが、
今回は割と真面目なメディアが発信源ということで
ほとんどの人が疑いもせず、その記事を
本当のことだと思い込んでしまいました。

情報源をちゃんと調べさえすれば、
やはりそんなことはどこにも書いていない
ということが分かるのですが、
みんなそこまでしないわけです。

こうして、特に誰にも悪意はなく
間違った情報が広まるというのは、
よくあることではあります。

ただ、我々は、
このような大きな話題でもそうですが
もっと身近なところで起きる思い込みには
より注意深く気を付けなければいけません。

たとえばBUYMAで言えば、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

というような話があったとします。

実際に、人気ブランドで
人気上位の商品を出品している
パーソナルショッパーや、あるいは
プレミアムショッパーなどは
出品数も多い傾向にあります。

そのため、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

というのは本当のことのような気がします。

ですが、これは完全な思い込みです。

なぜなら、

・出品数が少なくても売れているショッパー

・出品数が多いのに売れていないショッパー

というのも、実際に存在しているからです。

しかし、多くの人は、

・出品数が多くて販売数が多いショッパー

のことしか見ようとしません。

なぜなら、出品数が多くて、販売数も多い
ショッパーのことはよく見かけますが、
出品数が少なくても売れているショッパーや
出品数が多いのに売れていないショッパーは
あまり見かけないからです。

特に、出品数が多いのに
売れていないショッパーというのは、
そもそも売れていないのですから、
人気順などで見ていっても
なかなかお目にかかる機会がありません。

本来であれば
出品数が多いショッパー全体と
出品数が少ないショッパー全体に対して、
売れているショッパー、売れていない
ショッパーの割合がどのくらいなのか
というのを調べて比較した上で、

「出品数が多いとよく売れる」

と言わなければいけないはずです。

なのに、
ぱっと目につく販売数の多い人の
すぐ分かる「出品数」の傾向だけを捉えて、
それを真理のように思い込んでしまう。

さすがに私の読者さんで、

「よく売れている人は出品数が多いから、
たくさん出品しないと売れない」

と頭から思い込んでいる人は
もうほぼいないと思いますが、
似たような状況から発生する、
思い込みや先入観に囚われてしまう
というのは本当に良くあります。

プレミアムショッパーが
人気順で常に上位にいるからといって、
まったく歯がたたないほど強いと
最初から思い込んでいませんか?

海外の商品を扱うのであれば、
そもそも海外在住のショッパーに
勝てるはずがないと思い込んでいませんか?

ぱっと思いついた考えは、
事実を元にちゃんと確かめられないと
本当に正しいかどうか分かりません。

BUYMAだけに限らず、あらゆる場面で
ぜひ気を付けていただきたいと思います。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから

クリスマスの配送遅れに思うこと。(第473回2015年12月8日)

こんにちは、エスノです。

昨日まで募集していたBuyer’s Driveに
私からの紹介で参加してくださった方には、
本日8日(火)20時頃に特典をお送りしています。

特典は私ではなく、Buyer’s Drive主宰の
イチローさんからお送りしていますので、
その点ご注意くださいませ。

なお「特典だけほしい」という声も
たくさんいただいておりますので、
前回募集時と同様に、今回も

「BUYMA PROGRESS STAGE」

への参加者を別途募集します。

■「BUYMA PROGRESS STAGE」詳細

http://

※メルマガでのみ募集しました。

こちらの案内は、

・「Buyer’s Drive」会員だけれども、

・私以外の方からの紹介で「Buyer’s Drive」に参加した

という方向けのご案内です。

「Buyer’s Drive」会員ではない方には、
基本的にはあまり意味がないので、
注意していただければと思います。

こちらの募集は
11日(金)24時までですので、
ご希望の方はお見逃しなく。

さて、今日は北海道で個別コンサルでした。

と言っても、空港でお会いして、
すぐに帰ってきたので、滞在時間は
だいたい4時間程度の日帰り出張です笑

この時期の北海道だと
下手に滞在すると帰ってこれないか
と思ったりしていたんですが、なんか
今日は暖かかったです^^;

ところで今日お会いしたMさんから
最近受注した商品が転送業者から
なかなか発送されないという話を聞きました。

その転送業者はアメリカなんですが、
どうもすでにクリスマスシーズンの
配送の混雑は始まりつつあるようですね。

配送の遅れそのものはこちらでは
どうすることも出来ません。

配送遅れによる、
トラブルを防ぐために出来るのは、
お客さんとこまめに連絡を取ること、
そのために、各取引の手配の状況を
1件1件丁寧に確認することです。

もちろん、あらかじめ
配送が遅れる可能性があることを
商品ページに記載しておいたり、
注文直後に「クリスマスには
間に合わないけど問題ないか」
と確認したりするのもいいでしょう。

あるいは、対策としては
少しハードルが上がりますが
この時期は在庫販売に
注力してみてもいいでしょう。

最悪なのは、予防策も打たず、
進捗の確認も報告もこまめにせず、
すべてが後手後手に回ってしまうことです。

と、こんな感じで、
パーソナルショッパーの仕事は、
人気商品を安く買えるショップを探し、
ただ出品しまくるだけではありません。

そして、
取引件数が増えれば増えるほど、
それに付随する作業の煩雑さは
単純な比例増加ではなく、
指数関数的に酷くなっていきます。

そういう観点からも、取引数、
特に無在庫販売でのそれを
出来るだけ少なくすることで、
効率よく利益を出せる体制を
目指していかなければいけない
というのが、ずっと続けている私の主張です。

なぜなら、そうしないと、
ただ目の前の取引を捌くだけになり
新しいことに手を付ける時間を
生み出すことができないからです。

新しいことを取り入れられなければ、
現在の上手くいっている方法は
いつしか古いものになってしまい、
周囲の変化から取り残されてしまいます。

この新しいことというのは
別に新しい他のビジネスに取り組む
みたいな大きな話のことだけではなく、
たとえば、今まであまり扱ったことのない
ブランドをリサーチしてみるとか、
新規の優良なショップを開拓するとか
そういう具体的で身近なことも含まれます。

ASOSを月に200件販売して、
月利30万円以上稼いでいる人は、
もしASOSが急に日本に配送しなくなったら
その瞬間売上は激減しお先真っ暗です。

そのリスクを回避するには、
当然別のブランドを扱ったり、
いろんな買い付け先に精通して、
ASOS以外でも売れる力を
つけておく必要があります。

しかし月に取引が何百件もあると
目の前の作業に忙殺されて、
そんなことをする余裕はほぼありません。

作業を外注化するにしても、
上手いタイミングでかなりいい人材を
数名は確保できないと、結局
自分の手間はそれほど変わらないと思います。

これはもちろん極端な例ですが、
この例え話の本質を掴んでいただいて、
もはや耳にタコかもしれませんが、
改めて心に留めておいていただければ。

ではではー。

★☆★ エスノ ★☆★

P.S.

ご質問やご意見・ご感想は、
下のメッセージフォームから随時受け付けております。

何か気になることがあれば、遠慮なくご連絡くださいね^^

  メッセージはこちらから